日々のあぶく 04月


4/30

4月ももう終わりだねぃ.早いものですねぇ.ずずーっ.あー茶がうまい.
などと縁側のじじいになっている場合ではなく今日も今日とて英語文献を
どかどかと読むの巻.読んでるとそれなりにわかってくる,のかねー.
何も言うまい.信じて読む/あるいは読めるよう努める.盲蛇に怖じず.

CoreだとかPeripheryだとかいうものと格闘.勝ち負けでいえば負け気分が
濃厚ではあるがこれをまとめないと明日の授業でお話にならない.うぐう.
そうこうしているうちに夕方からほのかな頭痛.ほのか? いやいやいや,
どんどん増してくるぞこれは.う,ちょっとひとやすみ.身体を横たえる
その瞬間にもズキドキズキドキ頭痛が痛い.首筋をマッサージしながら
ちょっとぼーっとする.その辺に転がっている本を読みながら休憩堪能.

そのまま少しうたたねしたのは読者様の御想像通りなので今更書かない.
回復したのは21時くらい.さ,読解開始〜.しかしあれこれカーネルの
再構築だとか,おばかさんなことをしているうちに夜が更けてしまう.
さてと,今日も楽しい徹夜かな… どうして夜型人間ってこうなんでしょ.


4/29

この日記を書き出すまで気付かなかったけど今日は祭日なんだねえ.
みどりの日って言われても実感が湧きませんが.とりあえずはなんとか
起き出してうーたらかーたら.ここんとこ懸念だった FreeBSD における
日本語環境をあれこれしてみようと画策.某処からフォントだけは
パチってきてあるので,問題はそれをどのように FreeBSD に認識させりゃ
いいのか,というお話.VFlib の設定ファイルである vfontcap をあれこれ
いじってみる.なにせデフォルトではゴシック体だろうが明朝体だろうが
同じ明朝体フォントを使用しているため,DVI ファイルを xdvi とかで
確認しても強調部分がまったくわからない悲しい状況に陥っているのだ.
いけませんないけませんな.でもフリーフォントである wadalab-gothic は
truetype なのか本当に? エラーなく読み込めてる筈なんだけど…なぜか
表示だけできていない.しかたないので x-tt のほうに視点を移動.

前に作っていた /etc/rc.d/xfs.sh などをいっそばっさり消去.そして
もう一度自力で xfs.xtt を実行させてみると… あ,治った治った.
どうやらウラで間違いまくったプロセスが走り続けていたのが原因で
その後のフォント追加などがうまくいっていなかったのではないかと推測.
このあたりは面倒でもスクリプトを書き書きし,自力でフォントサーバを
動かしてやったほうがうまく行くような気がする.いったん失敗すると
後々まで響くようなものなら,自動起動に任せるとあとがめんどくさい.

なんとか TrueType が使えるようになったのでうれしがって Gimp 起動.
友人が Web Page を開設したのでその記念におめでと画像を作成してみる.
この御時世にあえて GIF フォーマットで保存するという新手の厭がらせを
試みてみた.あ,もちろん事前に PNG と JPG できちんと保存はしておく.
だけど URI を指示したのは GIF んとこだけ.あんのじょー嫌がる嫌がる.
おちゃめないたずらは成功して気がすんだので PNG の場所を教えておく.
む,ちゃんと届いたようだ.一度の手間で二度の感謝.間違ってるってば.


4/28

授業がひとつ移動したので金曜日はVI限だけの日になってしまった…
たったひとつの授業が18時開始というのもなかなか渋いものがある.
それまではきっちりお勉強しよね,ということで事前の打ち合せどおり
今日は昼からプチ勉強会である.ふたりしかいないところに遅刻すると
相手に大迷惑ということをきっちり身を持って学習しましたごめんなさい.

そして月曜日の宿題提出に向けてこりこりと英文を読む.書く.まとめる.
相手に取っては「これって復習だし」といわしめるほどの基礎の基礎でも
ぼくにとっては未知の領域のためあれこれ質問.なんとなくわかったような
わからなくなったような.いちおう英文とはいえ教科書なので,これさえ
読めば何とかなる…のだろうか.不安.そしていつのまにやら勉強のはずが
いろいろなおしゃべりに終始することに.どうしてこんなに話題というのは
脱線して行くものなのだろう.いや,楽しいからいいんですけどべつに.

…いやよくないよくない.結局まとめ終わることのないまま授業開始時刻.
あとは独学でやるしかないということなのか.んんー.さて授業のほうは
みなさまおなじみのミュラー・リヤーの錯視を使った心理学実験.なんか
学部生のころに心理学実験の授業でやったような気がするうえに教材まで
同じなんだが,それだけ信頼されている教材なのであろうと結論づける.
うにょーんと紙を引き出したり押し込めたりして刺激を自分で調整し,
錯視量を記録し平均を出す.たかだか小数点ひとケタの計算ではあるが
電卓が欲しいと受講者全員がわめく.先生呆れ顔.わはは,だって,ねえ.
いや,なんだかんだ言ってもみんな自力で計算してましたが.自分も含め.

なお,このような錯視実験とかは分裂病のひとはできないんですよ,とか
言う話になり,破瓜(昔風に書けば破爪)型分裂病の説明のときに先生が
「ぼくもね,よくツメを噛むんですよ」などと恐いことをおっしゃる.
そういえばぼくも昔ツメを噛むどころかちぎり取っていたやんちゃなころが
あったが,あのころは確かにソレっぽかったのかも.丸薬丸め行動とか
チック症とかもひんぱんだったし.そんなちょっとした懐かしさに浸れた
ひとときでございました.よいこのみんなはマネしちゃいけませんよ.

さて帰宅.さっきの授業を一緒に受けていた同輩と,バスの中で授業内容が
全体的にむじゅかしいよぅ,というようなグチをこぼしあう.きっちりと
系統立てて言語学をやってる人でないとあの大学院にいる意味が減少して
しまいますよねぇ,とかなんとかかんとか.言語学の理論系のひとであれば
これほど充実したところもちょっとないんだけど,とかかんとかなんとか.
そういうふうにできていない我と我が身を思いちょっとしょんぼりする.

家に帰ってテキストを読む.うーんうーん.今日の勉強会でやったところは
まあなんとかなるものの,その他の授業でやっているところとか,先生から
「これ読んどくように」と渡されたものとかはまだまだまだまだそびえ立つ
岩壁のように遥けき存在である.ああ,英語圏に生まれたかったなあ…と
相変わらず後向きな思考の指向性で今日も狼狽ばかりである.ほにゃ.


4/27

昨夜届いていたメールひとつめ.明日DATのレコーダーを前の研究室まで
取りに来てくれないかなあ.ふたつめ.奨学金申請書類は書き直しなので
明日学校に来たほうがいいよ.…相矛盾するふたつの情報.うーっと….
しょうがないので両方行きゃいいんでしょ.というわけで最初は昨日も来た
研究室の扉を今日も開ける.受け取るブツを受け取ったらさっさと電車に…
のはずが,まあお茶でもということでのんびりのんびり.ふー,日差しが
あったかいですなぁ… はっ,なごんでいる場合ではない.先輩の指摘.
「いっやーなかむらくんおってもぜんっぜん違和感ないわー」…事実だ.

ただでさえでかい鞄がDATレコーダーでさらに膨らむ.電車の中でさぞや
邪魔だったことだろう… ということで学校に戻る.明日までに英文を
読んで中身を把握しておけという宿題が出てるんでまあそれをやって,
ほかにもいろいろと… と夢は膨らむのである.あっとっと,そのまえに
書類を取り戻して書き直さないと.学生課で書類回収.できるだけ奨学金の
申請はしていただきたくないと実情を笑い飛ばしながら語るのはやめてね
窓口の係のひと.気持ちはわかるんだけどこっちだって必死なんですぅ.

さて,研究室に戻って,先生に一部書類を書き足してもらわんならん.
すると別の用事を頼まれた.はあ,書類チェックですか.挙げ足取りのよな
文章中の意味の取りにくいところや typo などを調べてほしいとのこと.
心が黒いので挙げ足取りは得意ですが,先生のチェックってのをやるのは
初めてでございます.いいのかなったらいいのかな.玉稿をたまわって
チェック開始.この主語はこうなってここの繋がりがヘンかな… など.

それと同時進行で「なんかおもろいことなーい? 」という同輩にあれこれ
おすすめの Web サイトを見せてみる.ブックマークから適当に飛んでくと
それなりにワキ腹にヒットするようなものも見つかるようだ.めでたし.
あまつさえうろおぼえごっこなど始める始末.仕事してへんやんけおい.
いかんいかん,冷静に仕事に戻る.お茶でいっぷくしながら原稿チェック.

途中の時間ロスはほっといて,チェック終了は18時前だったか… 遅ぉ.
やはり途中のおちゃべりとかがいけなかったのかちら.原稿を先生に返し
あれこれとまた研究室でお話.そのついでに卒論に添付していたCD-ROMを
先生の部屋の CD writer でコピー.うーん便利な機械だこと.パソなしで
勝手に CD作っちゃってくれちゃうのはよいですのぉ.焼きつつあれこれと
お話をするが,次期購入パソコンのスペック表渡されてもあんまり詳しい
ことなんかわかりません.ゆか自分が欲しくなっちゃうじゃないですか.

今日もごはんを食べにいこうと誘っていただく.うわーいうれしいな.
それまでは院生室でつつましくおとなしく待つ.…それよりも,最初に
今日の目標として設定した事項を忘れていることに気が付く.うわわわ,
英文読んで解釈しとかなきゃ.英語の辞書と首っぴきで読み始める.
やっぱりスピードが遅い.すらすら英語論文が読めるアタマが欲しいよぅ.

んで,時間が来たので先生と一緒に下山.おいしい焼き鳥屋に連れてって
いただく.むふー焼き鳥好きなんですよ.でもぼく酒飲めないし,ひとりで
入るよな場所でもないし… ということで久しぶりに焼き鳥を堪能.これが
うまうまでとっても満足.でも先生,人がおいしいものをはむっと頬ばって
至福の時間にダイブしかける瞬間に「今体重何kg? 」と聞くのはちょっと
やめていただきたく存じます.千年の恋も醒めます.それは用法が違うぞ.
また店の奥さんは先生とぼくをいきなり兄弟と間違うおちゃめさんだった.
…そんな似てるのかな.むむむ.「うちの学生なんですよ」と先生が紹介,
すると開口一番「やっぱり英語ペラペラなんですか? 」と訊かれて凍る….
英語がペラペラだったらもうちょっと神経使わずに過ごせておりますよう.
まあともあれ毎度ごちそうさまでした.とってもおいしかったっす.また
餌づけしてくださいな.おつかいでも原稿チェックでもやりますから.え,
それよりも勉強しとけ? …はい,それはごもっともな意見でございます.


4/26

やっとこ出かけた前の研究室.バイトだバイト.…とはいえサーバ管理を
引き継がせた側の先輩は授業があるとかでちょい時間待ちをすることに.
古巣でのほほーんとおしゃべり.例えば意志動詞とそうでないものの区別を
ラベル化しておいて辞書に載せたら便利かどうかとか,なんかそんな感じ.
やっぱりここは言語学研究室なのだねえと実感.ぼく本人はなんだか単なる
なんちゃってコンピュータインストラクターに成り下がってるっぽいが.

時間がそれでも空いているので生協に本を立ち読みに.ついでに先生に
頼まれていた Unix の教科書を買っておこうか.…売り切れてるし〜.
やっぱこの時期だからなあ.新入生がキボーに燃えて参考書を買ってる.
その炎ができるだけ長くともっていることをおにいさんは願ってるよ.

適度に時間を潰していよいよ引き継ぎのためのお勉強開始.基本コマンドを
覚えてもらい,Emacs の使いかたを覚えてもらい,サーバに保存してある
Web データを書き換えてもらい… 盛りだくさん過ぎてちょびっと反省.
でもなんとか作業環境を整えてこれから root 様として頑張ってもらわねば
ならないんです,まあ慣れてしまえばマウス触るより早いですってば.
とかなんとか励ましながら作業は進む.そのうち内容をまとめて Web に
流したほうがよいかも.あと,タイピング練習しておいてほしいな….

なんのかんので時間が過ぎてしまったが今日はさらにレストランで食事,
なんとも素敵なイベントである.自腹なのが悲しい.本来なら何人かで
一緒に楽しく会食なのであるが,今日はたまたま主催者の先生とぼくとの
ふたりきりになってしまった.みんな忙しいらしい.いや,ぼくもそんな
ヒマじゃないはずなんだが… でもデザート食べ放題だし.うふふのふ.
実際には最初のひと皿,シソが入ってたのでまず食えず.フランス料理に
シソですか… せめてバジルにしなさいバジルに.食えんものは食えんので
先生のほうに皿を押しやる.食っちゃってくださーい.テリーヌに入ってた
岩塩をかりこり噛みながらようやく舌鼓開始.青かぶの暖かいポタージュは
実においしかった.あとは肉料理の付け合わせであるムサカ,これもやはり
ナスが食えないのでやるやる全部やる.肉だけはがっちょりいただきます.
いよいよデザート食い放題.いろいろ並んでいるが実は入店した時から
ひっそりこっそり狙っていた苺のタルトはすでに全部なくなっていた…
むむう,腹いせにオペラケーキを底面積ハガキ大に切り取って持っていく.
それでも足りずに同じ分量おかわり.絶対そのうち痛風になるぞこりゃ.

ぽんぽんがいっぱいになったので帰宅.…の途中にあれこれと遊んでいく.
すっかり汗をかいてしまった… たかだかドラムを叩いただけなのにねえ.
でも過剰に運動するとまたへとへとになるし,却って頭が冴えちゃって
眠れなくなったりすることも多いのだ.ちょーどよいくらいの運動って
なかなか加減が難しくてわからないものだし.どうも今日くらいの運動が
ちょうどよいらしいのでまただかだかどこどこ叩いてみることにしよう.

家に帰る.でもやっぱり眠れない〜.IRCでちょみっと暇潰し.どうやら
就職活動をしている友人や後輩に内定が出た/出てたらしい.おめでとー.
そうやってみんなは立派に社会の役に立つんだよ,ぼくは社会のハシっこで
眠れない夜を過ごしながら生きてくからね.などとひとりごちる長い夜.


4/25

運良く夜中に目が醒めなかったらしい.起床時刻午前5時半.立派立派.
ちゃんと6時間くらい眠れてるじゃないですか.本当はもう少し眠れれば
幸せなんだろうが贅沢は敵なのでつつましやかに食事の用意の続きをする.
結局ごはんも食べずフロにも入らず寝てたんですね.昨夜はよーっぽどに
疲れていたのだろうか,それともただ単に運が良かっただけなんだろうか?

ごはん食べて風呂に入って気分良くごろごろ.午前中にこんなに時間に
余裕ありありなのは久しぶり.でもなんだかんだで家を出るのは遅れて
バスに乗ったのは午前と午後の境目であったりする.行動が遅い.

