日々のあぶく 06月


6/30

時々あることなんだが,朝の微妙な時間にほけっと目が醒める.こんな時は
なんだかハウスキーピングが進む進むよ.台所片付け,シンク磨き,浴槽を
スポンジでぎゅっこぎゅっここすり,洗濯などもこなす.見事な所帯臭さ.

昼は少し勉強.とはいえ学校のではなくまた別の分野の.趣味の世界の中で
ハマるとこういうことをやりだす典型.もっと真面目に生きなさいってば.
ともあれ適当に切り上げ,今度は至極真面目に言語学らしきことをやる.
考える,ということはどんな状態にあっても思索をそこへチューニングして
みるという行為のことである,という記述をどっかで読んだが,まさに
そんな感じ.世の中のいろんなことをネタとしておもしろそうな現象を
拾い出してみましょう,というような.まあ,研究対象がそこらへんに
いくらでも転がっている現象だからこそできることなのかもしれないけど.
特殊条件下における現象を研究する理系の皆様はよくわかりませんです.

なんとなく物を片付けていたら体温計が落ちていた.…昨日買ったのに.
いったいこの家には何本の体温計があるのか,自分でもよくわからなく
なってきました.もしかしてこないだ水銀の種粒ばらまいちゃったから
床から生えて来たのか? とか夢想してみる.とにかくまた踏み割ったり
しないようにケースにいれて保管しておく.そのうちまた保管場所を
忘れちゃったりするんだろうな.ちなみに爪切りは四つありました.

今日のよもやま:♪It is my first kiss chu, Kiss with you


6/29

ぜいこら言いながら学校へ.一週間連続して休むのはちょっといやだ.でも
実は先週この授業休講だったから一週間どころではないんだよなあ.だけど
だからといって引っ込んでていいわけはないのだ.でもやっぱりバスに乗る
精神的な余裕はなかったので,タクシーをふんづかまえて運んでもらう.

授業にはちょっとだけ遅刻.やはり家を出るまでの葛藤が災いした模様.
言語学の理論がどのようにして作られていき,また補完されていったのかを
しみじみと.いや,内容は難しいんですが,先生の語り口に騙されてしまい
その場はわかったような気分に.でもやっぱり難しいんだよなあ.うぐぅ.

さて今日はスクリプトの続きを先生に見てもらおかな,と思ったら改造を
繰り返した本体はおうちに忘れて来ちゃったよどうしましょ.だいぶ前の
バージョンしか残っていなかったんで,ちょこちょこ手をいれるものの
疲労の方が先に立つのでとっとと帰ることにする.やれやれはれほれ.

しかし建物を出たところで出食わした先生と立ち話.学部を作ることになり
めちゃめちゃ忙しそうである.安息の日はいつ訪れるんでしょうねえ….
ともあれ不健康ネタで盛り上がる.光療法とか試した方がいいのかなあ.

家に帰る.今日はそういうリズムの日だったらしく,家に帰りつくやいなや
ころんと寝てしまう.目が醒めたら午前1時だった.これでもう少し後まで
寝続けられれば,普通のひとみたいに朝目が醒める生活に届くというのに.

今日のよもやま:リアリストになるために必要な条件?


6/28

病院.疾患名がまたひとつ増えました.熱が出っぱなしでなおかつ内科では
なにも異常が出なかったと話すと,自律神経やられてるかも,というような
話になる.平熱の基本設定でエラーを起こしてたらそりゃ37度を切らない
状態になりますわな.うーむ.ということで薬が追加されることになる.
いや,とってもいまさらなのはわかってるんですが,やっぱり薬の種類が
増えていくたびに気が重くなってしまうというのは止めようがないです.

病院を出てから買いものに出かける.せっかくなのでいろいろ細かいものを
買い込む.単価はそれほど高くないけどたくさん買うので結局のところは
けっこう浪費している気がする.うにゃむにゃのまま財布を眺める日々….
来年のことを考えて貯金のひとつもせねば,と考えてすでに半年が経過して
おりまするが,実質的に溜ってる金額は雀の涙でありますからして.ふぅ.
ま,書類申請後病院代がかなり浮いたことを思えばだいぶマシかもしれん.

