日々のあぶく 01月


1/31

病院へのこのこ出かけて行く.喉が痛いと思っていたら,今回は鼻の方が
悪いらしく,その負担が喉に来ていると言う話であった.抗生物質を貰って
とっとと帰ることにする.これ以上悪いとこが増えられても困るんですが.

家で横になっていると,精神的になんかぞわぞわしてきたので薬を追加.
ちょーっとこのところ不安定気味.どうにもならないんですけれどもね.
冷汗とか寝汗とか油汗とか,決して心地よいとは形容しがたい類の汗を
理由もなくかいてしまう.こういう気分の時は寝るのが一番いいんです…

適当にごはんを食べて,決められた範囲内の薬を服んで,騒ぐ心を抑えつつ
安静に過ごす.薬がなければ僧侶のような生活である.刺激物摂らないし.
そんなこんなでそろそろ日も変わるな,もう1月も終わりか,などと感慨に
耽っているときに思い出した.文芸部の原稿提出締切って1月末でしたね.
ということであれこれ文章を引っ張り出してきて原稿提出.最近書いたのは
気分が暗くなるばかりのモノなので提出をいくつか自粛.ま,しばらくの間
熟成させといて,気分が楽になった時に掘り起こして手直しすればいいや.

今日のフレーズ:私のことは何も言わないでただよろしくとお伝え下さい.


1/30

せっかく治ったと思っていた喉の調子がまたぞろ悪くなって来た.別に
なにが悪いと言う原因も思い当たらないのだが.それもこれもストレスの
せいにしてしまうのもアレなので,きっとなにか身体が SOS のひとつも
発しているのだろう.虚弱だぞ自分の身体め,このやろうこんちくしょう.

今回もたぶん風邪だろうか.おかしいなあ,そんな不養生してるようにも
思わないんだけど.ただ単純に太陽の光に当たってないとか,それくらいの
ものですよ不養生って.さんざん言われていることではありますが,食事は
それなりに摂ってますから….むしろ動かないから肥えてしまってますよ.

メールチェック.おや,院の先生のお父上がお亡くなりになったらしい.
この場を借りてご冥福を祈らせていただきます.黙祷.そういえば,うちの
父親のひととか祖母のひととかはお亡くなりになったりしてないだろうか.
先日電話をかけたときには姉のひとが出てびっくりしたが.一家六人総出で
あっちへ出向いたらしい.いつまで滞在するのかまでは訊かなかったけれど
それはそれで心強い話ではありませんか.でも人間って命がなくなる時って
音もなくふっと消えちゃうからなあ.…心配していてもはじまらないです.
そしてすべての消えてゆく命が,神さまでも仏さまでも誰でもいいから,
そーいうものの手によって安らかな場所へとたどり着くことを祈るのみ.

今日のフレーズ:方法なんていくらでもある,んだけどね.


1/29

ひさびさに郵便受けを覗いて見る.…という書き出しだけでどれほど外へ
出ていないか察せられたし.やちゃこちゃダイレクトメールとかが詰まった
郵便受けはなんかもううんざり.見るべき物と言えばとある先輩から来た
絵はがきぐらいである.しかしこの文面,微妙ですな.うーむと唸り込む.

メールならまだいろいろとなんとかしようもあるのだが,郵便局に行かんと
話がはじまらない用事がいくつか溜まっているのだよ.しかしこの近くに
郵便局は… あるにはあるけどちと遠い.ああ,封筒とかも買わなくちゃ,
とか思っているうちに「また今度にしよう…」と力なくしほたれてしまう.

別に外に出たといってもはるばるどっかに出かけたわけでもなく.近所の
スーパーなどで買い物をしてそそくさと帰る.先に散歩ぐらいしておけば
よかったかなと思う.買い物袋下げてうんとこどっこい言いながらあちこち
歩く気にもなれませんから.家に帰り着いた途端に解放感が.逆でしょ.

今日のフレーズ:年齢ってどういうふうに過ぎて行くんでしょうね.


1/28

こないだ日記に書いた,Mule 使用時に $ ばかりになるという症状について
友人からアドバイスあり.なるほど,スクロールしてただけだったのか.
この場を借りて多謝.そしてまた,閉塞中の図を見て心配になったらしく
メールを送ってくれたひとびとがけっこうな数いらっしゃいまして.非常に
ありがたい話でございます.やはり文章でこねこね書くよりも,一枚絵を
ぽーんと投げたほうがわかりやすいんですかねえ.でも,あの絵を写真と
見間違いましたよ,というお便りはどうか.褒めていただいてるのはとても
うれしいんですが,あれはいちおうデフォルメしてるつもりなんですよ.

あと,あまりにも心配されているのでひとこと.あの絵の前景の格子は,
網戸を至近距離から見たもの,ということにしてみましょう.ほうらこれで
あなたも安心.あんまりムチャな心配はしてくださらなくて結構ですよ,
思わずこちらも恐縮してしまいますから.でもありがとうございます.

今日のフレーズ:あの看板じゃ開いてるものだと思うよなあ.


1/27

久しぶりに楽器を弾く,夢を見る.もう弾けなくなってるんだろうな.

昨夜薬を服むのを忘れてたのだが,ちょうど眠くなってきたところだし
最近そこそこ調子いいし,まあいいかあたまには薬抜いてみるか,などと
思ってしまったのが運のつき.昼ごろまではシンプルな偏頭痛にうーうー
うなっていたのだが,変化が起こったのは夕方ごろ.いきなり恐慌現象が
あらわれてしまい,本当にろくでもないことばっかり頭をよぎっていく.
いかん,このままじゃ死ぬぞいろんな意味で.と思ってあわててかばんを
漁りまくり,安定薬を服みこむ.ぜーはー言いながら,あとはしばらく
ヘッドホンで大音量かまし音楽などに没頭し,現実逃避の旅に出発する.
考えちゃいけない考えちゃいけない考えちゃいけない考えちゃいけない….

ということでなんとか嵐をやり過ごしましたとさ.とっぴんぱらりのぷう.

しかしかなり精神的にやられてしまい,からだもぐったり.こりゃ下手に
起きてるよりは,ということで睡眠薬を使って寝ることに.寝てさえいれば
何も考えずにいられるし.もうこれ以上頭の中が暴走するのは厭なんです.

今日のフレーズ:いつになったら忘れられるんだろうね.


1/26

気晴らしにひさびさにらくがきをしてみる.本当に久しぶりであるが,
現在のところイチからせこせこ描く気力はないので,以前描きかけのまま
ほったらかしになっていたものをうらうらといじって完成させてみた.
やっぱり陰鬱な方へベクトルが向きがちだが,まあ客観視できてるだけ
マシってなもんでしょう.そういうことにしておいてください.あうう.

ここんとこ夕方過ぎると頭痛が.昼の間にいろいろ考え込んでしまう結果
その蓄積がそうさせるのだろうか,などと邪推.真面目に生きてるんだか
不真面目に生きてるんだかわからないぞ.頭痛薬を服んで安静に過ごす.