文芸部のほうに顔を出してみる.…前の大学もそうだったがこっちのほうも
佃煮にするほど人がいっぱいいる.話を聞くと,新入生がそりゃーもう
どっかりと増えたそうだ.それはめでたいことで.ついでながら名簿に
ちょこちょこっと名前を書いておく.おそらく初の男性部員であろうな.
そのうち作品とかも出さなくちゃいけないはめに陥るんだろうな.冷静に
考えてみて,そんなヒマがあるのかどうだか… さてどうしましょうか.

えんえんと先延ばしになっていた奨学金申請書類,ようやく提出できる
状態になったよ〜.しかし先生からの推薦文はサーバのほうに,しかし
印刷できるのは NT のみ.しかも個人的なパスワードでログオンすると
DVIOUT がフォントを認識しやがらね.一般パスワードでてけてけっと入り
FTP ソフトを使って文章を DVI 化したものをダウンロード,それを印刷と
回りくどい方法を取ることになる.X端末からプリントアウトしたいよう.

前に英語と格闘しながらネットワーク上で注文した本だが,あいかわらず
届かないのでセンセと一緒にページを覗いてみた.あやや… まだ配送が
なされていない? やっぱりここって先払いだったか.今から郵便為替や
電信振込を使ったところで間にあわなさそうなので,ここはきっちりと
クレジットカードを持っている先生にオマカセして予約をキャンセル.
やっぱりクレジットカードって必要なんでしょうかねえ.過去に銀行や
郵便局のカードを10枚程度なくした経験があるので恐くてよう作らんが.

で,書類を提出.そんなこんなで時間が過ぎ,授業の時間になってしまう.
しまった,ちょっと宿題に手を加えておきたかったのに… ほかのみんなは
なんかレポート用紙にみっちり字が埋まっているのに,ぼくの書いたのは
ルースリーフ片面に図がわわわっと入って文字も行開きでスカスカな印象.
もうちょっと書き込まないとダメかあ… とか思っていたのに時間は時間.

フィールドワークの授業.いよいよ宿題が課される.実地による作業なので
アタマではなくカラダを使う.仕事内容は盗み聴き.なんて人聞きの悪い.
いろいろと手を動かさなくちゃいけないようなので最初のとっかかりが悪い
なまけものには面倒かも.や,勉強です,やりますよやりますよったら.

次は Semantics. くだんの宿題はこの授業のものである.うーうーうー,
つたないレポート(にもなっていないかもしれず)を提出.授業内容は…
今日は論理記号がやっとこやっとこ行列を組んでくれていたので頭の中が
∈だとか⊂だとか∩だとかで一杯になる.えっとこれが is in で,これは
intersection だよな…とか考えているうちにとっとこ授業は進んでいく.
あううう論理学勉強しときゃよかった.またなんぞやらの例文を元にして
ベン図を描く日々が続く.イギリスの魔女は魔女だし茶色のハリネズミは
ハリネズミなんだよ,とか考察していると頭の中が煮える音がしてくる…

そしてつまみ食いの授業.ようするに言語学初心者向けコースである.が,
先週こちらに赴任して来たばかりの先生の挨拶で授業ははじまる.あ,まだ
始まってないや.挨拶とスピーチはすべて英語.当り前といえばそらもう
当り前なんだが… こちらの簡単な自己紹介をカードに書くことになるが,
ボキャブラリーが貧困であるということはこんなにもコミュニケーションを
疎外するものなのだろうかと痛感.しかしワイルドそうな人だった…

そして授業本体に.語の構成要素についての話.前回のビデオのネタでは
あるが,Prefix の Pfefix は Pre であり Prefix や Suffix の Suffix は
fix であるが Suffix の Prefix は Suf なのか? というややこしい質問は
人をケムに巻くのにはちょうどよい具合の文句ではなかろうか.今度なんぞ
機会があったら試してみよう.一気にまくしたてれば混乱するに違いない.

授業終了.みんなひきはらったがひとりで端末に向かいあれあれをこれこれ
していると,担当教官からごはんに行こうとお誘いが.わくわく.久々に
なんか趣向を凝らしたものが食えるかも〜,ということで二つ返事で承知.
先生との最初のお話はコンピュータについて.今買うならどれがいいかとか
他の先生には訊けないらしい.面子がどうとか face がどうとかではなくて
理由はその先生が窓使いだから.他の先生に尋ねると窓撲滅キャンペーンに
取り込まれて相談にならないかも,と危惧していた.おかわいそうに.でも
Unixも慣れたらそりゃーもう便利っすよぉ,とアピールはしておく.別に
撲滅運動までしようとは思わないけれども.で,話はなにをどう飛んだのか
個人的な身の上話に.暗い話ではないんだけど,なんかいらんことばっかり
話してしまったような.個人のヒミツを守る先生の倫理観に期待を乞う.
実は期待通り,食事代は先生が出してくれました.ごちそうさまでしたあ.

電車に乗ってがたごと.明日はまたサーバ管理のレクチャーだよぅ〜.


4/24

ううううううう.眠れないよぉ.身体とかは結構イイ感じに疲労してるのに
横になっても神経がきゅいーんとヒネてて寝つけないようぅぅ.ほんの少し
眠ったのが完全に逆効果.おかげで普通に眠ることができたのは朝も過ぎて
昼に近い11時頃のことでございました.ニューヨーク時間で言えばだいたい
健康的な睡眠時間なんだろうが惜しむらくはここが日本だということで…

13時頃起床.2時間睡眠.元気だね.頭痛ぇ.ぐらぐらする頭を押さえつつ
研究室に向かう.ポットから湯を汲みキアイのお茶を呑んですぐさま授業.
そろそろいきものとしてダメな臨界点に来ているのかもしれませんなあ.

…とりあえず先週よりはやわこい授業になっていたような気はする.なんか
気のせいかもしれませんが.ある程度はわからせてくれたといった感じで.
でも「院生にだけ宿題」ってのがツラいです.英文読むの相変わらず苦手.
そして何より専門じゃないんですこの領域って.コミュニケーション系統の
ことしかやってなかったんだから大学では.しょうがないので友人と相談し
お勉強会を開くことに.でも頼りっきりになっちゃいそうで気の毒だよな.
今からそんなこと言ってちゃいかんとは思えども英文読解は遅々として…

次の授業.相変わらずみんなTeXがお嫌いなようだ.TeX支援機能のついた
エディタを使い始めてようやくみんなの言い得ぬモノへの緊張が和む.
コマンドを手づから打たなくていいというそれだけでもうみんなのハートは
このエディタのモノさ.先生はそれはもう一生懸命「この支援エディタは
窓でしか動かないからこれに慣れすぎないように」とアナウンスしていたが
そんなものは何処吹く風,「窓でえーやん」という反応しか返ってこない.
あまつさえTeXのベンリないくつかの機能を「わーどでもできますよそれ,
設定さえすれば」などと窓嫌いの先生の神経を紙ヤスリでぞりぞりスるよな
発言まで飛び出す.なんかシレツでキテレツでどーでもいいバトルが展開.
とりあえず個人的見解としては,落ちにくいわーどがあれば使ってみても
いいけど私は使いやすさやWYSIWYG特性よりも安定を取ります.それゆえに
ワープロソフトよりはエディタのほうに軍配軍配.世間の常識になあれ.

そして最も恐怖する授業,Research Presentation のはじまりはじまり.
だって先週だって眠くて眠くて× n (ただし n は自然数).そのうえで
今週はクドいようだが2時間しか寝てない.持つわけがない.また今日も
寝ちゃって自己嫌悪に陥って悪循環にはまっちゃってくどくど考え込んで
夜寝損なって朝方ようやく眠くなって来てロサンゼルス時間で生活が
進むようになるんだそうだそうに違いないもう日本では生きていけないや
太陽と追いかけっこしながら世界中を飛び回る妖精さんになるのさ〜などと
自分をギリギリまで追い詰めてみる.再度キアイの茶を一杯.気安め?

ま,結果としては何故か睡魔に悩まされることもなく無事授業は終了.
なんかたくさん宿題が出ていたような気がするが… まあひとまずは
ひと山乗り越えたということで.こうやってそれなりに英語に馴染んで
いけるものなのだろうか.それ以前にすでに英語学の人間だという自覚が
ぜんぜん足りませんね.ちょっとは諦めて英語で発言すべきなんだろな.

どうせ家に帰るバスに乗っても近所のスーパーは開いてない時刻なので
ちょっと歩いて下山し,途中にある結構夜まで開いてる店でお買いもの.
なんじゃかんじゃと買う.家に帰り着く.料理をする.肉を焼いたものの
一旦冷やさないといけないので冷蔵庫へ.そのまま力果てて眠り込む.


4/23

昨夜は日記を書いた後にいろいろあって興奮がおさまらずじまい.なんか
目が冴えて眠れない眠れない.頭痛とかそういうこともあるんだろうが,
tgif など使ってぐりぐり線を引いたりしているとリラックスしてくる.
gimp でもちゃもちゃ絵を書いていたりするとそれなりに落ち着いてくる.
いったいどういうシステムなんだいったい.とりあえずは自分の手とペンで
ごにょごにょ描いていても発散はするのであるが.ともかく安定したのは
夜明けもも過ぎた9時頃である.さていったいどうしたらいいのだろうか.

なごやかに起床.16時ー.身体とか気分とかは好調ではあるが,やっぱり
時間のずれが気分をどんよりとさせてくれる.今日やろうと思っていた
洗濯もの,今からじゃ明日までに乾かないぞ.というわけなので,ちょっと
コインランドリーで洗濯と乾燥.おうちに乾燥機があるととてもとっても
幸せなんだろうなあ.洗濯フェチここに極まれり.たとえばサンタさんに
乾燥機が欲しいなとお願いする男の子って世間的にはどうだよ.うーむ.

途中ごはんを食べたりなんなりとした後,はんなりと午後の一時を楽しむ.
洗濯ものは乾くと膨らむので持ち帰るのが大変だった… で,あとはなんか
そこまでで疲労してしまい就寝.何事もない一日でした… とシメるには
まだ早すぎる19時.案の定途中で目が醒めてしまいまた煩悶するハメに.
いかん,これじゃまた先週の月曜日と変わらん状態になってしまう…


4/22

今日はなんか知らんけど勉強会.前の研究室にのこのこと出現してみる.
そもそもなんの勉強会か知らされていないあたり,言語学を志すものとして
カウントされていない気がする.単なるコンピュータのインストラクターと
してしか思われていないのではないか? うーむ.存在意義について煩悶.

ドアは開いていなかった… そういや17時過ぎたら外からは開かないように
改悪されたんだっけ.かちゃかちゃとノブを回していると気付いてくれて
中に入ることが出来ましたとさ.え? こんなに人数がいる… わたわた.
なんかどうしたらいいかわからず狼狽狼狽.ひとまずは自己紹介らしい.
適当に言葉とか茶とかを濁す.自分にしろ他人にしろ紹介って苦手なんで.
で,それはともかく,この勉強会の主題はなに? と思って聞いていると,
Action Research がテーマらしい.授業を行なうどころか,現状で教育系の
授業を受けることさえもほとんどしていないので,とっても場違いな気分.
…いったいぼくはなんのためにここにこうして座っているんでしょうか.

他のひとびともぼくの存在のぎこちなさに気付いているらしく,「楽にして
いてくれればいいから」とか,「お菓子あるけど食べる? 」とかとかとか.
なんとなく可哀想な子ども扱い.ちびっ子研究室見学じゃないんだからさ.
でも与えられたシャーベットやおまんじゅうなどをもふもふと食っちゃって
いるあたり,ただの食いしんぼうさんに成り下がっている可能性は充分.

ぼくの存在とはあまり関係ないところで勉強会はきっちり終了.そして
有志によるお食事会である.ぼくは食事にしか呼ばれなかったような気が
するのだがまあその辺のことを考え始めると長いのでほったらかしておく.
で,どこに行くんですか? …韓国料理? あのぼくカラいもん食えないです.
「大丈夫,辛くない料理も出るから」というのを信じてついていくが,
前にこの店に連れてかれた時にも「辛くない」と言われて出された煮物が
それはもう辛いのなんのって.涙流しながら氷水コップ3杯飲んだ後さらに
洗面所に駆け込みうがいをしまくったことはいうまでもない.あうううう,
喉が腫れて熱が出るんだから悪い冗談はやめてください店のおかみさん.

さすがに今回はそんなこともなく,春雨と野菜を胡麻油で炒めたものとか
韓国風お好み焼きとかマイルドな料理が出て来る.もちろん他の料理は
唐辛子色に染まっているのだが見ないフリ.どうぞどうぞと他者に勧める.
そしていろいろ会話する.今日初顔合せのドクターさん,奥さんと娘さんを
連れて来ていた.このかたぼくが受験して落ちた学部の院に所属しており,
あんな内部事情やこんな内部事項の話を聞かせていただいた.その学部から
数人の先生が現在ぼくが通う大学に移動していることもあり,ふーんふん
そんなこともあったのかあと心のRAMにメモする.あまり深く覚えていると
心の中であれこれ思ってしまいそうなのであえてRAM.適当な時期に適切に
忘却してくれることでしょう.なお,やはり噂通り受験時に志願していた
コースは合格者ゼロだったらしい.ホントに.じゃあなぜ募集かける…

その他あれこれあったが敢えて書かないでおこうかなっと.なにもかも
つまびらかにするほど残酷じゃないので.酒って人を弱くさせるよね.

適当な時間に帰ることにしたが,やっぱり土曜日の夜ということもあって
呑み助がうじゃらうじゃらと溢れている.ここらへんって飲み屋ばっかりの
オヤジ街だからなあ.学生が酒で失敗する失敗する.今日はまた派手に
パトカーまで出動していたし,トランクス姿でぶっ倒れている謎の男や
服がかなり異常な汚れかたをしている娘さん,世界がみんな大嫌いになって
自分の殻にひきこもり周囲から説得されている学生など,いろんな人が
見られて面白かったなあ.知り合いじゃなけりゃつまびらかに描写するか.

帰ってからなんか頭痛.最近夜になると頭痛が起こることが増えて来た.
やっぱり自律神経がどうこうって関係あるのかな.ちょっとだけ心配かも.


4/21

ちょっと頭痛.でもまだしも元気.あなたの今日のラッキーポイントは
人の日記における語の用法が違ってても気にしない寛容さ.ということで
いろいろ大目にみてやってください.最初の副詞だけでどこまで引っ張る.

外に出るとどんよりどよどよ.曇りかぁ.でもまあ大丈夫かな,とか思って
傘を持たずに学校へ.何とか持つかも持って欲しいなていうか降るなコラ.
ささやかにつつましやかに心の黒いお祈りをしながらバスに揺られ学校へ.
今日も今日とてけっこうな時間まで寝てたので着いてすぐさま授業である.

さてSociolinguistics.授業が講義形式から演習発表形式になるらしい….
あぁこの細く華奢な肩に負担が.嘘.肩は野太いですが負担は負担です.
でもまー「こうでもしないと教科書読まないでしょ」というのはなんとも
反論のしようがございません.めそめそ.今日の授業は社会言語学に必要な
8つのオキテについていろいろ.あれ? 8つだっけ? ハンドアウトを確認.
ん,だいじょぶ.8つであっていた.数だけ覚えてて内容を忘れていては
元も子もないが.復習復習っと.いやーやっぱ日記って勉強になる.誤解.