おうちに帰って薬を服んでみる.まあすぐに効き目が現れるというものでも
なさそうだし,これからまた数週間のんびり経過を見ていくことにしよう.

今日のよもやま:結局はバランスなのですよ.


6/27

友人がひさびさにこちらに遠征して来ると言うので会いにいくことに.が,
時間を読み間違えてしまい少し遅刻.最近時間への感覚が覿面に鈍っている
ような気がする.ちったあ社会に適応すべく努力のひとつもしなさい自分.

友人はまた別の友人を連れていて,そちらのかたとぼくとは初対面.いやあ
はじめまして,などと挨拶しごはんを食べとりとめもなくしゃべくり,と
まあいつものパターンではある.しかし三人が三人ともいい年こいて職に
ついていない,というのはいったい.…そもそも平日昼に集まろう,という
時点で社会から目を背けてるフシがありますですね.もちろん自戒込みで.

友人たちを見送った後に買いものをしてから帰る.しかし食事に事欠くほど
口の中が荒れている….ビタミン剤買うより先に口の傷に効く薬を調合する
自分がなんだかとってもまぬけに思えて来る.だから野菜を摂れ野菜を.

で,けっこうな夜更しをしてしまったのだが.よく考えてみたら.明日は
病院の日じゃないのかえ.いかん,このままじゃ仮眠するヒマもないぞ.

今日のよもやま:…連鎖反応.


6/26

授業を休講にさせていただく.むにう.とりあえず自力でなんとかする.
スクリプトのほう,必死でかりこりやっているのだがやっぱりどーしても
狙った数値が出て来なくって焦り気味.なんでだー,なんでなんだー.

ディスプレイに向かって吠えていてもしかたがないな,冷静に.ちょっと
体温でも測ろうかな.…かしゃん.また割った….転がりこぼれる水銀を
拾い集めながら,かなり気分が沈んでしまう.結局電子体温計で測ったら
やっぱり37度越えてました.「平熱」っていったいなんなんでしょうね.

曜日の感覚が喪失しているのはひきこもり人間の典型的症状だが,ぼくも
その例に洩れず,今日が何曜日なのかという質問に弱くなってしまった.
おかげで明日が友人との待ち合わせの日だと言うことにさっき気がつく.
しまった,いつもだったらまた変なモノを手土産に持っていくところだが
今日はそのヒマがないぞ.せめて遅刻しないように寝ることにしよう….

今日のよもやま:で,どっちが前なんですか?


6/25

月曜日.授業に行かなくちゃ.ああ,目が醒めたら20時だった.何というか
薬効きすぎ.前回から追加された頓服薬は服むタイミングをわきまえないと
こーいうことになるのだな,としみじみ思う.そして何も出来ないままの
自分にざくざく刃物を突き立てる(比喩).…(比喩)って書いておかないと
またいくつかの方面に心配かけるし.思い当たるフシがあれこれ.やだな.

しかし遅く起きたからといって宵っ張りになってもいい,などという法は
どこにもないので早く寝るように努力はする.そう,こういうときにこそ
強力な睡眠薬はあるのではないですか.ぱくぱくぱくっと口の中にほりこみ
それからちょっとだけメールチェック.明日の授業,体調が悪いようなら
休講にしようかとのメールが届いていた.ありがたい話である.体調にも
もちろん不備はあるんですが,それよりスクリプトがあ.ともあれ休みに
なったのであれば,またその次の時までに何か手を打てばいいやと投げる.
で,結局何もしない一日でありました.太陽の光を見ないまま次の日へ.

今日のよもやま:目覚まし時計を無視して寝てるんだろうか…?


6/24

疲れが蓄積されていたのかごってりと寝る.いや,起き上がれないんです.
身体が火照って身体中のいろんなところがかんかんと熱を発しているのが
よくわかる.とりあえず水だ.水をたくさん飲めば汗が出るに違いない.