書きかけの文章がまたロストしてしまう….Mule でいきなりすべての行が
$一文字になってしまうというのはどういう症状なんでしょうか? なんか
yahtml を使用中,リージョンをコメントアウトしようとする時に集中して
起こるような気がするんですけど.Undo も効かないし,誰か原因教えて.
まあマメにセーブせずに書き飛ばすほうが悪いんですけど.成長しろ.

今日のフレーズ:弱いからやさしくなるしかないんですよ.


1/25

なんだかメールが少ないな,と思っていたら,ML管理者から電話連絡.
どうやら bun109 に出したメールがすべてはねかえってきているらしい.
ひさびさになんか仕事らしい仕事に手を掛けたような気分.でもなぜか
bun109,サーバとしては快調に動いている.とりあえず exim を再起動.
ひとまず治ったのでよしとしよう.で,そのついでにメールチェックを
つらつらとやる.返事を出さなくちゃいけないメールが溜まってるんだが
いろいろ考え込んでしまいなかなか筆が進まない.筆っていうんだろうか
この御時勢.指が動かないというか,タイピングにキレがないというか.
や,要するに頭が働いてくれないだけなんですがね.…しくしくめそめそ.

日記だったらしょせんは誰に宛てたモノでもないので,好き勝手に書いて
読むのは勝手に盗み読みしてね,と言い張れるんだが,これが個人に宛てた
メールとなると….誤解を恐れてしまったり曲解に怯えてしまったり,と
以前冒したコミュニケーション崩壊によるトラウマは大きいようである.
そんなもん抱えていながらそれ自体を研究対象にできるのかね.うーむ.

アルバイトのいろいろとか,単位のあれこれとか,早く決めないといけない
ことが山積みなのだが,動けない.自分のだらしなさのせいで動けない.
考えすぎてもしょうがないけど,考えなさすぎるのはもっとしょうがない.
ブツブツ考えてたらまた熱が出て来た.そんな体質が情けなく思います.
ほかにも「刺激物に異様に弱い」とか「体内時計がずたぼろに狂う」とか
「方向感覚・距離感覚がおかしい」とか,そのへんなんとかしたいですな.

今日のフレーズ:はっ,もう終わってるやん.どうしよ.


1/24

社会復帰を目指すべくリハビリを続行.外に出て人に慣れないとダメだし.
ふらふら散歩などして,ほけーっと過ごしてみたりする.思えばこっちに
引っ越して来てからもいろいろ忙しいこともあり,家の周囲のことなどを
なんにも知らないのである.いくら出不精だからとはいえ,なんか欠落して
いやしませんかその生活と言うのは.で,少し寒いけれどもベンチに座って
ぽやぽやしてみる.風が冷たいなとか,空が濁ってるなとか,そういった
毒にも薬にもならないようなことを考えてみるというのは悪くない.でも
生活力はないけどさ.明治期の小説に出て来る文豪とか,その書生さんの
ような生活ができたらいいんですけどねえ.この御時勢ではただの憧れ.
…っていうか勤労意欲というものがないんですかあなたってひとはもう.

その存在すらよく知らなかった家から歩いて数分の場所にちっこい古本屋が
あったので突入.…とくに見るべきものもなかったけれどなんとなく数冊
買い求めてみる.最近消費行動ばかりしてますが家計は大丈夫なんですか?

家に帰るとやっぱりはふーっと疲れが湧き起こって来ますね.布団の中で
ころりんと丸くなって本を読み,ひさびさにいろいろ書きものなどする.
こういうときにはディスプレイに向き合うより,紙にペンでちゃらちゃら
書いてたほうが好き勝手できてよろしい.しかし今日はほんとになんにも
まとまらないまま書き散らしに終始.頭の中がもやもやしてるんですよ.

今日のフレーズ:端から見たら絶対住所不定無職の不審な男性だよなあ…


1/23

昨日おとといと外出が続いていたのが災いしたか,軽く気が沈んでしまい
うずうずと家に閉じこもる.薬を服む前から眠気がやたらさしてきて,
かなりの時間お昼寝をしていたことになる.イタリア人でもないのにね.

目が醒めたら夜だったのでしばし呆然とする.そんなに寝てたのかよ.
ぼくの抱えてるのは入眠障害の一種であるため,眠くなり出せば途中で
目が醒めることはあんまりない.おかげでこういう時にはろくでもない
時間まで寝続けることになるんです.やれやれ.うちひしがれていても
しょうがないので,頭の体操としていろいろやってみる.が,なんとも
おばかさんなミスをたくさんしてしまいかえってうちひしがれ度アップ.

一般的にちと宵っ張り,という程度の時間にまた眠気が.体内時計は一体
何をやっているんだ.でもうまいタイミングなので機を逃さずに就寝を
キメることにする.こういう苦労,わかってもらいにくいんだろうなあ.
もちろん睡眠薬でトドメをさしつつ,朝起きられる生活を夢見ながら.

今日のフレーズ:Sustem.out.println… あ.


1/22

珍しくも午前中に目が醒めたので雑務をばたばたと.それからひさびさに
いろいろ役に立たない知識の復習をしてみる.なんというか,どうも覚えて
ないことがたくさん.きちんと根幹から理解してなかったんだなーと実感.
もう少しきちんと知識を整理して詰めれば,もちっと役に立たないという
立場からそれなりに役に立つものへと進化してくれそうなんだけどなあ.

少し気分が落ち着いていたので食糧品を買い込みに行く.タイミングを
うまく合わせないと買い物にも出られない,ってのはよくないよなあ.

友人から電話がかかって来る.最近電話ばかりしているように見えるかも
しれないが,事実その通りなのだからしかたがない.あとはんぼーっと
フヌケた生活ですから.絵に書いたようなゴクツブシの生態.ともあれ
電話によりいろいろ近況報告など.やっぱり日記が滞っていると死んでや
しないかという不安を皆に与えてしまうらしい.気分が重い時には確かに
文章書く気力も萎えるんですが,生存証明のためにも書かんといかんな.
逢わない友人のほうが多い,というのは何とも不思議な感じではあります.

その後以前相談した先輩から就職についての御連絡.いろいろ話すうちに
自分がどうしたいのかよくわからなくなる….仕事の話をしつつも授業の
ことが気にかかる,といった中途半端っぷり.あげくのはてには先輩の方が
長時間の電話で疲弊するといったありさま.どうしたらいいんだろうなあ.

今日のフレーズ:マニュアル書きとか向いてるかもしれませんね.


1/21

先日面白がってもっとやれもっとやれと煽っていたら自分にもみごとに
降り掛かって来ました,友人のよからぬたくらみ.ということで今日は
映画をみるためだけに小旅行に出かけることに.大丈夫なのか体調は.