で,生きる上ではいろんな書類を書かねばならぬので担当教官のところに
ハンコをいただきにいく.奨学金通るといいのだけどな.よく書類を読むと
成績証明書はいらんが担当教官様からの所見が必要だとか書かれている.
これこれの事情なのでよろしくおねがいしますと先生にお願いしておく.
どんなオススメ文章が舞い込んで来るかちょっとだけ楽しみだったりする.

次の授業.事前に配られたハンドアウトには手をつけないでビデオを見る
ことになる.ビデオおもろい.しかも今まで論文上の動物だった学者が
なんか動いてしゃべってるし.きゃきゃ.でも当然の話だが全部英語だ.
字幕はあるんだが,これって昔懐かしい字幕が出せたり消せたりするやつ.
今はもうあまり再生できる機械がないんだとさ… うーむ.世の中はいつも
変わってゆくから頑固者だけが悲しい思いをする♪の典型ですな.最近は
DVDでも字幕が出せたり消せたりするし.だけどこのビデオのよいところは
字幕のみを抽出してテキストデータに落とせるという点.素晴らしい.
DVDにこの機能が付くまではまだまだ大丈夫.期限つきなのが悲しいが.
授業内容は「言語とは? 」「単語とは? 」といったことを考えていく
NHK的非子供向けな教育番組.哲学まで盛り込んでておもしろかったっす.

ビデオのせいでちょっと授業が長引いてしまった… とっととメール読んで
帰ろっと.む? 早速所見が届いている.ちょっと読んでみる.…うわわわ.
やっぱりこの手のものって本人が読むと気恥ずかしくって仕方がないや.
褒められるのは慣れてないし.まあかなりイロをつけて書いてくれている
わけだろうし,鵜呑みにするほど無邪気なわけでもないのでございます.
そして外に出る.…雨雨大雨.折り畳み傘,持ってはいるのだがこれって
どーしても小さいから身体がはみ出るのだ.なんとも中途半端な存在.
さらにはやはり「ふふん」という感じがしてビンボ臭い.やっぱり傘なら
フルサイズのものがよいなあ.普段使ってるのは70cmはある大型のもので
出不精のぼくがわざわざいろんなとこに出かけて探し回ったりしたのだ.
傘はなくしやすいからこそ却って高くて良いものを買う.そうすれば傘と
自分との距離間にある種の緊張が生まれる.そのおかげかどうだか知らんが
今のところこの傘になってからなくしてはいないで半年は持っている.
それまでの安物傘はすぐに折れてしまったりなくしてしまったりで…

家に帰ってののーんと過ごす.なんか頭が痛い.IRCでおしゃべりしてると
自律神経失調違うの? と訊かれる.そうかもね.もう自分の体調については
そんじょそこらのことでは驚かなくなっている自分がほんのりと悲しい.
でもそうかー,自律神経失調かぁ.考えたことなかったけどそういう見方も
あるよなあと感心することひとしきり.でも病院に行くよりも先になんだか
この行く末を見てみたい悪い好奇心がもたもたと首をもたげていたりする.
いやとっとと治してまっとうな社会生活を送るほうがよほど幸せなんだが.


4/20

昨夜いろいろ試してみた結果昼までゆっくり眠る.途中で目が醒めないって
シアワセなことなんだと私は声を大にして主張したい.一旦目が醒めると
なにをどうあがいてもどうしようもなく眠れなくなるタチなので.途中で
トイレに行くなどの場合は自分の責任だが,隣の家からのきゃらきゃらした
声で目が醒めるというのはいかんともしがたいし噴懣やるかたないものだ.

前の大学のほうに向かう.こないだの連絡によると木曜日に授業が入る
ことになってしまったので,もう木曜日にこちらに来ることも出来ないし.
で,木曜限定のイベント,文芸部の定例会に出席することにしてみる.

のこのこと現れてみる.なんか人間が異様に多いんですけど.新入部員が
こんなにも.ほう.へー.シビアな話をすれば,このうちのどれくらいが
残ってくれるのかな,と.やっぱりいつのまにか来なくなっちゃうひとは
どの学年にも必ずいます悲しいけれど.もちろんみんな残ってて欲しいが
大学生になったばかりで自分の位置がうまく決められないことってのは
当然ありうることだし,興味の方向が当初とズレちまいましたよあはは,
というのもまあ誰も悪くないんだししょうがないでしょう.しかししかし,
一応入部して「いつのまにかいなくなる」というのは寂しいなあと思う.
いなくなるときにはいなくなりますって告げてからいなくなってほしいな.
それが言いにくいことだということはよーくよーくわかるんだけれども.

などという既に部外者だからこそ吐ける冷徹な意見が心の内に去来.
え? でもここにいる初顔のみなさんはあくまで「入部希望」ではなく
最初のお試し期間の「見学者」? ならそんな湿っぽい意見はないものに
してしまおう.みんな入部しててきとーに盛り上げちゃってくださいな.

去年入部の後輩のいもーとさんがそのなかに混じっていた.兄のほうから
事情を聞くと,なんでもしろまるさんとかいうひとのファンらしい.は?
やめときなさい.ロクでもないから.会誌を読んだだけでは,執筆者の
とんでもなさは見えてこないから.でもまあうれしいのはうれしいので
ミニマムな「ファンとの集い」を行う.だからいったい何様なんだ.
しかもほかの部員いっぱいいるでしょうが.ともあれいろいろと話を
しているうちに時間が時間になったので退散.また逢えたら逢おうね.

帰り道,途中でいろんなとこに立ち寄ってみる.ふらふら〜.いろんな
いいことも悪いこともあるといった感じか.周囲との付き合いもやれこれ
疲れるやね,といったところ.世界にあるのは言えること言えないこと
言ってもしょうがないことなどなど… 不景気ってこれだから嫌いさ.

おうちに帰って SKK を試してみる.変換時に大文字入力ってのがどうも
とまどってしまう.とりあえずチュートリアルはおもしろかったけれど
ちょっと迷ってしまった時に戻りかたがわからなくて四苦八苦.結局
チュートリアルを試しながらいろんな機能を別ウインドウでまとめる.
でもここで使ってるのは canna だったり.本末転倒もいいところかもね.
でもまあ canna と SKK は共存可能なので, canna が変換してくれない
漢字などは SKK でも試してみよう,などの方法が使えるのはありがたい.
メインになるかどうかはわからないけどそれなりに使っていくかも.


4/19

前の大学にてサーバ管理などのあれとかこれとかそれとかを引き継ぐため
向かうは研究室.でもそのまえにちょっとセンターに寄り道.惰弱な….

センターから「日記,日付まちごーてはりますよ」と指摘を受ける.えっ?
あーほんとだ.4月9日が抜けてるや.あうあう,修正しときます.しかし
頼むから白熊日記って呼ぶのんやめてね.このページのタイトルはあくまで
「日々のあぶく」ですから.別にこだわるほどの名前ではないけれども,
シロクマの名称がこっちの学校に逆輸入されたことそのものがなんだか
まったくもうって感情をひき起こさざるを得ないような気がするっぽい
かもしれないって感じ.…どーせ影ではゆわれてたに違いないのだが.

研究室に行く.ドアを開けたとたんに次期管理者に出くわす.おー偶然.
ということでひとしきり対話.やっぱり木曜日は都合が悪いらしいので
こちらへの出張は木曜から水曜にシフトすることに.木曜日だったらば
文芸部の定例会に出席できるのでちょうどよかったのだが… こうやって
世界はちょっとだけうまくいかない方に向かって回っているものである.

土曜日に勉強会を行なうらしいのでそれに来るように,とお誘いを受ける.
調子づいてほいほいOKしてしまったのだが,どうなるものなのであろうか.
ここのところ週末2日を家で過ごす事をしていない.出不精のぼくにすれば
かなりの事件のような気がする.もっとも,ちったあ世間の風に当たらんと
そのまま家の中でくすぶって腐って溶けて流れてなくなってしまいそうだ.
お誘いがあるというのは喜ばしい事態なのであろう.なら喜んでおこう.
ゎ〜ぃゎ〜ぃ.…もう少し年齢に見合った喜びかたを習得すべきですね.

さて,ここんとこ滞っていたbun109のあれこれをこれあれするために,
久しぶりに実際にサーバの前に座ってみる.遠隔操作では毎度毎度毎度毎度
あれこれとかこれあれとかしているわけだが.で,せっかくなのでCDを焼く
ことにする.取らなくちゃいけないバックアップがたくさんあってのう.
データそのものはすでにある,イメージにも変換した,あとは焼くだけね.
…焼けない.なんか Output Error を吐かれてしまう… なぜなぜなぜ.
しょがないので今日は諦めますか.時間も適当に遅くなってきたことだし.

そこでメールが来ていることに気がつく.こないだの日記,統計学について
うーちゃら述べているところ,検定値(β−1)とありますがあれは間違いで
(1−β)でしょ,という指摘.しかもその授業担当の先生からのメール.
…面目ございません.さっそく修正.全世界に向けて恥を晒してしまった.
もう多分一生検定値について間違うことはないなこれで.禍転じて福にでも
しとかないと情けなくて生きてなんざいられねぇやこんちくしょうめ.
…いったいどこの出身なんだ.ま,日付とともに静粛にちまちまと修正.

センターに戻る.アドバイザーの詰所にいるからといって,ぼく自身は
既に質問に答えられるようなスキルを持ち合わせてなどいない.それ以前に
この大学の学生じゃないんだしね.アカウントは5月くらいまで消えないと
聞いてはいるが,しょせん風前の灯に過ぎないのさららら.いずれにしろ
アカウントが消えるとこっちに来た時の遊び場がなくなって悲しいのだが
こればっかりはしょうがないものかもしれない.時間は無情に過ぎるもの.

そこにやってきた先輩と一緒にいろいろ話す.最近 FEP は SKK がいっとー
使いやすくってねえ,ということらしい.うーん,そうなんですか? 何より
自分で変換を指定するから思い通りに変換されていってストレスがちいとも
溜まらないとか.いや,そのへんを自動でやってくれないからどうだかなと
考えているところなんですけど.自分で実際に使ったことはないけれど.
しかし今日になってちょっと使ってみようかなと考えてみた.先輩によれば
SKK インストール時の README ファイルに記されている開発協力者の中に
ぼくを今の大学院に呼んでくれた先生がリストアップされているらしいし.
今日まで知らなかったけど.ミーハー心も手伝って触ってみようかなという
気持ちにはなってみた.先輩からさんざっぱら長所をまくしたてられたし.

で,あとになって調べてみた.SKK について.確かに先生の名前が謝辞に
並んでいる.そのうえ,開発元は友人の所属している研究室.縁だらけ.
きちんとインストールしてみよう… 今日は疲れたのでまた明日ってことで.


4/18

思い切って11時まで寝る寝る.そのまますぐは目が醒めないのでとろとろと
布団の中で漫然と過ごす.昨日の一件で懲りたので,いっそのこと授業に
間に合うギリギリラインまで寝ていてやろうという姑息な手段に出たのだ.
いや,姑息というかむしろ賢明ってゆーかぁ.一番よいのは夜きちんと眠る
ことなんですけどねえ.それがうまくできないから.めそめそ.幼児退行?

郵便局で金を降ろして,引越しのドサクサでなぜか滞納していたいろいろの
料金を払って,バスに乗り,学校に着けば見事に授業開始5分前.時間的な
余裕はいらん,睡眠のリズムと体力のほうで余裕が欲しいんじゃワシはぁ.

で,この試みは今日のところうまくいっていてうふふのふって感じである.
それでもIV限V限VI限と連続で授業があるとツラいのはツラいんだけれど.
ごめんなさいもやしっ子(死語)で.見た目はモヤシより桜島大根なんだが.

最初の授業はフィールドワーク.自然談話とアンケート,結局どちらも
大事よねって話.端折りすぎ.まあ言語使用を内省だけで語るわけにも
いかないってのは確かなんだが,自然談話を採取するのってテマとか
カネとかかかるから… なお,授業終了後に学会発表に向けてのこれからの
展望を尋ねられる.えーとえーと.いきなり訊かれてもぼくわかんにゃい.
などと逃げているわけにもいかない24歳である.5月中ごろをメドに過去の
資料を見直し,さらに新しい仮説を立てて論をツメる.今のところは適切に
終助詞の性質を勉強すべきだろう.しかし今さらながらそういう言語学の
キソともいうべき勉強をあまりしていなかったことに悲しくなっちゃうね.
学部の時何をしてたんだろう… はっ,回想している場合じゃない.んで,
CMCに対する親和度の指標を見出したり,終助詞との相関を測ってみたり
やらなくちゃいけないことは埋積してますなあ.ここまで書いていいんか.
いくら自分のしがない記憶力の不足を補うためのメモとはいえども.

で,Semanticsの講義.どうやら海外から教授が赴任するのは今日らしく,
その都合で授業はちょっとだけ短縮.相変わらず門外漢だったぼくにも
それなりにわかる授業をしてくれてありがたきことかぎりなし状態である.
授業が終わったらまとめて質問しておこうと思った事項も,授業の中で
さりげなくわかるようになっていた.これがひとりで復習する段になって
ホントにわかっていればよいのだが.わかった気になってるだけではないと
ひたすら願う… なお,ぼくがそぉっと蹴飛ばさせて頂いた大学院において
バイトをする,というお知らせが前に流れていたのでその話を先生に振るが
すでに定員は越えちゃたよというお話.なんか残念なよなほっとしたよな.
実はバイト先の研究室には知り合いがいるハズなのである.しかもきっちり
先生や院生にオープンキャンパスなどで質問をしまくった研究室のハズだ.
むしろ今更「やっぱり女子大に行っちゃいましたぁ,てへへ」とかゆって
バイトしにいくのもなんだかなあという思いと,それって実はかーなーり
オイシイ話ではないか? 金ではなくウケという点で…とか考えるわたしは
話にオチがつかないと落ち着かない末期症状が出てますな.何の症状だ.

最後は統計のおべんきぉ.卒論の時にちょみっとだけ,ほんの申し訳程度に
かじっただけで,本格的に勉強したいなあ,いつかね,いつかなあ,とか
思っていたのでこれはチャンスかも.有意水準αとか検定値(1−β)とか,
なんかいろいろ覚えなくちゃいけないことって多そうだけれども.とにかく
リクツをなんとか自分のものにしていかなくちゃいけないなあ.それよりも
自分の頭を理系的数学的にしていくというべきなんだろうか.うーむ.
文系ひとすじだったからなあ.よくコウモリ扱いされっちゃうけんども.

今日はとっとと下山して,身支度を整えて,夜からお出かけ.明日はまた
前の研究室に行く予定だし,今晩は友人宅に泊まることに.持つべきものは
いろんなスジの友人関係である.大学以外にも繋がっておくとこういうとき
泊まる場所に不自由がなくてよかったり.まあ野宿でもなんとかなる程度の
育ちの悪さも持ち合わせてますがね.ほら,やっぱまだ寒いし.


