きっと一人で歩いていける

 

 

みんなに嫌われているような気がした
いつも自分を閉じ込めてた
うつむいてばかりだった少年期
ぼくの世界は閉じた瞳の中

誰も彼もばかばかしいことばかり
ぼくも君もばかばかしいことばかり
いつもいつもばかばかしいことばかり
子供なりの世界

だけどきっと一人で歩いていける
鉄棒だって跳び箱だってできたから
いつかは自分で誰もが越えていく
弱くても心にグッとチカラこぶ

誰かが泣きだしそうになっているから
ぼくの力は先が見えた
一人の気持ちも楽にしてやれない
ぼくの世界は重たい霧の中

ぼくは君に何もしてあげられない
誰も誰も何もしてあげられない
いつもいつも何もしてあげられない
子供なりの世界

だけどきっと一人で歩いていける
もうすぐぼくもまた年を取る誕生日
いつかは大人になるから越えられる
さあ涙拭って君をなぐさめる
弱くても心にグッとチカラこぶ

back.