起き抜けにぎっちり薬を服んでから勢いでドアを開け駅へと邁進する.
鞄に詰め込んで来た本をめくりながら待ち合わせの駅へとたどり着くが,
友人からの電話により少し遅れるかもと言う話.その間に銀行に寄って
金を下ろしているとさらに電話.なにやら人身事故が起きたらしくさらに
足留めを食らっているというはなし.…なんとも幸先のいいスタートだ.

現在の状態のことを抜きにしたとしも,普段ほんとに出不精でありなおかつ
旅行と言うものに縁もゆかりもない生活なもので,電車に数時間も揺られて
どっか出かけるというのはここまで生きて来てはじめての経験ですことよ.
ゆえになーんにもない駅で乗り継ぎのため長時間足留めを食らわされたり
さらに途中下車なるものができるというのをはじめて知る.ごめんなさい
社会的な常識のどっかがかなり欠けてるんです.途中下車先の駅前はもう
なにをどう贔屓目に見ても昭和の御代から時間が止まってそうな雰囲気で,
時間潰しにでもなるだろうと立ち寄った本屋では捏造事件以前に出版された
日本史がらみの本がまだ回収されずに残っていた.だいじょうぶかこの街.

旅慣れた友人に引っ張られるようにして目的地到着.郊外型のバカでっかい
ショッピングモールに映画館をはじめいろいろくっついてまーす,という
雰囲気.このへんの人口のほとんどは娯楽施設としてここを利用したりして
クラスメイトとかと簡単にはち合わせしてしまいそうな感じの一極集中型
消費生活促進テーマパークである.今回は友人の企画ということもあって
映画代くらいは出しますよ,というお話だったので素直におごってもらう.
で,それから上映時間までしばらくあたりをうろつき,上映時間10分前に
映画館まで戻ったらチケットが見当たらない.ポケットというポケットを
まさぐれるだけまさぐりまくったがどこにも見つからない.泣く泣く自腹で
チケット再度購入.まるで漫画のような展開だが事実だから笑えません.

映画はまあ期待通り.酷すぎて笑うしか.いろんなもんが空回りしていた.
これでまだ続編もさらにその次も作るというからなんともはや.ていうか
ぼくはこんなもんを見に来るために長旅してきたのかと思うと脱力する.
もともと脱力が企画の中心であったため,狙い通りではあるのだがしかし.
まあ友人のいう通り「いい気分転換にはなった」からよしとしましょう.
しかしよおこんなもんに誘いますな.解ってて乗ったぼくも悪いんだけど.

帰りのバスや電車のなかでも映画の批評とか分析とか.途中でまた長いこと
電車待ちをやらされてしまうが,友人のおかげでひさびさに喋りました.
映画の毒気に当てられたのか,旅先という目先の変化なのかわからないけど
まあ元気であったことは確かである.めちゃめちゃ疲れましたけど,ね.

今日のフレーズ:なんだか気分がくさくさするんだよぉ.


1/20

ちょっと気分が沈みがちだったので家で鬱々と寝ていると,非通知設定の
電話が鳴る.前と同じ理屈で思わず取ってしまう.非通知電話に出られる
ようになったのだと精神状態の復調を喜ぶべきなのか,それとも単なる
ねぼすけのうっかりさんなのかは微妙なところ.こういう隙をつかれた時に
猛烈な悪意とかに触れちゃったりするとより一層落ち込むんですよねー.

で,電話の主は以前いろいろ相談してた先輩.仕事中らしいがその息抜きに
ここを読んで心配になったそうな.うーむ,同じではないんだけれど同項の
病気を経験しているひとだけあって,いろんなアドバイスをしていただく.

この日記を読んでいると気になることがあるらしい.ひょっとしたら全然
食事をしていないのではないか,ということのようだ.いや,そんなことは
ないです,結構食糧の備蓄はあります.ドアを開けられないくらいにひどく
どうしようもなく落ち込んでる時は食欲も失せるので,その時には備蓄が
減ることもないし.便利.…いやだからその状態を心配されているのでは
ないのか.まあそうなんですけど,一日に一食くらいは無理矢理にでも
食うようにはしております.どんなにおなかがすいていない場合でも.
それはいろんなひととの約束でもありますので.あと,食べずに過ごすと
薬を服むタイミングを逸するというのもありますかね.なにも食べずに
薬を服むと一発で胃を荒すので,それを防ぐという意味も含まれてます.

で,自分の心と相談しながら,今なら大丈夫かなと機あるを見計らい外出し
食料品を買い込み,とっとと帰るということを繰り返していたりします.
よかった,スーパーのすぐそばに住んでて.もし突然世界に対する恐慌に
見舞われたとしてもすぐ逃げ帰れるし.やっぱりまだひとは少し恐いし.

それにしても.基本的に外出だとか運動とかはしないで過ごしているので,
どんだけ食が細くなっても痩せたりしませんね.少しはやつれてくれたら,
外見と内面が一致するように思うんですが.どうしてこう「丈夫そう」とか
「ほがらかそう」とかいう印象ばかりが先走りするんでしょうな.それは
場合によってはすごくいいことなんだけれど,こういう状態にある時には
気が滅入る原因のひとつにすぎません.かといって「滅入ってまーす」と
オーラを発しながら生きるのも,それはそれで人に迷惑かけちゃうしなあ.

今日のフレーズ:書かないことってどれくらい読み取られてるんだろう?


1/19

友人に電話する.ぼく自身も大変と言えば大変なのだが,その友人も実際
大変な状況であったので気がかりだし….似たような性格だし似たような
病気にかかってたりするし,そんなこんなで話や気の合う友人なのだが,
来週アタマからようやく仕事に復帰するという話.やっぱりそういうふうな
おめでたい話は祝福してあげたいじゃないですか.自分の状況はひとまず
棚にあげておいても.また職場でのアレコレが大変かもしれない,とやや
弱気になる友人をいろいろ励ますが,その言葉って結局のところぜーんぶ
自分に跳ね返って来るんだよな….自分がうまいことやれていないときに
何を偉そうに,と自己嫌悪にやや陥ってしまったりもする.なんというか
ひとを励ましている最中に励まされるって,本末転倒の極みだ…めそめそ.

情緒不安定になっているようなので心落ち着けるべく雑誌などをめくって
気を紛らせる.「スロットの切り欠きをきちんと合わせて押し込む」とか
「ケーブルの接続は方向を確認して」とかそういった記述を読んでると
何も考えなくて済む,ってのはもう戻れない道を歩んでるんでしょうか.
それ以前にせめてもうちょっとまともな本を読めや,という感じだが.

今日のフレーズ:「絶対大丈夫」と太鼓判は押せないけれども.


1/18

昨日外出した際に買っておいた本を読み終わる.けっこう長めの本なので
集中力が続くかどうか心配だったけど,なんか短い挿話がこねこねと続く
形式でひとつ舞台の話が進む,という形式だったのでなんとか読了.
もっと外道な本かと思っていたのだけれど,案外まともなのでがっかり.