4/17

渦の中にいるみたいだった… 睡眠の不具合でめまい.睡眠不足ってことは
ないのだが,とにかくうまく眠れていないようで.なんとかしなくちゃね.
這いずるようにして学校に行く.今日は先週出ていなかった授業に出席.
この授業に出ておかないと他の取りたい授業が取れない,というわけでも
なさそうだが出ておいたほうがよいだろうというお達しだし.まあ自分の
興味の窓口間口が広がるのならそれはそれで大切なことだし.うむうむ.

授業開始のチャイムがなる.…誰もいない.学生も.先生も.おやおや?
教室間違えた? おかしいな.うーん.どうしよう.とか思っていると
別の先生がやってきた.え? どしたんですか? …そうか,思い出した,
今日受けるはずの授業はIII限からIV限に移動したとかいう話だったっけ…
脱力のあまりその場で机につっ伏す.あーうーもう1時間眠れたのになあ.
とにかく反動で院生室でんぼーっと過ごす.テキスト読む気力も萎え気味…

で,授業(ホンモノ).授業内容が難しい.難しいというか,「知らない」と
いう表現のほうが正しいな.やっぱりもう少しレベルの控えめなところに
おさまっておくべきだったか? 勉強しなくちゃいけないことがたくさん.
当面の目標:授業の中で使われる語彙はわかるようになっておきませう.
そしてなにより,たくさんの授業に出るってことはたくさんテキストを
買う必要があるわけで… テキストはほぼすべて洋書(…)なので,なかなか
届いていない現在はコピーでお茶を濁しているわけだが,これが一気に
届いた時にどんだけのお金を払わなくちゃいけないか考えるだけでまた
頭痛が… いや,比喩じゃなく.頚の後ろのほうにヅンとくる痛みが…

そして次の授業.休みがないのはかなりしんどうございます.でも次は
TEXの授業なので頭がお休みしてても大丈夫(暴言).というか,事前に
先生から今日の分の授業については助手っぽいお手伝いをしてくれろと
ゆわれていたので,しっかりそのように.事前のTeXの歴史などについては
面白かったんですが,そこまで授業で「ま」の付く会社をコキ降ろさずとも
いいような… これじゃ授業でなく思想統制だとゆわれても知ーらない.
いや,心の中では大喝采なんですけどね.みんなのはじめてのTeXはひとまず
何事もなく…でもないが,とにかくみんなコンパイル成功してよかったね.
でもいまいち「なんでTeXなの?」という疑念は拭い切れていない印象…
実際後で院生室で「ワープロでえーやん」という愚痴が聞こえてたし…
最初のとっ付きは確かに悪いけど,落ちないという一点は何にも勝ると
個人的には思いますです,はい.やっぱりワープロは恐いよ実際.

まだ授業は続く〜.もうこの時点で眠気爆発.夜は眠れないくせにこういう
必修の授業の時に限って睡眠の神が優しく微笑んでくれるのはなぜなぜ.
しかも授業はすべて英語で進行するため,眠くてボケた頭には先生の言葉が
きちんと聞き取れないまま… マイクロスリープを数度自覚.数度って事は
自分で知覚しきれていない短期睡眠がもっとあったかもしれない.ひー.
先生ごめんなさい〜.というかココで謝ったところでどうしようもない
話なのであるが.なお,授業終了まぎわに聞き取った単語は"drowsiness"で
ございました.気のせいじゃないと思う… やっぱり見られてるよなあ,
そも学生数が少ないんだから.さらにきわめつけは授業終了時,先生が
こっちを見てなにやらモノ言いたげににっこり笑ってくれた… ホントーに
ごめんなさい.泣き虫負け虫になって退散.いま思えばせめてその場で
なんか気の利いた一言でも言っておけばよかった(違う).あー自己嫌悪.

ふらふらになりながら帰宅.坂を自力で降りる気力もないのできっちり
バスで降りる.どーせ終点だしどこからどこまで乗っても料金同じだし.
閉店時間ギリギリのスーパーで買いものをして家に帰り,そのまま布団に
倒れ込む.せめて肉は冷蔵庫に入れろ.でも眠いの許して勘弁してお願い.

…隣の家の物音で目が醒めた午前2時.うー.うまくすればもう少しくらい
睡眠が取れたかもしれないっていうのになんてことをしてくれるんだ一体.
でも目が醒めてしまったものはしかたがないので食事の用意を始める.
適当に作って適当に食って,ああもう眠れない.夜は長い.身体はしっかり
疲れているというのに.せめて目を閉じて横になる.輾転反側状態が続く.
意味の分からない子は辞書を引いてみよう.こんな熟語を知っている自分も
どうかしていると思うが… ともかくようやく寝つけたのは,そろそろ外も
明るくなって大分経ちますなあといった時刻.午前7時におやすみなさい.


4/16

今日はお花見.しかし世間様では桜はもう散っている.今日の目的は
桜ではなくその他のさまざまな草花である.ハーブ園でお弁当を食べる,
と有り体にいってしまえばそういうことである.んなもんに有り体も何も
話が早いも遅いもあったものでもないと思うがそこはそれである.何がだ.

前日からあまり眠っていないのに遅刻するダメなぼく.駅に着いたころには
もう全員揃っていた.とりあえずひたすらごめんなさいの連発.物理的には
ちっとも狭くない肩身を一生懸命縮めて狭くする.ぎゅ.はじめましてな
ひとにははじめましての挨拶をし,おひさしぶりなひとにはおひさしぶりの
挨拶をする.同語反復の嵐.地下鉄さらにロープウェイと乗り継ぎ,目的の
ハーブ園に到着.花の匂いに鈍感なぼくでさえも分かるふんわりよい香り.
ああ,植物のある生活ってよいなーと.自分の部屋にはプラントを置くよな
場所などどこにもないけれども.いろんなひとと喋りながら花を見て歩く.

…しかし惜しむらくは,みなの歩くスピードが速すぎたこと.もうちょっと
立ち止まって花を愛で愛でするのかと思いきや,結構たすたすと歩いてる
だけだったりするのである.また山の上なので当然のように坂道であり,
足の筋肉がかなりがんばっちゃってくれちゃっていちゃったりするのだ.
それはもうひきつれんばかりに.単なる運動不足という予感は薮の中へ.
まあ歩けんこともない程度ではあったのでのてのてと歩く.いろいろと
展示物を見たりしているうちにおひるのじかん.芝生にシートを広げて
食べたお弁当はおいしかった.少し風が冷たかったけどそれはそれで充分
気持ち良かったし.もう少し暖かくなったらもっとたくさん花が咲いて
もっといいところになるんだろうな.寒さゆえに桜の花がまだ残っていたり
していたぐらいなんだし.とりあえずご飯を食べて山を降りることにする.

これからどうします? 歌ですか? ということに.ということで街中に移動中
ゲームセンターにでくわす.みんなでプリクラなど撮ることにしたのだが
実はぼくは写真が苦手である.だって魂を吸い取られるじゃないですかあ.
だって写真になっちゃえばあたしが古くなるじゃない,と流行歌にさえも
歌われている御時世ではあるし.理由づけはともあれ,写真に撮られるのが
得意ではないゆえこの手の機械もあまり近付いたことはない.しかしまあ
いまはいろんなものがあるんですねえ,というのが正直な感想である.なお
実際に撮ったものは何故か印刷色が薄かったので店側に意義を申したてたら
撮り直しOKということになった.しかし印刷の薄さは変わらないという.
…早いうちにプリンタ部分の交換などしてみたほうがいいと思うぞ絶対に.

で,同じゲームセンターには踊るヤツとか叩くヤツとか振るヤツとかも
いろいろ置いてあった.踊ったりもしますよ〜とか前に言っていたのを
先生は覚えていたらしい.忘れててもいっこうに構わないのに… で,
なんかあれこれ言ってるうちにひとつ踊ることになってしまったのである.
せっかくだからパフォーマンスモード全開.全身使って大サーヴィス.
すると,全然見知らぬ中学生の女の子たちから喚声をあびてしまった…
悪い気持ちはしないが恥ずかしさもかなり.うひゃー,なんか思いっきり
動物園の檻の中に生息する珍しい動物扱いになってるかもしれない.まあ
だからといってひっこむわけにもいかず,規定の3曲をなんとかクリア.
ぜーぜー.疲れた.これだけ動いても運動時間が短いために肝心の脂肪が
燃焼しないのはCIAの陰謀に相違ない.…まあ,運動はしたってことで.
ちなみに,見知らぬわけではない今日のメンバーは目が点になっていた.

なお,この次のカラオケでさらに目が点になってしまうみんなであった.
詳しいことは省略.あえて言えば大ネタ炸裂,超音波全開,ってとこで.
あとレパートリーの広さでちょびっとエバれるかもしんない,とか.
しかしみんな歌うまいなあ.ぼくは虚仮威しが得意なだけですから…

それからさらに異人館通りを巡る.しかし時間が遅かったために,もう
おおかたの店は閉まっていた.とりあえず座って休みたい我々.しかし
高すぎたりファンシーすぎたり閉まってたり定休日だったり,そもそも
喫茶店が見当たらなかったり.ようやく捜し当てたのは喫茶店と言うよりも
バーであった.夕方の早い時間は酒よりも喫茶をやってます,というような
感じの.店の雰囲気は非常によかったし,出てきたお茶もきちんとした
よいものだったのでうっとりと満足.ちなみにみんなはケーキセットを
うれしそうに頼んでいたが,ちょっとカロリーが気になるお年頃なので
ひとりだけ紅茶のみにしておいた私はすでに負け虫なのだろうか.ううう.

話がはずむ.…というか件の学会発表について,いろいろなアドバイス等
していただく.やっぱりやったほうがよいという結論に.まあ確かにねえ,
自分でもそれなりに愛着のあるテーマだから,うまく育ててきちんと大きな
ものになるのであれば育ててやりたいという気もするし.ただそれと同時に
おそれおおさも充分に.大それたことというかなんというか.ノミの心臓.

店を出てみんなと別れる.ものの見事に交通機関がバラバラ.てなわけで
ひとりで電車に乗って… 疲れたかな… よく歩いたもんなぁ… うー…
…そして目が醒めたら終点に着いていた.これはたぶんアレだな,睡眠の
リズムがきっちり分かれてるパターンだなきっと.サーカディアンリズムを
例えば36時間とした場合,本来なら24時間起きて12時間眠るというのが
バランスのいい周期だとすると,なんらかの刺激がきっかけとなって変化が
生じ,ちょうど半分の(12時間起きて6時間寝る)×2セットの状態になって
しまってるのではないだろーか.これまでもよくこういうことはあったし.
確かに最近24時間のうちで短い睡眠を2回に分けて摂っていることが多い.
ますます社会の外に追いやられてしまいそうな周期だこと.やはりここは
社会生活を営まなくてよい「お金持ち」か「モノ書きなどの在宅勤務」に
なるしかないのだろうか.なれたらいいけどなれるまいなあ.そんなことを
ぼんやり考えるよりも目先の勉強をしたほうがよいような気も… ひとまず
明日をしのぐための予習とかさ.あくまでしのぎであって余裕がないあたり
つらいものが見え隠れしているのかもしれない.おべんきぉしなけぁね.

さて,各方面から(どこなんだいったい)読まれているこの日記ではあるが,
どうやらサーバへの経路がおなくなりになられている様子.アップロードは
いつになることやら.またそのうち治ることを期待しておきましょう…


4/15

ようやっとの週末.しかし体力が体力で体力なのでせいぜい静養する.
とはいえ今日はひとつの計画があったので,それを実行に移すためには
だるいながらも起き出さなくてはいけない.うー.でもやっぱり.うー.

目が醒めたのは14時頃.毎度のことながら世間様に顔向けできない時刻.
まあそれはいつものことと軽く流して,電車に乗ってがたらんごとろん.
いいかげん夕方になるころに到着.む.ここは電気屋街.とりあえず
適当にあれこれ散策.しかしあまり慣れていないせいで目的のブツは
うまいこと見つからず.やはり通信販売のほうがラクなのだよねえ.

さらに散髪を断行.いいかげん髪が伸びてたのと髭が伸びてたのとで
そろそろ行かなくちゃなーと思っていたので.いや,髭は自分で剃れば
いいのだが,やっぱり面倒なので餅は餅屋.ナマケモノなだけだろうと
内心思ったあなた,それもまた一つの真理でございます.ものごとをすべて
一面から見ていてはいけません.よきかなよきかな.論旨すり替え成功.

散髪屋における談話と言うのも面白いものだと感じる.それなりに喋っても
決して身のある話にはならないという点で.飲み屋においてちょーどよく
メートルのあがったおっちゃんよりはマシというレベル.言い過ぎか,
むしろ平日夜のAMラジオ放送的な会話というかなんというか.もちろん
仕事はきちんとしているし,それなりに神経を使う仕事だから深い話で
考え込んでもいられないのだろうが,その程度のネガティブな理由にしては
これまで巡り合った散髪屋のすべてが「てきとーな話をする技術」において
それなりに長けているというのはどういうことだろう.職業病ってとこ?
…しかし考えるとめちゃめちゃ失礼な文章ではある.謝罪しますぺこり.
ひとつ言っておけば,なんだかんだでぼくは散髪屋の会話が好きなのだ.

さて,髪もさっぱりしたし,買うべきものは見つからなかったし,そろそろ
帰ろうかいなと思った時に友人にばったり出くわす.そーだよなー,ここ
電気屋街のそばだもんなぁ.そりゃそーいう友人もうろちょろしてるわな.
「そーいう」の指示するところの内容は特に触れないことにしておこう.
適当に挨拶を交わし,一緒にちょびっとゲームにうち興ずる.…相変わらず
人間以外的な瞬発力をもっていらっさる.どんくさいぼくにはとてもとても
あそこまで芸を究めることはできません.人間は自分の楽しみのためならば
精密機械にでもなれるんだな,という良い例ではないかとは思うけれども.

家に帰るころにはすっかり身体がくたびれてくたばって,うまく眠れそう.
このチャンスを逃すなとばかりに寝てみました.おい.23時っていうのは
やっぱり早すぎやしませんか? 案の定,途中で目が醒める.目が醒めたのは
だいたい4時くらいだっただろうか.5時間.もう少し眠るべきか,はたまた
このまま起きておくべきか.寝たほうがいいかな,とチラリと思ってみるが
そもそも入眠に問題があるのでうまく寝つけない.そもそもさっきまで
寝てたんだし.もういいや,と心を鬼にして(誤用)むくりと起き上がる.
…やめときゃいいのに.ひとまずはなんかいろいろ.雑文を自分で書いたり
人の雑文を読んでみたり.…はっ,気が付くととっくに夜が明けている.
そろそろ出かけなくては.ということで次の日へつづくの巻である.


4/14

英語学のためなら徹夜徹夜徹夜〜♪などとぬけがらのようにつぶやきつつ
今日の授業のための英文を読む午前4時.結構しょもない単語でつまづき
辞書をめくる.ひとまず英英辞書,理解がおぼつかなけりゃ英和辞書.
たとい時間がかかったとてこれが正しい英語学専攻学生の在りかたなんだと
いらん自己陶酔に浸る20%やめときゃよかったこんな意地張るの80%な気分.