這いずって冷蔵庫を開け,あるものすべて飲み尽くして少し落ち着いてから
買い物に出かける.ペットボトル抱えて階段昇るのはさすがに4本越えると
重いです.なんだかとにかく疲れている.喉が乾いてしかたがないぞ….
お茶を湧かして冷やし,ごぶごぶと飲み干す.ふはあ,夏バテですかあ?

また仕事をかりかりとやるが,かなり気力が減退しているので進捗状況が
自分でもよくわからん.自分のつけた変数名が頭の中でごっちゃになったり
とても先に進められた話ではない.今日はもう寝ることにします.きっと
今日はハズレの日だったんですよ.ここ数ヵ月ハズレしかひいてないけど.

今日のよもやま:そういえば,そろそろかな?


6/23

ひさびさに予定もなくのんびり出来る一日.のんびりと趣味と実益を兼ねて
洗濯に勤しむ.実益じゃなくて単なる雑務だろそれって.洗濯するヒマも
なかったので洗濯カゴはぎっちりだったのですね.ひとりぐらしの場合は
服のストックは多めにしとくのが吉であることよ.がっしゅがっしゅ洗濯.

あとはその合間にスクリプトの修正にはいる.いつまでたっても言うことを
聞いてくれない子どもをあやしつけるかのようにうらうらと.でもいまいち
なんでこうなるのかわかんない…ってのを繰り返しつつ.このプログラムが
完成しないと,そっからの考察とかへのステップに進めないんですけれど.
ともあれいろんなひとに知恵を拝借しながらやっていくことにしようかな.

あいかわらず熱が下がらない.でも夏だと却って外気温との差がなくって
暮らしやすいかもねえ,とかなんとか言って無理矢理ポジティヴな方向に
考えてみる.…むしろ悲しい.このダルダルな感じをなんとかしてくれえ.

今日のよもやま:独りで煮詰まってると事故起こすからね.


6/22

…寝坊する.しかし行かねばならぬのだ,なかむらしろまるは男でござる.
いや,何にかというと,今日は同僚後輩引き連れて前の大学へ資料を漁りに
行きましょツアーが開催される日であったのですね.レディを待たせるのは
大変心苦しい話である.これくらいなら書いてもフェミニストなかたがたも
苦笑して許してくれるだろう.で,待たせているレディたちのうち,当座で
電話番号がわかりそうなひとから電話をかけていく.…なんか,かけた人に
限って「今日は体調がよくないのでおやすみ」な人が多いような.最後まで
電話番号を知らなんだひとりの番号を教えてもらい,そこでようやく連絡が
つながる.…なんやいな,結局はひとりしか来られへんかったんかいな.

で,大学へ.ご挨拶のひとつも交わし,資料の探しかたなどをうろちょろを
教える.ここにこんなんあるよーとか,こんなん使えるんと違うかなーとか
資料をガスガス渡していく.これが先生に「これこれの資料は使えるから
読んでおくように」と指示されても全部読まなくてはいけないかのような
不安感に襲われるものだが,現物が目の前にあればそれなりにポイントだけ
拾い読み出来るという点でよいですね.で,ぼくはぼくで勝手に面白そげな
資料をうろうろ探し,数部コピーさせてもらう.でもそのころ大変な事態が
ここ文学部全体に影を落としていたことには気づく由もなかったのである.

文学部全体のサーバがまたお亡くなりになっているらしい.で,「今回は
ハードディスククラッシュにおけるかなりシリアスな状況に追い込まれて
おります(原文やや要約)」という文書が各研究室に配られたそうな.そりゃ
そーだ,メールで伝達しようにもヤラれちゃってるんだからしかたないや.
しかしせめてミラーサーバのひとつも立ててなかったんだろうかねえ.あと
セカンダリ NFS とかないんですか? などと脆弱な環境が見え隠れする….

