春風

指と指をからめたら そっと桜色の光になる
国道沿いの電車のつり革がふらふらと笑ってるよ

今の気持ちをボトルに託して一番遠くへ
夢にまで投げられたらなあ

意地っ張りだった子どものころ叶えたかったこと
現実に囲われたってあきらめなかった
泣いてばかりの宵闇を朝焼けに変えて
いつかふたりの願いで指切りをする

おんなじ方角向いて歩くことが大切だと思った
おおげさな作り話もほんとに変えてみせる強い心

過去と未来をつないだ糸にも端と端がある
その先を覚えていて

悲しがりの心の旅 終えたふりをして
道しるべを過ぎたらどこへ向かおうか
吹雪いてしまう花びらにも命吹きこんで
いつかふたりで作った春風になる

意地っ張りだった子どものころ叶えたかったこと
現実に囲われたってあきらめなかった
広がっていく未来にもなぞらえたりして
いつかふたりで願った指切りをする

悲しがりの心の旅 終えたふりをして
道しるべを過ぎたらどこへ向かおうか
吹雪いてしまう花びらにも命吹きこんで
いつかふたりで作った春風になる

back.