全然終わってもいないのだがひとまず寝ることにする.とはいえ時刻は
一般社会のみなさまが今日も一日頑張り始める午前9時過ぎのことである.
夜の上り電車に乗っているような孤独感.めそめそ.安らかに眠れるわけも
ございません.しっかり11時過ぎには起き出して学校に向かったともさ.

院生室でテキストの続きをやることにしよう.そしてなんとか授業には
なんとかなる程度のあたりまではキャッチアップするんだ.と心に固く
決意するも,身体が先に根をあげたらしい.上記二冊の辞書は素敵な
マクラとなったのでありました.猫背なので,机の上に覆いかぶさるよな
姿勢だったのが致命的だったようである.ちょうど枕が,いや辞書が
ほどよい高さに目に入って… そっから詳しいことは覚えちゃいません.

授業.泣いても笑っても授業.しくしくしくしく.泣いても授業.今日は
先生が用意してくれたハンドアウトを読みながらなんとかしのいだのだが
こういうことはきちんと自分で何とかしとかないといけないのだろうな.
とか思いながらも次のリーディング資料のうちひとつが日本語だったことに
ありもしない尻尾を振って喜ぶ始末.…がんばれ大学院生(英語学専攻).

で,その授業中のちょっとしたブレイクのなかで睡眠障害についての話が
なぜか持ち上がる.そりゃ確かにこの教室にいるメンバーにはメールの
書き出しで「なかむら@睡眠障害です.」などというよろしくない情報を
付与してしまったからなー.別に心配してくれっていうことではなくて,
いつもの無駄口軽い口のつもりだったんだけどな.ま,睡眠障害が辛いのは
毎度のこと,もう10年近い付き合いになるんだし.慣れればそんなもの.
周囲にかけなくていい心配をかけてしまってちょっと反省してしまう.

次は開きコマだったので,そのまま先生の部屋についてって履修登録票に
ハンをついてもらう.そーいえば締切は明日だっけ.あ… 登録票忘れた.
しょうがないので他の先生のとこに押しかけてサラの登録票をげっと.
さらに人のペンと時間割を借りて登録票をその場で書く.皆様のお慈悲で
生かさせていただいているしろまるくんである. なおこの時に,先生の
パソコンのデスクトップに「白熊日記」とかいうHTMLショートカットが
転がっていることに気がつく.ここでまでも読まれているのか….複雑.
もうしろまるでもしろくまでもどうでもいい気分になってしまっているが,
人のこころというものはそうやって流されて変わっていくのであろうか.
ん? 微妙に観点ずれてないか? まぁどっちでもいいけど.ああ諦念.

次の授業は実験のときの仮説の立てかたについて.仮説がうまくないと
結局研究は失敗するんだよとか,反証科学が語れることは偏っていて
打破する動きもあるんだよとか.授業の内容を書いたところでこれを読む
多数のひとびとにはどーでもいいことかもしれないが,日記を書くことで
自分自身の復習になってる部分もあるので大目に見てやっていただきたい.
もちろん関係者にとっては授業の動向をどうこうするのにうってつけの
判断材料かもしれないが,ぼくだってホントのことばかり書いてるとは
ひとっこともゆってませんからね後でウソツキなんて呼ばないでねふふん.
しかし普段を知ってる人間ならウソ書いてるなんてとても思わんだろな.
「覚えてることを思い出しながら書いてる」というのが一番正しいかも.
思い出せないことを書くことは出来ないし.記憶力低下は深刻な病気です.

話がずれまくり.そりゃ端末の調子が悪くてちょこっと遅れて入った授業の
とっぱなでいきなり「徹夜してるひともいらっしゃるようですし」などと
約一名に向けられた極小コミュニケーションから話が始まったりすれば
こちとらといたしましても苦笑するしかないわけで… 授業そのものは
完全に理詰めの話だったので,考えていれば興味は尽きない世界だった.
仮説かぁ,確かに役に立たない自明の研究ってあるしなあ.昔聞いた話だが
「人間の腕の筋肉の動きの差異を観察,被験者には包丁でダイコンニンジン
そしてゴボウを千切り微塵切りなどにしてもらう.結果→そう大きな変化は
見られなかった」って論文は自明ではないかもしれないがそれ以前である.
むしろんなテーマを選んで突き進んだ勇気と行動力と運の良さに乾杯だあ.

授業終了後端末をいじりながら先生方とおしゃべり.やっぱりこの日記は
よーく読まれているらしい.「やめないでね」という声まであるくらいだ.
えーいこの人気モノ,このこのっ.…違う.なんか自分が某かわいい系の
メールソフトのペットになってしまったかのようである.ひみつ日記を
あれこれ飼い主に読まれているって感じで.飼い主….ってことはぼくは
飼われているのか? その割にはおやつとかもらった覚えもあまりないが.

ふと思ったこと.こーいうことを書いているとそのうちしろくま扱いから
なんかピンク色のくま扱いされるに違いない… 結局そこに落ち着くのか…


4/13

木曜日は授業を取ってない日Part2だ.当初の予定通り前の研究室に顔を
出すことにする.わーいひさしぶりだぁ.なんか工事中だった図書館が
なにげに完成されていて,むしょうに綺麗だった.卒業してからこんな
立派なもんを建てられてしまってもおいしくないなあ個人的に.ちなみに
郵便局が学内に出張してきているのもいとムカツクって感じである…
学部生のころは郵便手続きにあんだけ苦労したというのに.世は無情.

さて,まず最初はサイバーメディアセンターだかなんだかに名称変更した
コンピュータ教育棟に.何でも横文字にすればいいってもんじゃないと
思うんだが.動いているOSはTurboLinuxだが… どうもまだ最初ってことで
混乱を究めているようである.動かなくなった端末のリストは30を軽く越え
まだインストールされていないアプリケーションのリクエストがぞくぞく.
メーラーがNetscapeCommunicatorしかないってのはどうかと思いますです.
mnewsもなければemacsもない.ひー.xemacsだけしかないの? アイコンとか
いらないのに… しかもmewがない.cannaもない.どーしろというのだ.

ひとまずセンターを離れて研究室に.助手さんに「長い出張やったなぁ」と
ジャブを打たれる.…とりあえず歓迎されているので胸をなでおろしとこ.
「なんで出ていったん? 」とかも訊かれたが,いやむしろ出て行くハメに
なってしまったと言ったほうが正しいでしょう.同じくM1に上がった面々や
その他先輩などに学生証を見せるとおおいにウケていた.女子大の学生証に
どー見ても男性の写真が貼ってあるんだもんなあ.まだしばらくはこういう
ネタでしのげそうだ.…売れない芸人かわたしゃ.で,毎週来れるかどうか
わからないが,木曜日にはできるだけ来たいな,ということを告げると,
いろいろと喜んでもらえてこちらもうれしい.基本的にバイトってことに
なるんだが,それ以外にも研究室内のコンピュータの動向とか指導とか,
やることとかやれることとかが多そう.で,最重要課題であるサーバ管理の
引き継ぎのほう.肝心の管理者候補が木曜日に限ってお仕事らしく今日は
逢えずじまい.たいてい研究室に貼り付いているひとだから連絡なしで
大丈夫だと思ってたのに.まあしょがない,また逢える日もあるでしょ.
というわけでやらなくちゃいけないことがなくなったので,研究室内の
臨時サポートっぽいことをやることに.Telnetについての質問にやれこれ
応える.bun109に入る時にはttssh使ってねとか,遠隔操作でメールを
読む時にはemacs+mewってのがあってねとか.しかし問題はこういうふうに
聞いてきてくれる人じゃなくて,普段コンピュータに触りもしないひとの
ほうが抱え込んでいたりするんだよなあ… せっかくの道具なんだから,
もちっと気構えずに楽しむこともできるよ,ってことが伝わればねえ.

さらに忙しいことだが,文芸部のほうに顔を出すことに.結構時間が
遅かったのでまだみんないるかなーと心配だったが,それなりにいた.
新入部員もふたりほどいたが,うちひとりがしゃべるしゃべるしゃべる.
もうひとりがなかなか喋らない.喋るとそれをきっかけにもうひとりが
しゃべるしゃべるしゃべる.うーん,ちょっとバランスが悪いかな?
それなりにみんな楽しんではいるのでよいのだけれど.とりあえずぼくも
新入部員の若さにアテられてしまったようである.あまり時間がなくて
長居できなかったけれどまあそのうち逢うこともあるでしょう.うむむ.

それからセンターに逆戻り.研究室は方針が変わったとかで17時にきっちり
閉まることになったらしい.それじゃ作業なんか出来ないじゃないですか.
で,センターで実際にあれこれ触ってみる.やはりいくら探してみても
メーラらしいメーラはNetscapeしかないのだな… とりあえず自分に向けて
愛情たっぷりのテストメール.いつもテストメールの本文って何も考えず
"test test test, test with love"なんですがやっぱりぼくだけですかな?
どうせ自分が受け取るもんだし.改行いれると字数がぴったりでなんとなく
気持ちいいから長年使ってるんですけど.で,ともあれ送信.…なんか
メール送信にいちいちパスワードを請求されるのがうざい… ぱかぱかっと
入力し,気を取り直して送信.…エラーメールになって帰ってきた.
おかしいなあやっぱりエセ学生だから無理なのかなあと悩みつつ再度送信.
すると何故かうまくいった.めでたしめでたしだが,なぜなんだいったい.
数度試した結果うまくいくことになったのでうまくいっていることにする.

さらにあれこれと試す.なんか結構いろんなものが頻繁に落ちてくれる.
ブラウザとかエディタとか.GNOMEってあまり使わないからわからないけど
デスクトップ環境ってそんなに必要なもんでしょうか… あると便利だとは
思うけど,GUIのファイルマネージャのひとつもあればなんとなくなんとか
なるような気がするのは気のせいなんでしょうか.いや,いいんスけどね.
Alt+SPCのキーバインドがデスクトップ環境に奪われているため,なんだか
学内IRCクライアントのLieceがうまく作動しないようだ.まあがんばって
改造しようという元気な後輩がいるようなのでこのへんも安心でしょー.

ひさしぶりの大学は結構疲れたかもしんない.何が変わったというわけでも
ないのだけれど.単に体力不足なのかもしれないなあ.あう,年ですか?
そして家に帰ってから明日の予習をしていないことに気がつく.うわわ,
いまからやって間に合うのか? この二日間なにやってたんだ… ひたすら
自己嫌悪に陥りながら英文と格闘.OCRと翻訳ソフトで…とか考えるあたり
かなりダメくさい気がする.んなものは持ってないので真面目に頭を使って
読みますけどね.というわけで徹夜かな徹夜だな.来週からはきちんと
計画性を持ってモノゴトに取り組むことにしよう… ああ時間が欲しい.


4/12

痛みで目が醒める.はうはう,また舌噛んじゃったんだ.歯並びが悪くて
よく寝てる時に舌のワキを噛むことがある.電車の中でのうたた寝のときや
ちょっとの昼寝などの時よくある.が.なんの気兼ねもなく布団で寝てる時
これが来るとちょっとわびしいものが.首だって固定されてるのに,なんで
器用に顎が動くんだろうなあ.おかげで舌にホチキスを打ったような感じで
じぉじぉと痛い.このまま口内炎まっしぐらなんだろうな.しみるよう.

今日は授業をとっていないのでのほほんと家で過ごす.とりあえずは週末に
できなかった洗濯のつづき.洗濯機の回る音にひといきついてると,何故か
父親のひとから電話.今日は仕事が休みらしい.で,知り合いの古道具屋で
なんかコンピュータを見つけたので買おうかなというご相談.はあ.で,
どんなんなんや? 「あっぷるのな,5270とかいうふうに書いたぁる」は?
その型番って,あれ? ひょっとして.「ぴー,いー,あーる,えふ,おー,
あーる,えむ,えー,って書いたぁるけど」Performaか! いまさらだねえ.
しかし父親のひと,ぱほーまくらい読んでくれ.アルファベット一文字ずつ
読み上げられてもこっちは面食らうです.電話だから顔は見えないけどさ.
調べてみたらPerforma5270はPowerMac603e100MHz.うーむ,これはちょっと
お勧めしないかも.ちょっと古いよね.これで現役の人もいるみたいだけど
新しくやろうとする場合には… これでプリンタ込でにまんえんですかあ.

今ならごまんえんほど出せばもちっとマシなもんが揃えられるような気が.
せめて200MHzはないと店で売ってるソフトは動かないぞ.それにだいたい
ぱほーまが読めない人間がキーボードを叩けるというのか? 知らないよ,
家庭内サポートなんてやらないからね.でもまあ,その程度の値段だったら
練習用と割り切っちゃえばまあ良いかなって感じか… でもでもやっぱり,
ズブの素人が一から始める時にそんなスペックでいいんですか? だいたい
iMacぢゃないんだから箱開けてすぐいんたーねっと,とか絶対できないぞ.
とりあえずメールが出せれば,とか寝言をかまされるが,モデムあたりも
内蔵されてないんだぞ.なによりISP契約しなきゃいけないでしょうが.
そのへんのことをコンセツテイネイに解説しても要領を得ない… ううう,
恐いよう.どうなるんだろうか… せめて買うならぼくが実家にいる時に
してくれぃ.解説とか指示とか,近くにいないとやりにくいことを痛感.

どうやらそのまま買ってしまった様子… そして,どうやら買ったものの
どうせ使えないからという理由で実家のぼくの部屋に押し込まれるらしい.
せめてなんかトライしなさい.せっかくPerformaならプリインストールで
ソフトいろいろあるでしょ.あ,そういえば初期設定に戻すためのCD-ROMは
ついてるんだろうな? それが欠損した状態ぢゃ中古屋に持って行けないから
わざわざ古道具屋で売り飛ばしたとかそういうオチはナシよ.ともあれ
父親のひとからメールが届くのはいつになることやら.知らない知らない.
次の帰省がとってもおそろしいことになりそうである.帰らんどこかな…

とりあえず文章でも書こう.メールのチェックも.む? なんか後輩から
メールが届いている.日記の漢字表記が間違ってる? あややーほんとだ.
しかしカダラってのは間違いじゃないだろ.ちょっと音韻転倒させてみた
だけなんですけど… 昔は使ってたでしょカダラって.気になって調べたら
京ことばや和歌山方言ではまだ残っているらしい.なぜに和歌山なのか.

乏しい知識欲をぐいぐいっと刺激され,真面目に勉強でもするかなといった
殊勝な態度を見せつけてみる.誰にだ.教材をがさごそ.む.おおかたの
授業でまだ教科書が揃っていないため先生がたが必要な部分のみをコピーし
学生に渡しているのだが,どれがどの授業の教材なんだかわからない…
しまった,受け取った時にとっとと授業名を書いておくんだった.しかも
全部同じノートホルダーにはさんでいる… 弁別にムダな時間を費す.

