七転び八転び

 

 

いくつ転べば学べるのかわからない
わからないからまた転ぶしかないのだ
それしかないのだ 実際に
痛いの痛いの 飛んできた
ラムネ色の思い出も日暮れ色の傷跡も
必ず君に何か教えてくれる

一転び二転び 三転び四転び
よろこび探してはるか道を進め
五転び六転び 七転び八転び
はち切れる笑顔浮かべられるように

となり町まで自転車に乗り出かけよう
とても遠くまで旅したような気がする
そうでもないのだ 実際は
それでもけっこう いい気持ち
まだ大人になるまでに転ぶ日が続くけど
立ち上がれば明日は進んで行ける

一転び二転び 三転び四転び
汚れた靴だけ世界をすり減らせ
五転び六転び 七転び八転び
ほころぶつぼみの想い遂げるように

一転び二転び 三転び四転び
よろこび探してはるか道を進め
五転び六転び 七転び八転び
はち切れる笑顔浮かべられるように

back.