友人と電話.いろいろ相談に乗ってもらったり,励ましてもらったり.
現状報告などするものの,そこからどうするの? というお話へ進んだ途端
どうなるんでしょうねえ,と先の見えない返事となってしまう.うーむ.
昨日なんかいろんなことがありすぎて,それに対する反応をいまだに頭が
決めかねている,といった感じである.以前誰かが言っていた,「前向きに
生きてみるからどっちが前か教えて」といった言葉が頭をよぎりまくり.
…そこまで他力本願でいいのか,という気もするが,今はあまりなんにも
考えられないくらいに頭がフヌケになってて… 早くなんとかしないと.

バイト先からも電話連絡.次いつ行けるかわからないんですよう.元気に
なってからでいいから,と言ってもらえるものの,本当は学校もバイトも
いつクビになってもおかしくないんですよね.社会復帰への道混迷中.

今日のフレーズ:構いません.それは別にちっともかまいません.


1/17

ううう,目が醒めた時からそわそわびくびく.担当教官との面会時間まで
心臓がとくとく鳴りっぱなし.別に悪いことをしたわけじゃないんだから,
取って食われるわけじゃないんだから,などと安堵の理由を探すが,別に
理屈じゃないからね感情の動き昂ぶりっていうのは.どうなることやら.

とりあえず髭を剃る.比喩でなく前世紀の遺物である.もう伸び放題の上
頬の当たりの髭がぴんぴんはねており,これは剃っといた方がよかろうと
思った次第.なんか久しぶりに鏡を見たような気がするぞ.風呂場に一応
あるから,前を通りがかってはいるんだけれど,まじまじ顔を見ることって
ほとんどないからなあ.これだけ不健康な生活をしていながら,取り立てて
痩せてもいないというのが気に食わなかったりする.動かないからなあ.

人がたくさんたくさんたくさんいるところで待ち合わせ.少し遅れて着くが
先生がまだ来てない.途中で買った新聞を読みながらしばらく待つ.夕刊は
読むところが少ないのであとは時間を耐えるしかありませんね.今日は少し
人混みに出ても気分が乗らなかったので,人影に怯えっぱなしであった.

しばらく待って先生登場.適当に喫茶店に入って茶を飲みながらおはなし.
最初は顔を見るのも畏れ多いというか怖くて出来なかったが,いろんな話を
していくうちに少しずつ視線があげられるようになる.ところどころ感情が
昂ぶってしまうこともあったが,止められないほどぼろぼろぼろぼろ涙を
出すというような失態はなかったのでよかったのだと思う.しかしこれから
どうするかどうなるか,というのはあんまり明確にはならなかった.あえて
決めさせなかったのかも.ともあれ2月ごろに忙しくなりそうなのでそれを
手伝ってほしい,というお話もあり,そのころ学校に出没するかもしれぬ.
体力と言うか気力と言うか,そういったたぐいのものがたまってくれば.

やっぱり対面しての談話というのは疲れるので,かばんの中の荷物を取る
ついでに途中で薬をあおる.あと悪趣味だなーとは思うが,ついつい薬を
見せてしまうというのはやめたほうがいいかもしれない.これとこれを
こんな感じで服むんですよ,というのは知らない人にとっては知らない方が
いいのかもしれませんし.各個人によって違うから啓蒙にもならないし.

家に帰ったあとに友人の家に行く.目的はテレビである.また別の友人だが
某国営放送から取材を受けたらしく,その放映日が今日であるという話を
聞きつけたからである.普段テレビのない生活をしているぼくにとっては
見るチャンスをこねあげるべく,テレビ持ちの友人に連絡を取っておき
22時から見せてもらうことにしておいたのである.しかし「テレビ持ちの
友人」って書いたものの,テレビ持ってない人間の方が少数派なんだから
あえてラベルづけする必要はないのかも.あ,そろそろ放送が始まるよ.

なんか友人がさみしいひと扱いされているので,そんなことはないのにと
口の端をむずむずさせてみる.番組の方針と当人の性格が噛みあってない.
編集されたメディアに顔を出すというのはこういうことなんだなと感じる.
しかし逆に言えば,編集されても当人があそこまで当人っぽさを残してると
いうのはやはり強烈な個性なのかもしれず.単にぼくが当人のことを多少は
知っているから,それを前提にそう感じとれただけなのかもしれないけど.

今日のフレーズ:得意なことって,みんな違うんだからさ.


1/16

こんこんと寝続ける.携帯電話の着信音で起こされるが,画面には非通知と
記されている.普通だったら絶対出ないのだが寝起きなのでしばらく迷う.
う〜っと唸ったあげく着信ボタンぽち.誰ですか? えっ? 担当教官ですか?

正直言って血の気が引く.「外に出られない」「バスに乗れない」という
よくわからない理由で休み続けているわけだし,ついに引導が渡されるか,
まあでもどうせ休学するつもりだったんだし… などとボケた頭でほやほや
言い訳がましいことを考えていると,とりあえず会って話をしませんかと
提案される.で,いきなり今日は心の準備ができないので無理です,明日に
してもらえますか,と何様ぶりを発揮してしまう.立場わきまえようね.
もっとも先生も恐縮しているようだったがこちらはもっと萎縮している.
ともあれ「無理にとはいわないから,来れたら来てほしい」ということで.
わかりました,行けたら行きます.…どうも尊大な態度に見えてしまうな.

無視されてたわけではないのだと言う安堵はあれど,やはりそれよりもっと
どうしようどうなるんだろうという心配がうねうね押し寄せてくるわけで,
考えすぎて熱が出る.バカです.37度ちょいなのでそんなに高熱ではなく
心配いらない程度だが,頭痛が激しくてかなり参る.こんな時のためにと
処方されている頭痛薬の出番である.できれば出番はないほうが嬉しい….

今日のフレーズ: 「より進む能力」よりも「せめて維持する能力」のほうが.


1/15

あいかわらず外に出る気力が出ない.枕を当ててうつらうつらしていると,
そこらへんに積んである本がだすっと頭を直撃.本の雪崩に巻き込まれる.
さすがにヒザの高さを越えるとダメらしい.しょうがないので起き上がって
本を積みなおす.反省の色が見られません.寝ながら取りやすいからって
枕元に本を積み上げてはいけない,という学習のみ.抜本的っていうのは
積み重なった下の方の読みたい本を上手に抜くことじゃないと思います.
もっときちんと片付けないとそのうち生命の危機にさらされるかも知れぬ.

小さいけれどいとおしく,そしてたわいもない挿話,が好きなものでつい
あれこれ読みはじめる.ほんのかけらみたいな,短いおはなしをたくさん.
単純に長い話が読めなくなっているのかも.今ならサナトリウム文学とか
ハマりそうな気もするんだけどなあ.昔療養生活を送っていたころには結構
読んでた気がするんだが,もう長いのを読む気力は….うむ,やはり当時が
若かったのだよ.やっぱり読書は若いうち.そんな気がひしひしとします.