そして読み始める.気がつくと気持ちよーく眠っていた.マンガか私は.
どうも睡眠のリズムが不規則極まりなくなっているような.え? 問題は
やる気だ? …そうかもね.しかしまあ22時ごろ勉強を始めようという魂胆が
すでに間違ってるのかもしれませぬ.1時間ほど昼寝…じゃあないな既に,
うたたねをして目が醒める.…しまった,また眠れぬ夜になるのか?


4/11

昨夜は疲れていたようで,とっととふとんに倒れこんでしまったのだが
その後がいけない.22時あたりでちょっとだけ眠ったのだが,嫌な夢で
目が醒めると午前2時.こいつは剣呑,明日というか今日も大変だから
もう一度寝なくては,などと思いこそすれなかなか寝つけない.さらに
頭痛がひどい.電気を消した部屋で横になるが頭痛と格闘数時間.しかも
真っ暗なはずなのにめまいが.地面が揺れてるような感じ.うわわー.

4時まではなんとか寝なくちゃと頑張ってみたが,頑張るとこういう時には
逆効果なのである.目を閉じれば頭痛が.この時間から睡眠薬などを使うと
いつ目が醒めるかわからなくなり危険である.しょうがないからいったん
起き出して近くのコムビニへ買いもの.気晴らしに雑誌など買い,それから
酒のつまみなどを仕入れて家に帰る.もちろん酒など飲めないが,ツマミは
昔から好きなのだ.適当に食ってページをめくって,リラックスしたフリ.
ようやく薬なしで寝つけたのは朝の7時くらいだっただろうか.辛かった.

目が醒めたのは10時くらい.ちょっと親に電話をいれる.しかしなんだ,
どうしてこんなに話が長引くかね.別に話したくないとか言うのではなく
用件以外の話がひたすら多い.まあ,こういうところで会話をするのも
親孝行の一貫かと思い電話を叩っ切るようなマネはしないが,なんとも
電話代が… 長距離で40分はツラいでしょ.今度は絶対コレクトコールだ.

身体の調子が最悪のまま学校に.頭の中がウニになりそうな状態でメールを
んぼーっと読んでいると,今セメスターの担当教官から肩を叩かれる.
「しろくまくん」とか呼ばれたようだが訂正する気力がございませぬ.
密談したいと言うことなので院生室のスミッコにて密談開始.…はい?
学会出てしかも発表しろと? まだ1回生なんですけど… 確かにまあ,
2回生で発表とかするハメになると逆に論文の時にツラいっていうのは
よっくわかるんですけど.あんな(not あのような)卒論,手間ヒマかけて
ブラッシュアップしてもどうだかって気がするんですけど.学会発表って
あんなんでいいんスかぁ? いや,ナメてるわけじゃなくて,本気で学会って
行ったことがないからどんなんかわからなくて不安なんです本当に.ぐぅ.
院に上がる時さんざん「院生になったらとりあえずは学会行きまくることに
なると思うよ〜」などと言われていたので行くぶんには覚悟を決めてたけど
自分が発表? おろおろおろおろ.担当教官に諭されまくってなんとなく出る
ことになりそうな自分と自分を取り巻く環境がこはい.頭の中ぐーるぐる.

最初の授業はフィールドワーク.さすが初日だけあって実際の作業などは
あるわけもないが,こういうおよろしくないコンディションの時の授業が
手作業肉体労働だったらさぞやしんどかろ… そして文字化作業の苦労は
過去の授業で体験済みだったりする.ああ今日はなんだかとっても気分が
ダウナーだよどうしてかな.別にヘロインかなんか吸入した覚えはないが.
デジタル機器の取り扱いに関して,MD使ったことがない時点で旧世代人と
めでたく認定されました.しかしMDになるとジャケットサイズが小さくて
あまり魅力を感じないのだな.市販音楽MDの歌詞カードって,いったい
どんなふうになってんだろ.一度だけなら見たい気もする.一度で充分.

そして教室移動することもなく次の授業.Semanticsの授業は絶対に君に
向いているから,と数人の先生に勧められたのだが,とりあえず私には
数学の素養はございません.自分で計算するのが苦手だからあれこれと
一生懸命機械に頼って漂っているというのに.ふあふあ〜.でもまあ,
授業内容そのものは面白かったうむうむ.しかし先生の説明がうまいので
わかった気になってしまうあたりが落とし穴と見た.きっちり自分なりの
具体例を持っておかないとこれはすぐわかんなくなってしまいそうだ…

さらに教室移動することもなく次の授業.3連続は辛うございますよう.
授業内容は英語学の概論.ぼくのように過去に言語学をきっちりやらずに
ここに来てしまった人間にはうってつけの授業ではある.とはいえやはり
テキストは英語,先生に解説してもらうとそれなりにわかるのだが,自分で
イチから読み始めると壁がドミノ倒しのように連続してそびえまくってるに
相違ない.まずは基本知識を詰め込まないといけないようだ.はうはう.

結構疲れ果てて家に帰る.でもこういうときには眠れないもので.身体が
きっちり思い通りにコントロールできないってのは悲しいものであります.


4/10

眠い.ほんとに眠い.許してくれと懇願しそうなくらい眠いったら眠い.
朝からうだうだうだうだと文句垂らしながらだるい身体に鞭打って学校に.
しかし頭とかカラダとかがまだ睡眠なさっているのか,家を出て500mほどで
派手につっ転んでしまう.ちなみに雨だ.服は見事に泥色に染まってまう.
泣きそになりながら家に戻って着替える.あーだるいねむい誰か助けて.

13時からの授業は受講者がひとりだけだったらしい.わー贅沢でええやん.
自分の身にはふりかかって欲しくないけどな.…とかいった軽口をぽむっと
受難者に叩いていたら,その他の授業の兼ね合いから,ぼくもその授業に
出なくちゃいけないことになっているらしい.あーうーもちっと早めに
知らせておいてくださいよう.しょがない,来週から出るしかないなあ.

夕方から授業.内容はほぼ学部生のころやった情報活用基礎のようなもの.
パソコンのスイッチの入れかた切りかた,なんか似たような原稿をこないだ
必死になって書いてたような気がするのは春の陽気のせいかしら.ともあれ
授業内容はおもしろそう.Prologとかやるんですよね? あれいちばん最後は
Finってフランス語でシメるんでよね? わくわく.妙なことだけ知ってる.

次の授業は英語オンリー.先生はわかりやすい英語で話してくれてるものの
やっぱり耳に神経を集中させとかないと話の内容が見えなくなってしまう.
どうやらかなり英文を読まなくちゃいけなさそうで,ツラいよう.いやいや
英語学専攻なんだから,と諭されそうだが.一週間トータルでどれくらい
英文と戦わなくてはいけないのだろう… 不戦敗しそうだ… 無気力…

そう,どうやらカダラの調子があまりかんばしくないようである.家に
帰りつくやいなや倒れこんで眠る.いつもの楽しいうだうだタイムも
そこそこに.そのままちょっとだけ睡眠.そしてまたひどい目に遭う.
その後の詳しいことは次の日に書くことにいたしましょ.なんだかなあ.


4/9

今日もお花見.やれやれひーこらって感じだよ.大学は出たけれど(古語),
サークル等の人間関係がその日からじゃあサヨナラってわけでもあるまい.
実は持ち寄りポットラックパーティーのはずだったのだが,飛び込みなので
持って行くものなしのわるいひとになってしまった.途中でさくら餅でも
買おうかと思ったけど,今日の参加メンバーが何人なのか知らぬゆえ中止.
しかも連絡も会場に着いてからという傍若無人ぶり.何様なんだいったい.

ちなみに会場である公園に向かうモノレール内部はみっちり満員御礼状態.
通勤などの渋滞列車の中にはおとなばかりで子どもはいないのが通例だが
これが行楽地へ向かうモノだと話はそうも進まない.身体が1mmも動かない
状態の列車に詰め込まれた子どもは… まず例外なく不安になる.そして
よほどコンジョの座った子でないと泣くね.だって知らない人が一杯で
それが口もきかずに身体だけが密着してて,しかも背が低いから視線は
大人のベルトのバックルとか腰当たりのポシェットとかにしか届かない.
そりゃ不安にもなりましょう.目には見えないがすぐそばで子どもの嗚咽.
しかも電車が揺れた時に右足の上にベビーカーの前輪が乗っかる.たいして
重いものでもないしほっておいたが,傾いたままのベビーカーに乗っていた
赤んぼも大変だったことだろう.やっぱり人混みって好きになれない.

交通機関がそれほど混雑していれば,当の目的地に人が少ないわけがない.
駅の出口は高い所にあって,そこから大きな公園に繋がるスロープがある.
そこから降りていって歩道橋を渡ると目的地に着くわけだが,その出口から
見下ろすと人が絨毯になっている.スラーの絵画みたいな感じで.恐い.
電話しながらのこのこ歩く.なんでもみんな既に園内に入場しているため
駅まで迎えにいくことはできず,とりあえずこっちに歩いて来て入場して
くれろという話.入場には150円かかるらしい.ただのだだっぴろい広場で
金がとれるんだからおいしい話である.しぶしぶチケットを買うため並ぶ.
…なんか騒がしい.アーミーカモフラージュの服を着た元気なおにいさんが
「看板外せェ」「今すぐ」「どういうことだァ」などと吠えていて,そこを
警備のおっちゃんに諌められていた.…なんだか,やっぱり春ですねえ.

元気なにいさんと困り顔のおっちゃんとの動向を見守りたくもあったが
チケットも無事に買えたし後輩が迎えに来てくれたのでその場を離れる.
実はぼくが駅に着いて電話をかけたころに,もうみんなで場を始めようと
していたところだったらしい.でもぼくが突然来るということでその間
おあずけ状態で待っていてくれたらしい.しろまるくん大感激.というか
待たせてごめんなさい.それ以前に突然おじゃましちゃってごめんなさい.

そしてとりあえず乾杯.しかし昨日の花見でもそうだったが,日本酒って
好かれないのだろうか? みんなワインとかばっかり.今日はビールも少し
用意されていたが積極的に飲まれていなかったようだし.桜とワイン.
そういうもんなんだろうか.花見の貧困なイメージとして日本酒の瓶を
後生大事に抱きかかえた人生にちょっとサヨナラしちゃってるおっちゃん,
というのがあるんですが,これはやっぱり非常に個人的なものですかね.

そして花を見る.食事はなんかたくさん並んでいる.みんなで持ち寄ったら
とても食い切れない量が集まってしまったらしく,ぼくが来て食う人間が
増えたことを歓迎されてしまった.まあ結果オーライなので安心あんしん.
おむすびだのからあげだのをぱくつきながらおしゃべり.主に近況報告.
学校を移って間もないとはいえど,やはりいろいろと話すことはあるもの.
さらに原稿を出しておいたぶんの会誌ができあがっているということなので
丁重におしいただく.巻頭言ナイス.あとがきさらにグッド.なんというか
やっぱり文章ってよいよなと感じる.文芸部はまだまだ安泰であろう.

さて,そろそろお開きに…というところで,駅に向かう.んもーすごいよ
この人ゴミ.こんなモノレールには乗りたくない電車にも乗りたくないと
いうことで一駅ぶん歩くことに.その間ずーっと,こないだ留学先から
帰ったばかりの後輩とくっちゃべっていた.日本語教師になりたいのだが
どーしたらいんでしょねという相談.あーうー,とりあえず前の研究室で
相談すべき人材は揃ってるから覗いてみたら? くらいしか答えられないよ.
つくづく言語学の人間とは思えない状態.だって二人で考えてみたけれど
IPAの正式名称が綴れなかったし.とりあえずもうぼくらの頭の中では,
IPAは「インターナショナル発音記号」ということで話が通じてしまうから
もういいんだい.PのことをPronounce/Pronounciationの頭文字なのだと
思い込んでんだから救い難い.正解はInternational Phonetic Alphabet.
さっき調べたんだから間違いないはずだ.本当に音声学受講してたのか?

一駅歩いて,みんなと適当にわかれてゆく.電車の中では会誌を読んで
あれこれ感想とかツッコミとかを考える.今回はぼく自身が出した原稿数が
めためたに多かったので目次がすさまじいことになっている.量はそんなに
ないくせに短い文章の数だけが多いパターン.こういうの,事情を知らない
他の人が見たらどう思うんだろう.独壇上? 権力の横行? いや権力なんて
持った覚えとかないしなあ.思われ損ってのはあるかもしれないなあ.

南のほうに下って適当に買いもの.それから,昔何度か世話になった店が
明日で閉店というウワサを聞きつけたため,帰り道で寄ってみる.特に
なにひとつ変わったことのない店内だったが,しっかり壁には明日閉店の
お知らせが貼ってある.確かに最近来てなかったけど,知ってる店がもう
なくなってしまうってのは残念.結構いろんな情報源にもなってたのに.
またニュースソース開拓しなくちゃ.こういうのは水ものですから…


4/8

今日はお花見.去年に続いて今年もたくさんのさくらを見ることができて
とってもうれしい.植物とかをぼーっと見るのは好きなので.さーて,
花だ花だ花を愛でるぞう.電車に乗ってごっとごっとと待ち合わせ場所へ.

駅に着いたら,すでにさくらが満開.川沿いにこぼれんばかりに桜の木が
咲いている.良いねえ良いねえ.もちろん,それだけ人もうじゃうじゃと
いるわけだが.待ち合わせ場所にも徐々に人が集まり,会場へ1コマ進む.

会場では既に教授がセッティングをしている.なんか…見たような机が
用意されてるんですけど… 今にもゼミが開かれそうな机が,今日は見事に
ワインボトルや紙コップやバーベキュー用の野菜をのっけているようすは
結構な違和感が.それにしてもどっから持ってきたんですかこんなにも.

さまざまな大学からさまざまな人が先生たちを慕って集まり,そして今日の
宴会は始まる.バーベキューで焼かれてた肉が泣くほどおいしかった〜♪
育ちが悪いのでバーベキューと言えば安肉,という固定観念があったのだが
ものの見事に改心しました.口に含むとじゅっと融けるような感覚.しかも
つけダレはほど良い味付けの手製だったようだ.これが食えただけでも
とっても幸せな一日でございました.ほかの方々はワインとかシャンパンで
よい気分になっていっている.ぼくは肉を食みながら,本来の目的である
花を見ることに執心.うーん.嫌なニュースも流れるけど,この国もまだ
充分に美しいじゃないかと思う.この花を愛でる心があるなら大丈夫.
心があるなら… あ,みんな花なんか見ずに酒をかっくらってるのか…
あまつさえ助教授に「花なんか見てどーしたの? 」と素で訊かれる.
あのー,字義通り花を見ていたんですけど… いや,なんでもないです.

先生方は家族連れで来ていて,普段逢う機会のない奥さんや子どもたちに
ばしばし逢う逢う.特に子どもはみんなの人気ものになっていた.なにせ
みんな子ども好きそうだしねえ… ぼくは小さすぎる子どもってとっても
苦手なんです.なんか,ちょっと気を抜くと踏み潰してしまいそうだし.
よって遠巻きに眺めて観察のみに留める.マン・ウォッチングは楽し.