文学部サーバの復旧があてにならないことに怒り心頭である卒論指導教官の
オフィスから,ダイヤルアップ接続環境の設定をしましょう,ということに
なる.しかし何をやってもうまくいかない.スピーカーから電話の通信音が
聞こえすらしない.なんでかなーどしてかなーとか思っていると,分波器の
接続が思いっきり間違っていた.電話線 → 分波器 → 電話とモデム,が
正解ですが,電話線 → 電話 → 分波器 → モデムと電話(謎) てな感じで
繋がっていたわけですね.なんかウロボロス発生してます.正しく繋ぎ直し
内線番号ゼロ設定も行い,無事に外への活路を見出す.でも疲れたので一旦
晩ごはんにしましょう,車で坂を下り小料理屋でいろいろ頂く.とっても
おいしうございました.その最中に入電,ぼくの入ってる ML の管理者様が
エラーメッセージがやたら多いのはどーして? との質問を.文学部全停止の
あをりを食らってるんですそれは.ともあれ吹田まで出向いて説明しないと
話がよけいややこしくなりそう.ま,先にこちらの先生の接続状況を無事に
設定し終えませんとね.その場でプロバイダに入会しめでたく環境構築.

で,本当だったら帰る方向が同じなので先生に車で送ってもらう予定では
あったのだが,いまから別キャンパスに出向かないといけないのですよ.
時間にして23時近く.学部が違うとヨコの連絡はないに等しいらしく,
文学部鎖国状態に人間科学部の先生はちっとも気づいてなかったらしい.
はははーそりゃーたいへんだねーと言いながらも「他人事でよかった」と
顔に書いてございますぞ.ま,こっちの学部はコンピュータリテラシーが
まじめに行き渡ってるっぽいからなあ….でもそれでもダメな先生はダメで
すべての伝達が助手を介して行われている場合もあるらしい.しょぼん.

解説をしていたら,もー帰れない時刻になってる.しかたなくぼくんちまで
送っていただく.結局どっちに転んでも車で帰る運命だったんだな今日は.

今日のよもやま:うーん,先に帰ったほうが正解だったね.


6/21

朝方とんでもねートラブルに巻き込まれて気分がぶちくさ.いろいろあって
ここには書かないけれど,世界はとっても滑稽に出来てるのさ,というのを
身を持って実感.こんなネタだらけの人生嫌です誰かなんとかしやがれ.

いろんなひとを巻き込みながらトラブル処理に手間取ったあげく,友人との
約束に思いっきり遅刻.本当はね,正午には到着してるはずだったのにね,
なぜかその時刻にはまだね,おうちにいたのだよね.ごめんねごめんね.
友人は携帯電話を持っていないので,こちらとしても連絡しながら移動と
いうのができなくて不安.2時間以上遅れて到着,待ち合わせ場所にまだ
いるわけもないので家に電話.で,ようやく落ち合うことに.お久しぶり.

高校の頃からの付き合いだからもう10年ほどになるのか….だけど未だに
話がどこまでもまとまらないで転がり続ける,というのはなんなんでしょ.
二人とも言語系の人間のはずなのに,あえて言語を茶化すようなことばかり
喋って遊んでいる.結局どちらも似たもの同士で,ひねくれたことがとても
好きなだけなのだ.しかしそれでも食事を取った喫茶店に数時間粘ったうえ
実りがないどころか健康上よろしくもない思索をじゃらじゃら述べるのって
どうなんだろう,とか思う.集合論も生成文法も戦争も宗教も,世界の中の
森羅万象がオモチャにできるのはある意味幸せなんだけどね.ある意味.

友人宅におじゃま.トンパ語の図版とか,大戦初期時の日本語撲滅計画の
参考文献とか,そーいうものを笑って読み耽る.あ,あと世界の国旗とか.
いや,本当に国旗図鑑を大笑いしながら読めるんだって.ウソだと思うなら
一度読んでみることをお勧め.…おもしろいと思うんだけどなあ,絶対に.

そんなこんなでかなり遅くまでお邪魔してしまう.泊まっても良かったけど
やっぱり次の日がありますもので.また今度ゆっくり会いたいものである.

今日のよもやま:やる気のない星条旗.そして電波の暮らし.


6/20

睡眠はあまり足りてないが,這い出してひーこら言いつつおでかけする.
今日は友人との待ち合わせ.珍しくこちらが待つ身になる.いつもいつでも
待たせるわけではないのですよ.こちらが時間にルーズなぶん,逆にひとが
どんだけ遅れても気にならないんです.…言い訳になりませんかやはり.