友人からメールいくつか.なんか愚かな企画が進行中らしい.あいかわらず
困りものだなあとは思うが,無責任に面白がって焚きつけてみたりする.
ほんとに実現したら困るのは自分なのかもしれないが.どうも先のことまで
考える力に乏しいようである.そういうふうに自分で仕向けてるんだから
それもまたしょうがない話なのかもしれませんが.あ,脳みそ系の薬って
そういう作用があるんですよー.だからよいこはいたづらに服まないでね.

このところ咳は鎮まってるのだが,頭痛が激しい.ひとつが治まったころに
ほかのが飛び出て来るってのは,よくできてるというか呪わしいというか.
こういうのを不定愁訴っていうんですか? 端からみたら怠けてるようにしか
見えないのがつらいところ.いいわけできないしね,こればっかりはさあ.

今日のフレーズ: ぼくなんぞの保証に価値はないが.


1/14

部屋にいてもぼーっとするばかり,しょうがないので部屋を片付けてみる.
そこまで追い詰められないと掃除をしないというのもどうかと思うけれど.
とはいえ本を積み上げたり積みなおしたりするばかりで,決して棚や箱に
詰めようという気力は湧き起こらないのであった.部屋の中の移動すらも
面倒になって来た….もちろん片付ける途中に本に読み耽ってしまうという
お約束も律義に守ってしまったりする.毎度毎度のことではありますが.

ほや〜っと考えてみたりすること.やっぱり学校のこととか,気になったり
しますし.今日は日曜日だけど,また明日になったらみんな学校に行ったり
仕事に出たりして,キビキビ働いたりするんだろうな.そんな中でぼーっと
ぬくぬくとのーのーと暮らしてていいもんだろうか,いやよくない,など.
小学校,いや幼稚園のころから「ズル休みしちゃいけません」という観念が
叩っこまれているらしく,やっぱりそのへんいじいじしてしまったりする.
いや,ズル休みが推奨される世界なんてろくなもんじゃないからいいのか.

しかしそれに加えて「病気でもできるだけ休んじゃいけません」って方針は
やっぱり今考えても理不尽だったような気がするなあ.熱があるくらいじゃ
絶対休めなかったもんなあ,と幼少のころに思いを馳せる.あ,でもやっぱ
中学校のころから眠気などをしばしば訴え保健室で休んでた気がするぞ.
睡眠障害は高校のころから,だと思い込んでいたけれど,そうかこれって
もう少し前からあったんだ,と今さらながら思い至る.となると… うわ,
14〜15歳から引きずってるんですか? 10年以上.他人事のようにあきれる.

しかしなんで覚えてなかったんだろ.う,小学校や中学校のころの記憶って
あんまりない気がするぞ.当時の友人連中とも連絡とかとってないし,もう
道ですれ違っても思い出せないんだろうか.薬の影響か? いずれにしても
哀しい話です.おぼろげな印象程度しか頭の中に残っていないというのは.

今日のフレーズ:うっとうしい思い出は弾き出すに限る.


1/13

昨日とはうってかわって,一日中部屋の中で過ごす.このところ更新が
滞りまくっている日記を少しずつ書いていく.記憶はかなり儚いものに
なっているが,なんとかその時のことを思い出しながら,またいろんな
ところへのメールのやりとりの日時から出来事を掘り返したりしながら.

コンピュータの前に座っているついでに勢いにあかせ,メールの返事を
ちょこまか出す.新年のころ,いちばんどたばたしていた時期にもらった
メールについてはあんまり返事が出せていなかったので,確認しながら
書ける分だけせっせこ書く.あくまで簡単なものでしかないけれども.

今日のフレーズ:そうか,やっぱり動かなかったですか.


1/12

昨日の外出に気を良くして,頑張ってリハビリに励むことにする.いや,
単純に外に出てみようというだけなんですけど.少しぐらいは世間様の風に
晒されないと,いつまでたっても治るものも治りませんから.てなわけで
寒さに震えながら身支度をして,重い重いスチールのドアを開くのである.

出がけに郵便受けを覗くと,友人からの封書.いったん部屋に戻ってから
中身を見る.手紙と,お守りが入っていた.心安らかになればいいねという
励ましが身にしみます.ありがたくおしいただくが,どこにしまおうかと
しばらく悩んだ末,薬をいれるバッグにいれておくことにした.なんだか
最も場違いな気もするが,常に持ち歩いているからこれでいいのだたぶん.

贈り物にはお返しを,ということで買い物にいく.前々から本を送るよと
言っていたのでちょうどよい.さらに本を一冊追加し,自分が読むための
本も買う.ずっと部屋に閉じこもっていると同じ本ばかり読んでしまう
ことになるので.いや,それが苦痛と言うわけではないんですが.変?

あとは知らない人が溢れかえる喧騒の中で,座れる場所にぽんと座りながら
ぼーっとする.道端の石ころみたいに.そして何も考えないように努力.
なにか考え出すと最終的に爆発することは目に見えてるし.ということで
とりあえず心臓がばくばくいうこともさほどないままツツガなく帰宅する.

今日は大学のころの文芸部の新年会があったはず.行けなくてごめんねと
せめて電話で伝える.こちらから自主的に電話をかけるという行為はやはり
どきどきもんである.なんか向こうは盛り上がってるようでよろしきかな.
引きこもってるよー,ということを告げると向こうも酔いの勢いにまかせて
「じゃあそっちに押しかけるというのはどうだ」と提案してくれる.いや,
その気持ちはありがたいんですが,今みんなの顔見たら壊れちゃうよぼく.

先生からメールが届いていた.これからのこと,いろいろ考えなくては.
でも結局は自分なりのペースで,自分をなんとかこうにかしていくことで
心配してくれるすべてのひとへ感謝を表さないといけないんだろうな,と
つくづく思う.ぼく自身がなんとかしっかりすれば,ごちゃごちゃした
誤解とか錯覚とか問題とか起こらないんだけどな.いまはなんともならない
ことばかりだけれど,いつかなんとかなれたらいいな.なんて抽象的な.

今日のフレーズ:ひとが意識せずできることが,できにくいんです.


1/11

行こうか行くまいかさんざ逡巡した末に,ようやく外出することを決意.
さすがに病院に予約しておいて行かないと後で困るし.薬も残りが少なく
なってきてるし.あと,予約をすっぽかしたあとで予約無し状態で病院なぞ
行くものじゃありませんしね.どんだけ待たされることやら.てなわけで
帽子を目深にかぶりうつむきながら電車の中で耐えるのでありました.

こういう外出なんてのは勢いのもんなので,気が上向きになったその瞬間に
えいやっとドアを開けないと機を逃すんですね.そのおかげで,予約時刻の
3時間以上前に病院に着いてしまう.念のため鞄に文庫本をどっさり詰めて
おいてよかった.待合ロビーのスミで本だけを見て過ごす.読むと言うより
見る,のほうが近い.あんまり頭に入らないんですよ,脳が休んでるから.