ほどよい時間になったころ,そろそろ片付けましょうかねということに.
食べたあとのゴミは袋にいれて,机は畳んで… これ,どこの車に積めば
いいんですかね? とか思っていると,教授の家がごく近くだった.よって
そこまで持って行くことに.いやーホントに近い.その後は教授の家で
ホームパーティーに流れ込むことに.思えばパーティーと名の着くものに
参加したのって初めてじゃなかろうか.誕生日すらも祝う風習がない家で
地味に育ったのでなんかどう振る舞っていいものやら基本からわからん.

とにかく適当にものを食べたり,教授の子どもさんと遊んでいたりして
時間がぐんぐん過ぎて行く.お子さんはゲームが大好きらしく,ずーっと
N64で対戦してはずたぼろにされていた.ま,ぼくもゲーム好きだから
それはいいんですが.しかし問題は後半.目を見張るほどの方向音痴である
ぼくに迷路を出題することはないでしょう… 買ったばかりのRPGツクールで
あれこれトラップとか仕掛けまくった迷路を作ったらしく,モンスターとの
戦闘こそカットしてあるものの迷路そのものはそれなりによいデキ.なにせ
すべてのトラップになぜかひっかかるし.ぼくの腕前とか運とかが悪いのも
当然だが,それだけにするとかなり悲しいものがあるので彼の迷路作成の
腕前によるところも大きかった,となればみんなシアワセ.いや,ただ一人
そのダンジョンに悩まされまくったぼくは除外されるべきか….なにせ
「責任持って脱出してくださいね,でないと帰っちゃダメですよ」という
ありがたいおことばで念を押される始末.ぅぅぅ,いぢめられてるよう.
ああ,またスタート地点に戻されてしまった… 宝箱(ニセモノ)の奴め…

そんなこんなで,ずっと遊んでもらっていた(主導者はどっちだ? )のだが
さすがに夜も更けて来たのでおいとまごいをすることになる.あうううう,
明日も花見だっていうのに大丈夫なのかや.体力は持つのか? そして大体
カゼがまだ治らない.咳は止まるのか? 謎だらけのまま明日を迎える.


4/7

朝起きる.実は体調不良が絶好調.つまり絶不調ということである.
頭痛とか腹痛とか派手な咳とかに悩まされながら登坂.当然歩いてでは
体力が持たぬので科学の力に感謝しながらバスだ.軟弱者と笑えばいいさ,
だって本当のことだから.しかし慣れていないもので,満員のバスからは
なかなか降りられないことを身をもって体験.「降ります降ります」と
きっちり声でアッピールしないと,降車ボタンを押しただけではドアに
たどり着く前にいらちな運転手はドアを閉じてしまうらしい.これからは
ちゃんと前のほうに乗ろう… それ以前にぼくがとろいだけかもしれない.

さて,授業が始まる前に文芸部のほうを覗きに行ってみよう.この大学の
文芸部とは,前の大学にいた時に親交があったので何人かとは面識がある.
そこでちょっと顔出しと挨拶.しかし実は活動場所にたどり着くまでが
結構大変だった.なにせ染色体XYなもんで,教室前の廊下を歩いてるだけで
「なに? この物体」的な視線が結構飛んで来るのです.そのうち慣れるのを
待つしかないのでせう,おたがいに… 少々の視線には耐えうるくらいの
強靭な精神力を持たなくては.いつになるやら皆目見当がつきませんが.

そしていよいよ自分が受ける授業が始まる.これでもう大学院生として
後戻りはできないのねどきどき.いや,後戻りしたいというわけでは
決してなく.とまれかうまれ授業.受講者3名.スゴイね.しかもうち
1名は今後受講するかどうかわからない.シビレるね.これじゃあ絶対
代返とかありえません.というか授業休んでしまっただけでもうひとりの
受講生に大迷惑発生ってとこですか? むしろ休まれてしまった時には
マンツーマンのプライベートレッスン? 緊張感に耐えられんかもしれん.
授業内容は社会言語学についてのイントロダクション.そしてゆうべの
午前0時すぎに先生が天啓を受けたとかで,使用テキストが突然英語の
書物に変身していた.そんな天啓を下したおぼえは私にはないぞ.
とんでもない私ゃ神様だよ,などとコントをしていても始まらないが.
…ま,たしかにここは英語学専攻ですから.それにまあ大学院生にもなって
「英語だからわかりません」は通用しないってのもわかりますが…
でももうちょっと前になんか予兆があっていただきたかった.くすん,
頑張って英語の論文に慣れなきゃ… しかも量がそれなりに多い…
これまで日本語の分野でぬーぬーと暮らしてたので英語論文から離れて
久しく,英語を読むスピードがどうしようもなく遅れていることが発覚.
うーん,こんな日記書いてる暇があったらなんとかしなくちゃねえ.

その次の授業は当初の予定を変更しておやすみ空きコマにしてしまう.
授業の内容が濃密だからちょっと脳ミソ休めてあげないとショートしそう.
単位数を計算しながらむーむー言っていたら,その空けてしまった授業を
担当している先生が院生室に.「誰も来ないんだがね,ボクの授業には
受講者はいないのかな?」 …ごめんなさい.でも受講者ゼロって,それは
ちょっとかわいそすぎます.「なにか進路指導などで話があれば,研究室に
いるからいつでも来てください」と言い残して去っていった先生の背中は
少し寂しそうだったかもしれない.なんか自分がめちゃめちゃ悪人になった
気が.でももともとそんな聖人でもないので気にしないことにする(悪人).

今日最後の授業は18時から19時半までというとっても夜型の時間割である.
受講者… 先生が用意したプリントが人数分に足りなかったくらい.うー,
受講者の偏り具合って顕著なのだなあ.心理学の歴史についてあれこれと
説明を受ける.そういや昔心理学の授業を受けてたこともあったなあ… と
昔の思い出にぼにゃりと思いを馳せてみたり.授業聞け.でもやっぱり
心理学って,立場がスガスガしいほど転換してて楽しい.まあそのうちに
楽しいと言ってばかりもいられないくらい授業も忙しくなるんだろうが…


4/6

今日から授業開始.本来は今日授業をとってないので学校に行く必要は
なかったはずなのだが,昨日の事情により先生を捕まえに学校へ登山.

うわあ.女の子がたくさんいるよ.これまで実感がなかったのはただ単に
学生がいなかっただけで,実際に授業が始まってみるといるわいるわ.
そんな中でひとり黙々と坂を登って研究室に向かう.うーん,リアルに
女子大学であることを実感.自分が異物であるというのがよーくわかる.
だからといって卑屈になったりするようなタマではないが.むしろ異物は
異物なりにへらへら生活するのが醍醐味ってもんです.うんたぶん.

端末の前に行くと青画面からNTに戻っている.そのうちまた青画面に
戻るのかもと思うとぞっとする.洒落になってない.NT入れ直してくれて
どうもありがとうございました,と読んでるであろう先生に感謝を表明.
そして再度解凍ツールとかなんとかぱきぱきとインストールしてゆく.
こういう作業が苦痛にならないというのは,まだまだスレていない証拠.

一段落ついたので先生のところにおじゃましにいく.これからの進展とか
方向とか,そういったことをひとくさり.お茶ごちそうさまでした.
学会には顔を出したほうがいいと言うのはよくわかるんですが,どうも
交通費が工面できるかどうかもわからない.貧乏でごめんなさい,ってのは
非常に悲しい謝罪文句であることであるなあ.テープ起こしのアルバイトを
紹介していただいたものの,どんだけつらいものであるか知っているだけに
しおしおと辞退.昔授業でやったテープ起こし,5分間やるのに3時間くらい
かかったような気がするし.うーん,もーちっと身入りのいいバイトって
ないものですかのう.今思うと大学でのサーバ管理はラクな仕事だった…
だってどうせ構築しても誰も使わないんだもん.それなりに普及に努めたし
マニュアルも書いたし宣伝のために勉強会までやったというのに.文系人が
コンピュータを使いこなすようになるまでの道のりは,まだまだ遥か遠い.


4/5

気持ちよい小雨.今日も学校に行って授業の組み立てを考えてゆく.
院生室の自分の端末前に立つと頭の中がいんたらげーしょんまーくで
一杯になる.素直にハテナってゆえ.なにゆえかと問われれば,端末の
画面がなんか見覚えたくもないけど見覚えのあるコバルトブルーに染まって
まぶしかったからである.ぼくまだなにもしてないよう.しくしくしく.
ふと見ると机の上にメモがあるのに気がつく.どうやら先生がいろいろと
便宜を図ってくれたらしく,CapsLockとCtrlの入れ換えとか,NTの上で
XWindowSystemを表示させるとかいろいろな手段をのっけてくれようとして
なんか残念なことになったらしい.うーん… その代わり昨日話が出ていた
X端末が2台ほど降りて来ていた.Iboxって初めて見るんですが… やっぱり
PC-UNIXしか知らない人間にとって商用Unixって未知の領域だなと実感.

ま,いーや.動かしてみる.…動かん.ひどいよぼくなにもしてないよ.
往々にしてトラブル時の「何もしてない」は信用してはいけないのだが,
今回は本当に特に何をしたというわけでもないぞ.他の人も同じような
症状が出ていたので個人的な問題というわけでもなさそうだ.先生に報告.
どうやらOpenWindowでないときちんと動かない模様.ま,twmさえ動けば
なんとでもなるような気もするんですけどね.wmakerはやっぱりなかった.
使いやすいのに… ま,最初のコンピュータ体験が擦り込まれてるだけかも
しれませんが.個人的に.別にいいんだが.Aquaはどうだろ.ぶつぶつ.

さて,コンピュータに貼りついてばかりもいられないので真面目に相談.
うーん… 各先生ごとに言うことが違う… 単位取得に関するルールさえ
それぞれで違うんだからもう何を信用したらいいのか.迷える仔羊は
右往左往してのたれ死ぬのである.いや,死んでる場合ではないない.
担当についてほしい先生に相談に行かねば… と思ってもドアが閉まってて
いるのかいないのかわからない状態.他の先生方はドアの隙間から光が
洩れてたりするのでなんとなくわかるのだが,ぴっちりと閉まっていて
さらに光が見えないと言うことはいないのだろーか.時々様子を見ては
また端末前に戻る.以下数回繰り返し.この時は気づいていなかったのだが
実は光が洩れていなかっただけで先生はどうやらいたらしい.ドアだけ見て
ノックしなかったため結構時間がムダに流れたっぽい.バカだ〜.

ようやくそのことに気づいた時には,もう先生のほうがタイムアウト.
しょうがないので明日お話を,ということに.その後,例のNTマシンを
フォーマットしてFreeBSDを入れてみることにする.かちゃかちゃちゃ.
いや,やっぱりラクだね.インストールがすすすいっと進んでゆくさまは
優雅ですらある.しかし.ネットワーク設定がうまくできなかったのと,
ビデオカードが新しすぎて対応していなかったことの2点にしてやられる.
めそめそ.泣いていてもしょうがないので諦めて下山することにする.
途中他の先生と一緒になったので山を降りながら話をする.むしろなんか
食い下がるという感じだ.いろいろ情報を仕入れてみるが,よく言われる
「フィールドワークはつらいよ,身体がいくつあっても…」というのは
これからの活動に暗雲をたれこめさせちゃってくれちゃっている.ううう.
自分でもこれからどうなるのかなんてわかんないよう.自分が使いものに
なるのかどうかなんてまだわかんないし,と泣きを入れてみたくもなる.
今のうちにせいぜい不安がっておくと言うのもよい経験であろう.

なおこの日記の存在が先生にバレているどころか熟読されていることが
今日になって発覚.存在くらいは知られてても読みゃしないだろうさと
タカをくくっていたのが思いっきり裏目.これじゃあもうなんだかいろいろ
みんな見られてる全部知られてるみんなが笑ってるお日さまも笑ってる
るーるるるるっるるー♪のサザエさん状態.かといって日記の暴走ぶりを
ひかえめにするとつまんないしなあ.そもそも先生のほうから止めないと
いうことは,もっとやれということですよね(短絡思考).まあしばらくは
様子をみながらあれこれ書いてみよう… あーやれやれ.冷汗ひやあせ.


4/4

のほほんとよい天気.そろそろさくらのつぼみもふくらんできたことだし,
春うららららって感じである.のどかに学校に向かう.しかしまあ学校への
坂道はとてものどかだなんて言ってられないのだが.うごーさかみちー.
昨日何も考えずに寝てしまったので,今日は学校でちょっくらこれからの
プランを立てようかいなと思ったのである.我ながら前向きなのである.

しかし.学校にほうほうの体でたどりつくも静かで静かで.学生の姿は
誰一人として見えじ.うにゃら.そーいうものなのかいな.まあいいや,
院生用の端末でごりごりいろいろやって遊ぶもんね.当初の目的をすでに
ここらへんから見失っている.人はこうやってものごとを忘却するのです.
ひとまずOSはねあんでるたーるてくのろじーのブツなので,適当にフリーの
ソフトを漁る.あ,ここ解凍ソフトもないのではないか.まずはそこから,
解凍用のDLLとか通信ソフトとかもちゃくちゃと放りこんでゆく.しかし,
冷静に考えると現在使用中のアカウントって個人名義じゃないので勝手に
あれこれやってしまうのはどうかなと考え直す.アンインストールはすぐに
できるから,とほったらかしてログオフ.こらこら.とにかく本来の目的を
果たさねば,とシラバスとにらめっこしましょ.笑えない… 履修システム
いまいちまだよく理解してないため,なんか頭が混乱する.こういう時には
わかる人に訊くべし.ということで先生のところへ行けばいいのだうむむ.

先生がたの研究室は廊下をはさんでずらーっと並んでいて,しかも窓のない
ドアのため中の様子を窺い知ることもできない(当り前だ).そのために,
どういうタイミングで中に入ればいいのか臆病で小心物のわたくしなどには
とてもとてもいやはやまったく.述語がないぞこら.ま,普通にノックして
普通に入りましたけどね.そして単位数とこれからの見通しを考えながら
アドバイスを拝聴する.うまく取れば週のうち登校日は減少するようだ.
しかしその休みの日も予習復習しないととーてーついていけないはずなので
別にわーいお休みだホリデイだ遊ぶもんね寝るもんねふふふー♪という
わけにもいかないのである.学生の本分は勉強ということになってるし.

相談のついでに,新しいアカウントを発行してもらう.前々から作成は
されていたものの,パスワード設定とかをしていなかったので使えないまま
そっとされていたものである.てきとーにパスワードかたかた,はい終了.
あとはUnix端末なので設定ファイルをこりこりと書きまくることになる.
あーしばらく忙しくなりそう.勉強もだけど環境構築も重要だしねえ.

