Last season



最後はたいていカッコ良くなるもの
すんなり去っていくなんてずるいね
季節の後ろ姿はきれいなんだもの
なんだか取り残されてる気分だ

なごり雪や 散る桜や
つくつくほうしの鳴く頃に
その季節を振り返る幸せひとしずく

季節の巡る街に生まれて良かったと 心から思うだろう
時には自分の宇宙に閉じ込もって 見えなくなるけれど
それでもぼくはこの街に生まれて こうやって暮らしてきた
だから散るもみじにも手を振ろう ありがとうと言いながら

散歩をするなら土の踏める場所に
アスファルトではぼくには重たくて
季節の残したものを見つけられたなら
なんだかやっと追いついた気分で

冬の終わり 春の終わり
長かった夏休みの終わり
それぞれの季節を思い出す切なさかみしめて

季節の巡る街に生まれて良かったと 心から思うだろう
時には春風の砂ぼこりなんかに 閉口するけれど
それでもぼくはこの街に生まれて こうやって暮らしてきた
だから去る季節にも手を振ろう また今度と約束を

たまには真夏の暑さに耐えかねて うんざりするけれど
ときおり孤独の寒さが身にしみて 泣きたくなるけれど
それでもぼくはこの街に生まれて こうやって暮らしてきた

back.