予約時間より少し早めに名前を呼ばれて診察開始.うおう,今日はなんか
インターンの見学が二人ついている.なんか緊張します.年末年始の顛末を
あれこれ話して,おかげで気が沈んでかなり参っています,などと申告.
先生は「悪いことが続くとは限らないから.サイコロの目と同じで」などと
励ましてくれる.んーまーそりゃー確かにそうだ.でもまあ続いてしまった
ものはしょうがないし,そのような真理を聞いたところで気分がハレバレと
するわけでもない.というわけで現実的に薬の量を増やしてもらう.なんか
倍になってるんですけど,これまでより.一日六錠で元気になれるのなら
それでもいいか.なれるわけないってのはよくわかってるんですけどね.

薬をもらって帰るころに友人から電話.場所が場所なのでいったん外に出て
こちらから掛けなおし.一時間くらいなぐさめてもらう.最近なんというか
いろんなひとからいろんなことを「してもらう」ことが多いので,そのうち
さまざまな方角にむけて御恩返しのひとつもしなくてはなあ,と考える.
それから死ぬ思いで交通機関を乗り継ぎおうちに帰る.もちろんあらかじめ
薬を数粒食ってからである.ドーピングしてようやく人前に立てるんです.

家でぐったり.寝る前の薬をあおって,そのまましんわり横になって就寝.

今日のフレーズ:そんないいもんじゃないっすよ.たぶんね.


1/10

昼前に携帯電話が鳴る.日記が更新されていないから心配になった,という
ありがたい話.このところ文章を書く気力も失せつつあったので… などと
長電話になってしまう.ついつい愚痴ばかりたれてしまい,かなり長いこと
付き合わせてしまった.反省.ことばは短いほうがいいんです,そのほうが
より効果的な気がするから.…と考えるのは普段書く文章のクセだろうか.
なにはともあれ携帯電話同士で170分もしゃべっちゃいかんよなあ,うん.
しゃべるというかじんわり泣くというか.メソメソしてるんです,最近.
電話の相手には気づかれないように,ってここに書いたら結局バレるのか.

ぬぼおっと時間が過ぎていく.ずっと眠っている.誰かが訪ねて来たかも
しれない,そうじゃないかもしれない.だけどもうなんかどうでもいいや.
かなりなげやりな状態.あとは時々目が醒めた時にメールチェックをする
くらいが世界との接点.この細い電話線から届くものなんてたかが知れて
いるのだけれど,これだけで手一杯なんです許して下さい.誰に言ってる.

今日のフレーズ:懐かしい話だねえ,まだそんなに経ってないのに.


1/9

学校が始まったはずなんだが,やっぱりバスに乗れない.あの閉塞した箱の
中に入るのかと思うと,心がわなわなしてくるのだな.またなんかいろいろ
疑われやしないかといらぬ不安が湧き起こってくる… せっかく外にまでは
出たというのに,結局家に引き返す.駅前のコンビニで適当に買い物だけは
しておいたが.こういうとき会話ナシでOKのシステムって有難く感じます.
店員の顔なんてとても見られないしなあ.普段だったら軽口のひとつくらい
叩いたりするのだが,そんな気力も体力もございません.しかし,これが
まだ見知らぬ相手だからいいようなものの… 知ってる人に逢いたくないと
いうのが既におかしな話ではある.知らない人の方がむしろ平気に感じる.

家へと撤退した後,さっそくどてっと横になってため息をつく.ぜーはー.
なんぞドアホンが鳴るが無視させていただく.電話など鳴るが無視させて
いただく.携帯電話に掛かって来たいくつかの電話はかろうじて受ける.
いやー,着信元表示機能,あれの偉大さをつくづくと感じる… しかし,
逢うのは知ってる人の方が恐いのに,電話だとある程度平気だっていうのは
いったいどういうことなんでしょう.まあ知らない人から電話などそもそも
掛かって来ないというのもあるんでしょうが.しかし知ってる人であっても
あらかじめ深呼吸して大丈夫だ〜と自分に言い聞かせながら着信ボタンを…
それからようやく会話に入る生活.絶対いらん苦労と無理をしてる気が.

今日のフレーズ:だいじょぶだよ,だいじょぶじゃないけど.


1/8

あいもかわらずすっとこどっこいな日々のくらし.このままではいかん,と
現状を打破すべくトランキライザーを倍量に増やしてみる.結果:弩爆睡.

空腹感があまりないのは家にいるだけで基本的に動かないためだろうか,
それとも食欲が失せまくってるんだろうか.どちらにしても困ったことでは
あるに違いない.明日はがんばってドアを開けられるようにならないと.
今日は出かけるべく身支度を整え,着替えたまではいいんだけど,そこから
どうしても先へ進めなかったんだよなあ.努力はした.努力だけなら.

今日のフレーズ:そういえば最近鍵というものを使ってない.


1/7

どかんと一発鬱が来る.外に出られない.参った困った.どうしてこんなに
タイムラグがあるのかね.薬服んでふつふつと気分を沸点低くたぎらせる.
静かに壁を見つめて本を読んで,横になる.前向きじゃないんだよなあ.

きしむような咳が何度も… 結構やばいことになってるかもしれません.

今日のフレーズ:自分の爪先だけを見て過ごしたんだって.


1/6

いろいろな励ましの声にやや体勢を立てなおして,病院へと向かう.どうも
喉がまだ痛いのである.耳鼻科で診療を受け,薬をもらう.最初4日ほどで
治ると言われたはずなんだが,年をまたいで今なおまだ治っていないのは
何故なんでしょうか.別に不摂生しているつもりはないんですけど,ねえ.

せっかく出向いたので,近くにいる友人を呼び出して食事を一緒にとる.
ついでにこれまでのことをさんざん愚痴ったり愚痴ったり愚痴ってみたり.
その最中に姉のひとから電話が掛かる.おやおひさしぶりです,どしたの?
すると父親のひとの携帯電話の番号を知らせて欲しいとのこと.でもいま
父親のひとは病院にいるから掛けても院内携帯禁止だよ,と告げると逆に
とんでもないことを教えてくれる.…あのね,誰か助けてよほんとにもう.

昨日祖母のひとが倒れて入院したらしい.脳出血だってさ.頭蓋に血液が
溜ってるんで昨日から手術してる,とのこと.そんな話聞いてないよう.
母親のひとに電話しても当然のように繋がらない.待つしかないのだな.
なんかどっと疲れたので家に帰って寝る.心配オンリーで疲れてどうする.