.tcshrcとか.emacsとか.yatexrcとか.cannaとかと格闘.うーむ,imsetupが
ぜんぜんうまく動いてくれない.誰も使ってないから気づかれていないのか
それともただ単にパスとかそのへんの問題なのか.また今度訊いてみよう.
せっかくここからメールが出せるというのに,imsetupが動かないと今度は
mewが使えない.いまさらmhとか使わないし.mnews? それもどうだろう.
いちおう先生のオススメはWanderlustなんだが,それもまだ設定方法とか
わからないので今日は様子見.なにせX端末が手元にないもので,Xemacsが
使えずWanderlustのうまみが全くない状態.だったらmewでいーぢゃんと
思う私はコンサバなのであろうか.まー,頑張って調べてみなくては.
なお,viでちょこまかやってるときに誤ってウインドウを閉じてしまい,
メール環境も整わないままviによるお知らせメールが届いてしまうのは
かなりわびしくせつない感情をひきおこすことが発覚.寂漠茫漠ばくばく.

ぴちぴちとキーボードを叩いていると,別の先生がやってきた.話を聞くと
どうやらX端末がひとつ空いているらしく,それをこの院生室に持って来て
専用で使わせてくれることになるかもしれないらしい.わーいわーい.
しかしそのついでにキーボードもなんとかなりませんかねえ? もうやっぱり
Aの左隣にControlのないキーボードは耐えられないんです.軟弱者だから.
Emacsなんて左手小指を酷使するモノなんだから,やはりControlの位置は
きっちりこだわらせてもらいますえ.うーん,HappyHackingを自費で買って
持って来るのが一番ぐぅな気がするのだが高いしなあ.ならばLiteか?


4/3

さて入学式.つつがなく準備を整えのてのてと学校に向かう.山登りバスに
揺られてなにげなく外を見る.のののののののーっと続く女子大生の群れ.
うーん圧倒されてはいけない.ぼくだって女子大生ではないか.仲間仲間.
かなり違う気もするがとりあえず女子大生なのは事実だもーん.むこうが
仲間だと思ってくれるわけはないに500ユーロ掛けても問題なさそうだが.

バスを降りて少し歩く.女子大生の下り行列はまだまだ続く.そこに紛れて
ちらほら見える男性が数人.おそらく近くにある大学から出張していろいろ
勧誘のビラを配る悪の一味に違いない.罪はないがとにかく歩くのに邪魔.
おとこのこもおんなのこもかき分けながら校門をくぐる.相変わらず門番の
守衛さんは顔を覚えてくれていない.新入生です,ときっぱりと述べると
例のビラ配り男子学生がおろろいていた.君とは身分が違うのだよ身分が.
などと心のなかで意味もないヒエラルキーを構築しながら式の会場へ.

…と思ったが,時間がかなり早かったので食事を取ることにする.とにかく
食事は生活の支柱です.食事がヤバかったら生活は揺らぎます.とゆことで
精力的に市場調査開始.食堂を捜し当てて一家なぶり殺し丼を注文.一般名
親子丼と呼ばれる物であるがぼくにとってはおかあさんとその腹を痛めて
産んだ子どもが仲良くツブされた結果の産物ということになっている.や,
親子丼好きなんですけどね.やっぱ一族郎党みな殺し丼の印象がどしても.
それでも食うでしょ? 食物連鎖ってそゆことよね? なぜシマリス口調なの?
で,前の大学と圧倒的に違うのは肉の量.学食の親子丼ってのは目に見えぬ
トリ肉を探し求める素敵な男のロマンが漂うものであるというのは大きな
勘違いであったらしい.おお,食っても食ってもかしわがころげてくる.
しかもちゃんとおいしい.前の大学の学食に食生活改善を訴えるための
ポスターに「足りないのは,野菜です.」と書いてあるのに対してみんなで
「足りひんのは肉じゃぁ」と声を荒げていた日は遠い話である.しかも,
テーブルの上にある学生への告知は「過剰なダイエットはリバウンドを
ひきおこします,正しい食生活で美しくなりましょう」とかいった感じの
女性をメインターゲットに据えた文句が並べられている.…女子校だから
あたりまえなんだが.やっぱなんか世界が違いますわ.うひょ〜って感じ.

そして入学式.カトリックだっけプロテスタントだっけ,とにかく礼拝堂で
行なわれる.時間を潰したつもりだったがそれでもまだ誰も来てない…
とりあえず入口でうろうろしてると入場を促される.はいはい,前から順に
座ればいいんでしょ.しかし.相変わらず身体の調子は最悪で,咳が出る.
そしてパイプオルガンの設置してある礼拝堂.音響効果バツグン.うわわ,
一つの咳がエコーかかってわんわんわんと響く響く.我ながらやかましい.
止めようとすればするほど響く響くげほがほごほげほ.やってられません.

そして入学式の始まり始まり.あらかじめ渡されたリーフレットには,
予想通りではあるが楽譜が.そして響くパイプオルガンの音色.そうです,
賛美歌を歌わねばならんのです.楽譜を追いながらいっしょけんめー歌う.
しかし喉を使うと咳が.しかも聞いたことない曲なので譜面とにらめっこ.
そして2番にも3番にも入っているのに間違えて1番の歌詞を歌ってしまう.
だって譜面の中には1番の歌詞しか書いてないもんよ.その後聖書の言葉,
祈祷と続く.祈祷っつってもやんごとなき身分のかたの病気が治るように
不眠不休で火を焚いて踊るようなやつじゃない.この学校に入学して来た
すべてに学生に幸いあれと祈るタイプである.うーん,なんかものすごーく
場違いな感じがしてしまう.普段ばちあたりな生活送ってるからかなあ.
そして学長式辞,学歌,主の祈り,祝福,さらに別の聖歌をもいちど歌って
入学式全体はおしまい.とにかく荘厳.ひたぶるに謹厳.肩凝りました.

そして院生全体のミーティング,それから専攻ごとに分かれてさらに授業等
いろいろなミーティング.その間もげふがふぐひごはと咳が止まらなくって
周囲にいらん迷惑とか心配とかかけまくり.ごめんなさいごめんなさい.
なんか世界じゅうに謝っている.とにかく話を聞く限りでは,授業内容は
それはもーへびーではーどでたいへーんな状態らしい.32単位取ればまあ
卒業件数を満たすわけですが,この単位数でもそりゃあもう大変らしい.
うーん,ちょっと気を引き締めなくてはならんらしい.なにせこれまでが
スチャラカでスーダラでテケレッツのパーな(死語かける3)学生だったし.

ミーティング終了.院生の研究室を見せてもらう.うひょー,学生一人に
端末一台.きゃー素敵ステキよこれまでとは大違いだわ.だからなぜ口調が
変化するか年男越えたくせに.で,ひとりひとりにアカウントがもらえる
わけであるが,すでにぼくはshiromalで予約されているようである.さらに
すでに先生がたの間でもぼくの呼び名はすでに「なかむらくん」ではなく
「しろくまくん」と… 違う違うちがーう.断じて違う違う.先生それは
間違っています.shiromalはしろくまとは読めませんしろまるです.どうも
最初に先生のうち誰かが読み違えて,それがそのままおもろいやんと定着,
基本的に「しろまるくん」だが気が向くと「しろくまくん」になるらしい.
そんな気向かせないでください.ていうか本名で呼ばないんですかぁぅぅ.
前の研究室では最初なかむらくんで,あくまで徐々に,あくまで漸時曲線を
描きながら「しろまる」が定着してったというのに,今回はいきなりしかも
歪曲されて.ぼくのでれけーとなはーとはこっぱみじんさべいべー.

ショックにボーゼンとしていると,歓談会ということでテラスにテーブルを
運んで,ワインとチーズでおもてなし.いちいちやることがこジャレてて
それはよいことなんだが,ワインもチーズも苦手である私めと致しましては
身の置場がないわけでございましてですね.せむかたなくクラッカーのみを
ぼそぼそとかじりながらほかの学生のみなさんとか先生がたとおさべり.
なんかすでにほかの学生にも「しろまる」の名称が普及している.早いぞ.

シラフでいつまでも外にいるとちょっと寒いので中に戻ってみる.あれれ,
先生がたはどこに.あ,コンピュータルームが開いている.ちょっと中へ
入ってみよう.先生がなんかコンピュータの管理者をどーするかについて
しゃべっている.「あー,そういえばそのへんはしろくまくんがいますし」
だーぁかーぁらーぁ.しろくまじゃないってば.もうなんかいらん概念が
インプリンティング完了されているらしい.見た目がくまだからさあ,って
せっかく今朝きれーにヒゲ剃って来たっていうのに.もうやっぱり面倒だし
ぼさぼさの伸ばしっぱなしで構いませんねくま扱いなら.知ーらないっと.

その後さらにお食事会もあるらしい.のほ,とりあえず便乗.お金ないけど
まーなんとなくなんとかなるでしょ.みなさんワインをしたたか飲んで
気が大きくなっているので,とりあえずほぼ全員が参加という方向で.
キャンパス内の坂道を歩く足取りがおぼつかない人数名.大丈夫なのか?
さらにまだこの場所に来ていない何人かのために電話連絡攻撃.しかし,
携帯持ってるのがぼくだけだったからって,うまい連絡手段として使うのは
やめてください.いや,使うのはまったくもって構わないんですがいきなり
「あ,この電話はね,しろまるくんのだからね」と嬉しそうに言うのは
どうでしょう.しかも電話の相手もそれで了解した上に理解の方向は見事に
当たっていたようだ.うーんなんだか釈然としないぞ.新入生なのに.

で,宴会.中華料理はあいかわらずおいしうございました.うまうま.
なぜか新入生のいもーとさん乱入でさらに楽しく.うーん17歳かあ.
不思議な子だったがこういう育ちかたもアリなんだなという印象である.
よい子であるに越したことはないんだよ人生なんて.などとじじいのような
ことを考えながらエビにハシを伸ばすのであった.いやーそれなりに満腹.

帰りの電車の中でも他の研究生のかたがたとあれこれお話.どうやら
年の割に落ち着いて見られるらしい.うーん,それって,よーするに
わかりやすーい言葉で「老けてる」っていうふーに言い替えられるよな
タチのもんなんでしょうか.いや,もう,別にいいけど.しかしまあ,
本人が言っていたからここでネタにしてもいいんだろうが「年いくつ? 」と
訊かれなくなったときから女性は自分の周囲にまつわる空気が変わったと
認識すべきだと言う意見はなるほどーと納得.うーむ,深いざんす.

家に帰ってから今日受け取った資料などとにらめっこ.しかし喉は痛いし
疲れているしで,明日からの行動に期待.日記書き終わったら寝るですよ.


4/2

さてはて.明日はにぅがくしきだというのに相変わらずぼけぼけで過ごす.
特に何の用意もしてないし,あ,ネクタイ買えばよかったかな.てなくらい
うっかり暮らしている.ネクタイなんて滅多に買うもんじゃないしねえ.
家事しながら窓の外を見ているだけで時間が過ぎる.ああ無為無為.

ま,いつまでもヘロイン中毒患者のように寝てばかりもいられないので
適度に外出.まだこのあたりは慣れないよう.毎日が探検気分.しかも
道に迷ったら帰れる保証はどこにもないぞ.まさに男の冒険って感じだ.
かなり違うことは重々承知しているので余計なツッコミを筆者は嫌う.

あっちゃこっちゃ巡っていても今日は大した収穫なし.帰れるうちに
うちに帰る.いったん迷い出すときりがないからなあ.で,帰ると同時に
また気分が悪くなる.うーん,明日は大丈夫かいな.目まいとか嫌な汗とか
頭痛とか視野狭窄とかふらつきとかもたつきとかゆらつきとか.うぐう.

そしてしばらくのあいだ昼寝.すでに昼寝などと言うのんきなものではなく
伏せってると言ったほうが正しいのかもしれないなあ.とにかく睡眠.
ここまで体調悪くても熱がないってのがツラいところであって.やっぱり
人間の健康尺度って熱が最初に来るので,いくら気分悪いーと訴えても
熱がなかったら同情されないのだね.いや,同情を求めてるわけじゃなく.
なんとなく不条理だなあと思ってしまったので.思いつき思いつき.

で,目が醒めたら22時すぎだったりするんだなこれが.これからどうやって
寝ればいいんだよ.明日の入学式寝すごしたらえんえんえんと祟られる…
じゃなくて,授業の実情とか内情とかシステムとかがわからないまま授業に
突入して右も左もわかんなくて要領の悪い子になってみんながてきぱきと
進むところで置き去りにされてへたりこんでぐじぐじ泣いてしまうわけで.
うーんいいぐわいに妄想が暴走中.…だから,とっとと寝ろ.眠らないと
明日が大変だぞぉ〜.しょうがない,秘密道具に頼ってみるか…


4/1

エイプリルフールだエイプリルフールだ.しかし現状ではからかう相手も
特にいないので,ぬほーんとした日を送ることに.しかしまあなんとなく
このままではいけないと思い立ち,家で融けかかってうずくまる生活から
ちょっとは外に出てみようかと考え直す.ちぅわけでおでかけおでかけ.

しかしまだ転居先方面の都心部を漁るような元気はなく,古巣と言うか
なんというか,引き返すようにしてもちゃくちゃと歩き慣れたあたりを
うろつきなおし.やれやれ.大きめのゲームセンターでぼーっと時間を
潰していると,なぜか後輩に出食わす.やーやー久しぶり.てなわけで
ちょびっと遊んでもらう.基本的にふたりとも音楽ゲーム畑の人間なので
あれこれと踊ったり叩いたり回したり.また他の人のを見学してみたり.
けつろん.ゲームの発展は早く,それに食らいついていくのもしんどい.
別についてかなくてもそれなりに楽しめればそれでいーぢゃん,てなとこ.
それでもねえ,多分新製品が出たらとりやへづやってみるんだろけどね.

なにげなく寄ったCDショップ.某シンメトリックなCDが発売されてたが
見事に売り切れ.ほほうと思い他のショップに行ってみる.売り切れ.
なんとなく意地になる.巡る.売り切れ.ムキになる.回る.売り切れ.
うーむ.7軒めぐって全部売り切れ.負けた.発売は昨日だったはずなのに
すでに.人気あるのだな.最後に回った所で本日夕方再入荷初回限定アリと
ポップが立てられていた.ほうほう.ここまでつきあってしまうとなんだか
欲しくなって来てしまっているので財布を確認して買うことにする.そして
入荷時刻16時30分.おお,台車に段ボール箱が積んである.あれに例のCDが
どどどーんと詰められているのだな.ん? なんぢゃこの人の群れはどっから
湧いて来たんだぁ? 段ボールが開かれると同時にわらわらわらーっと行列.
ここは旧ソビエトの配給所じゃないんだからさあ,と言いたくなるほどに
見事に行列が行列で行列になっていた.たったひとりのアーティストの
CDを買うために一気に80人くらいが行列.なんかすごいもんを見たような
気分だ.ん,や,ぼく自身もハタから見たら同じ穴のムジナなんだろな.
とりあえず混乱に乗じて予約もせずに初回限定版の入手に成功.ラッキ.

家に帰って休息を取りながらCDを聞き胃に優しい料理をのこのこ作る.
しかしなかなか咳が引かない.とりあえず喉をなんとかしないとこれは
そのうち腫れるぞぉ.心配しながら料理をはむはむ喰む.…あう〜,
舌火傷.もう口蓋も舌端も咽喉もあらゆる意味でずたぼろでございます.
そのうち落ち着いたら病院に行くことにしよう… おとなしく.


back.