夜中にコンビニに出向いた時に姉のひとから電話.なんとか祖母のひとは
手術は成功し,後遺症は少し残るもののあとはリハビリでなんとかなると
いったことらしい.不幸中の幸い.母親のひとが帰って来てるらしいので
その場で家に電話.気丈なのはいいんだけど,心配するなって言われても
そりゃ無理ってもんでしょう.心配するよ心配するさ.話を聞いてみると,
祖母のひとが倒れたので父親のひとのいる病院まで救急車で運んだところ,
うちでは処置できないということだったので離れたところにある病院へと
はるばる移送されたらしい.うーむ.大正生まれには応えたことだろう.
で,即効で手術.頭蓋を開いて血を抜いて,という感じだったらしい.
母親のひとも風邪をひいているのだが,そんなことも言ってられないほどの
あれやこれやが重なって大変らしい.全部落ち着いた時に気力が抜け落ちて
げっそりしなけりゃいいけど.21世紀に入ってからろくなことがないよう.

今日のフレーズ:いったい誰が呪ってやがるんですかね.


1/5

昼ごろ目が醒める.気分が悪くて悪くて.本当は病院に行くべきなんだが
どうしても外に出ることができなくて,安定剤をあおって寝ることにする.

薬を服んだ後にちょっとだけ友人に電話.しかしちょっとしか話せないまま
電話を切る.徐々に眠くなって来たので布団をかぶる.気分が負けてます.

夜になってからメールをチェック.日記の反響がぽちぽち返って来ている.
人相の件については心配しなくていいよ,という反応が多いが,まあ実際に
顔が悪い人に悪いとズケズケいう人間はあまりいないよな,と疑心暗鬼は
ちらほらと残っていたりはするのだが,言ってもらえるのはありがたい話.
まあ犬にでも噛まれたと思って早く忘れることだ,という慰めをいただく.
他にも電話で声を掛けてくれる友人などもいて,ひとのつながりというのは
うれしいものだなと実感.そして外に出られなくても人がつながるという
科学のチカラにもちょっと感謝.ひきこもりの人間がコンピュータによって
コミュニケーションをとることにより救われて楽になる,というような話を
読んだことがあるが,その気持ちがよくわかります.はっ,もう手遅れか?
気づかぬうちにひきこもりのヒッキーくんになってるのだろうか.懊悩.

今日のフレーズ:心の中では何度も撲殺してますから.


1/4

気を揉みつつ起床.今日は自分のアパートに帰る日.別に帰るのは次の日に
延ばしてもよかったのだが,強い母のひとは「あんたの顔見たら治る,いう
保証はあるんか? そんなんないんやから帰ってええ」と相変わらずであり
逆らうと却って依怙地になりそうなので素直に帰ることにする.もちろん
父のひとの心配をしているのはしているのだが,確かにそばにいたからとて
何をしてあげられるわけでもない,これまたひとつの事実ではあるわけで.

そもそも今日は高校時代の友人と会うことになっていた.会っていろいろ
話したりしたあとで,つつがなく新幹線で帰ろうと思っていたのであった.
まあそういう気分なのかどうかはともかくとして,せめて気を晴らさないと
こちらが沈んでしまいそう.テンションをあげて荷物をコインロッカーに
預け,待ち合わせ場所へと急ぐ.少し遅れてしまいもうしわけないです.

らーめんを食いにいこうという話になったのだが,正月のせいかなんかもー
どの店に行っても長蛇の列.いちばん空いてそうな店を探してムリヤリに
店内に入ることに成功.しかし待っている間の会話で「太った? 」などと
訊かれてヘコむ.えっと,別に体重は変わっちゃいないんですけれども.
ここのらーめんは味により「赤丸」「白丸」という名前になっているらしく
店内を「しろまる」という単語が飛び交っていて奇妙な感覚に襲われる.
当然というかなんというか白丸を選択.ていうか赤丸は辛いんですもの.

腹もくちくなったことだし,風の来ないところへ,ということでカラオケを
やることになる.しかしぼくは喉を痛めている身,そんなに弾けたマネは
できずじまいでありました.裏声っていうのはあまり喉に負担がかからず
楽だということは判明しましたが,それでもそれだけじゃ歌えませんし.
他の友人たちの選曲もぼくと似たり寄ったりであった,という一文により
この場の雰囲気をおもんぱかっていただきたいものである.やれやれ.

途中で2人とは別れ,あとの4人で友人の墓参りにいくことに.実はこれは
今日のメインイベントだったりしたのである.友人が突然亡くなってから
もう7年にもなるんですね.みんなでシミジミしながらも,そこはやはり
一筋縄では行かない人選であるがゆえいろいろとバカ話が広がっていく.
墓の横で狛犬のように首をかしげて記念撮影とか.友人が映っていたら
それはそれでラッキーかな,などと談笑.高校のころが懐かしいねえ.
しかしバカな思い出しかないんですか? と問えば「馬鹿だから」という
返事が即答できる友人関係と言うのは本当にありがたいと思うのです.

ぼくは今日の新幹線に乗るために駅まで車で送ってもらう.車の中でも
親のことを気遣いながら思ったものである,大変な年末年始だったけど
最後が楽しかったからよしとしよう,と.友人に感謝と別れとを告げて
また夏に会えたら会いましょう,と手を振る.さて,あとは帰るだけだ.

みやげもの屋などをひやかしていたら,とんでもない事件勃発.おかげで
警察のご厄介になりました.ここにだらりと書くにはちょっと口汚すぎて
このお上品サイトには不釣合でございますので
別ページで読みたい人だけ
読んで下さいな.え,どこがお上品なの? とかのツッコミは不許可です.
いまおにーさんはすごく怒ってます.一年に一度くらいしか,しかもそれも
「むっ」とする程度しか怒らないことに決めているこのしろまるくんが
頭に血が昇りっぱなしになるくらいに怒りまくってますので,そのような
些細なツッコミなぞ入れようものなら張り倒して顔面踏みつけ,そのうえ
渾身の力と全体重とを込めまくったかかとでツイスト踊っちゃいますよ.

新幹線のなかでも気分はおさまらなかったのでちっとも寝つけず.友人から
もらった文字言語に関する学術本を読んで煮えた頭をクールダウンしつつ
へろへろの状態でじぶんちに到着.寒いのでとっとと寝ようとしたのだが
やっぱり脳幹あたりがグツグツしてる.全然眠れない.しょうがないので
さっき精神安定剤を平常の倍量服ませていただきました.あと睡眠薬は
通常量で.眠気がやってくるまでこの日記を更新してウサ晴らしをする.

うー,しばらくひきずりそうだよぅ.しかしまあ無理矢理に思い直せば
ちゃんと怒るという感情を引き出すことが可能であることに気づけたのは
あるていど収穫かも.あと,話にならない相手には本当に何を言っても
無駄だね,ということも学べたかな.…でもまだ憂さは晴れそうもない.

今日のフレーズ:あんたら目ぇと脳ミソと判断力腐ってぐじゅぐじゅなってん違うか?


1/3

きちんと朝から目が醒める.親のひとから今日は店に来ーへんのかと
尋ねられる.そういえば買い物するとかなんとか言ってたんだっけ.
あとから行くから,ということで親のひとを送りだし,その後しばらく
家でのほほんとしてからほこほこ歩いて駅まで.本数の少ない電車に
うまいこと乗り込んでからほんのふた駅のところまでの小銭を支払う.

服を買え,ということであったが合うサイズとか好きな色とかそういった
ささいなことにより結局は何も買わないままになる.店に戻るとなぜだか
父のひとの姿がない.うむむ,吐血の跡がある.これはいけませんよ.
以前にも吐血して入院していることだし.父のひとがどこかからやっと
戻ってきたが,確かに顔色がない.仕事場の中でへたりこんでしまって
母のひとから叱咤されている.そういういたわりかたなのかもしれないけど
もう少し,ほんの少しでいいからやさしいことばをかけてあげてください.

座りこんだままの父のひと,そして仕事をしながらの母のひとと一緒に
これからの将来について考え話し合う.あれこれ.お前の考え方は甘いと
母のひとからさんざん恫喝される.いはくおまえには覇気がない,ので
未来を信頼することができない.父のひとはぼくの性格上,ガンガンに
攻めることはできないだろうと踏んでいるらしく母のひとをやや諌める.
おそらく自分が体調不良であることもその気分のひとつなのであろう.
いろいろ話し込んだものの,そろそろ仕事が忙しくなりそうなのでぼくが
いったん家に帰ることにする.食事の支度をしてそのままこたつで休む.

親のひとたちが帰って来る.父親のひとはぐったりしつつも,やおら電話を
掛けはじめる.時間外でもいいからこれから病院に行って診察してもらい
そのままおそらく入院だろう,という話.母親のひとの運転する車によって
運ばれて行く父親のひと.帰宅するまでの間に祖母のひとと食事を済ます.

母親のひとが帰って来たのは23時を過ぎたあたり,やっぱり入院らしい.
心配するより先に「おかげで店休まなあかん」と言っていたのは立派なのか
病気といふものをことごとくわかっていないのか.いろいろと入院に必要な
道具などを整え,そして持って行くための袋などに詰めこむ.忙しいです.

ひといきついたところで母のひとの昔語りが始まった.確かに話し相手が
ぼくしかいないのかもしれないが,なかむら家に嫁いで来たころの話から
現在に至るまでの自分をえんえん深夜3時すぎまで繰り述べるというのは
いったいどうか.自身も風邪をひいていて妙な咳をついているというのに
それでも語りたい,ということがたくさんあるらしい.気丈な母のひとが
いかにして今のような気性になったのか,という背景を聞かされる.まあ
それでストレス解消になるのであれば聞きましょうとも.そうか,ぼくが
さんざん相談相手にされるというのはこういう下地があったからなのか?

今日のフレーズ:弱ってる人間に追い討ちかけたらあかんよ.


1/2

妙なほど朝早く目がさめる.てけてけと本など読んでいるうちに親のひと
ご出勤.自営業に連休などないのです.しばらくメールをチェックした後
思い付くままに友人などに電話.しかしどいつもこいつも繋がりゃしねえ.
繋がりにくくなっているわけではないのに留守番電話だらけなのである.
また掛け直すよーというメッセージのみ吹き込んではみたものの,なんだか
はんなりと哀しい気分になり,不貞腐れるように布団を被って寝てしまう.

うつらうつらしていると,今度はあちらこちらから電話がかかってくる.
タイミング悪ぅ.受け答えするがなにを話したかほとんど覚えてないぞ.
なんかとんでもない寝ボケたことを口にしたかも.なんぞ粗相があったら
ごめんなさい電話くれたみなさん.誰も悪くなんかないんです,ただ単に
ちょっとだけいろんな運が悪かっただけで.懲りずにまた電話下さいな.

そろそろ喉の薬が切れかかっているのだが,いっこうに喉が完治するような
予兆は出てこない.いつまでもぐふぐふ厭な咳が続いている.いまのところ
熱は出ていないのだが,やっぱりうまく喋れないというのはしんどいな.

まともに起きた後,今日はきちんと携帯電話も階下に持って降りてきてから
こたつにあたってのほほんと.目論見は当たり,また友人から電話が来る.
おひさしぶりでございます,ということで逢う約束.他にも友人についての
情報交換やその他のバカ話などを繰り広げる.このひとと話していると本当
話のネタが尽きないし,思考がダイナミックに拡散していくのだよなあ.

両親のひと帰宅.相変わらず父親のひとは体調が悪いようで,食事の支度が
整うまでぐったり寝ていた.同じように母親のひとも体調が悪いはずだが
気丈と言うか,強気だけで生きてるようなひとだしなんとか愚痴りながらも
家事をこなしている.どちらも同じように心配ではある.しかしぼく自身も
かなり食が細くなっているらしい.昔に比べれば確かに食わなくなったが,
それにしても昔の印象ばかりが強すぎます家族のみなさま.いくらなんでも
一回の食事でそこまで食えません,というくらいの量が出てくるのである.
それでも食事の後にいそいそと苺のヘタを取るのに包丁なぞ握っていたりは
するんですけどね.甘くておいしかったっす.一人暮らしだとくだものって
なかなか食いませんからね,日々の食事でせいいっぱいになってしまって.

今日のフレーズ:行灯の油とか,舐めてそうだよね.


1/1

あけました.これから日本はどうなるんでしょう.と心にもないことを
書き出しても後が続かないので休止.世の中なるようにしかなりません.
世界はそんなに劇的に素敵になったりはしません.今年も枯れております.

携帯電話を自分の部屋に置きっぱなしにしておいたがために,なにやら
気付かぬうちにたくさんたくさん履歴が溜まっていた.あうあう,家庭内
携帯不携帯.しょうがないのでこちらから掛けなおすが,やはり元日早朝は
繋がりにくくなっているらしい.アナウンスがつらつら流れるのを聞き流し
ぽちっと電話をほりなげて就寝.静かに薬を服用してからこんこんと眠る.

昼下がりに目が醒めて階下に降りる.家族みんな寝てる.起こすのもそれは
しのびないので再度部屋に戻り寝直し.これが毎年続く続く.毎度ながら
寝正月の極致でございます.しばらくして再度降りてみるとようやく家人が
起き出して来て,ゆっくりゆっくり活動が始まる.親のひとはかなり疲れて
いるようなので,あれやこれや手伝いながら食事など.父親のひとはまた
胃に穴が開きかけているらしく,酒好きのくせに屠蘇も飲まずにミルクなど
傾けている.まあ健康に気を使うのはよいことです.あとはそのタバコを
なんとかしていただきたいものである.こちらの喉のほうにもダメージが
来ますし.煙は減らしましょうね,お互いの健康と家の壁の保護のために.

家族でぼーっとテレビなど見る.ほかにやることもないしやる気力もない.
みんな疲れてるんですよ.適当に切り上げ,いろいろ本読みながら就寝.

今日のフレーズ:ケチなんちゃう,上手に始末してるだけや.


back.