待ち合わせ場所にCD屋を選んだのは失敗だったかも.ついあれもこれも,と
物欲が燃えてしまう.いやいやいや,抑えてなんとか財布の紐はきっちりと
ホールドしたけれども.だけどそのうちあれもこれも買うだろうな,という
予感はひしひしとしますです.…将来に向けて備蓄しろよってば金をさ.

まあ,やちゃこちゃと喋る.基本的にぼくは誰かに話を聞かせてもらうのが
好きらしいのだな.学生特権で食事をおごってもらったりしつつ,いろいろ
読書遍歴とかの話になる.ぼくはひとが思うほど本を読んで来てないし,
またその自覚もあるので,本をいろいろ読んで来たひとは単純に尊敬して
しまうのであるな.ていうか,文学部の人間ですら読まないような本ばかり
読まれてしまっている.すごいなあ,口をあんぐり開けっぱなしで考える.
たまには一般的な小説なども読まなくてはなと心新たに.…時間あればね.

家に帰ってからはスクリプトの全面書き直し.…挙動があやしくなった.
ていうか弾き出す数値がありえないものに.ひい.なぜだろどうなんだろと
try and (error)*N (ただし N は自然数,1 <= N <= 30くらい)をループ.
はっ,気がつけば空が白んでいる.少し休んでからまた明日なんとかなれば
いいなあ.なんともならなかったりなんにもならなかったりしたらいったい
どうしよう,とか考えるとまたドツボやし〜.はあ,内に向かってますな.

今日のよもやま:強制記憶喪失装置とか,便利だと思うんだけどな.


6/19

学校へ.あいかわらず体調はすっきりしないが,それでもますとごーおん.
なんだか指示があって授業は少し遅れてからのスタート.その待ち時間で
スクリプトのミスをかりかり修正したり,なんかいろいろ作業をやらかす.
で,こないだのアブストラクトから論文を捏ねあげるわけだが,それだけで
充分な作業量だというのに,さらにもうひとつ別の論文書きを勧められる.
やらざるを,得ませんね? バラエティ番組などで追い詰められる若手芸人の
気持ちが判る気がしたその瞬間でありました.だけどやはり調子が悪いので
授業が終わると同時にほけーっとおやすみ.薬服んで寝たろかとも思ったが
院生室で寝ると後でどんなイタズラをされるのかわからんのでがまんする.

ほかの友人からは「男の子って熱出ると嬉しがるよなあ」とか言われるが
そうか,女性の場合には熱の変動というのは日常茶飯事なのであるなあと
いまさらながらに思う.からだのつくりが違うというのは,よく考えると
とんでもなくすごいことなのだね.あまり意識したことはないけれど.

で,今日はいまさらながらに新入生歓迎会.外は…景気よくどしゃぶり.
みんなが浮き足だっているのを後目に少し先生に報告しなくちゃいけない
ことがあったのでオフィスへと昇っていく.で,院生室に帰ってみたら
電気が消えていた.…ひどいやねえさん,と日曜18時30分的なセリフを
声に出して叫ぶ.しくしく泣きながら歩いて宴会場までひとり歩いていく.
たぶんみんなは人数が多いことを利用してタクシーなど使ったものと思われ
寂寥感は30%増しである.とぼとぼとほほ,横なぐりの雨が冷とうござい.

宴会開始.いつものクセで烏龍茶烏龍茶烏龍茶のコンボ.見慣れていない
友人からは珍獣扱いされるが,このおかげで身体が冷えたし,ちゃんと
熱が一時的にせよ下がったのはうれしい話である.いろんなひとといろんな
話をしていろいろと楽しく過ごす.酒のせいで普段と違うヒトってのは,
やっぱり後でからかいがいがありますね.←そこまで性悪じゃないです.

いろいろあって二次会.雨の中の移動.例によって歌をうたいにいくが,
なんかある特定の方面から期待が寄せられていたそうで.その期待には
答えるべくあれやこれや工夫した選曲.ていうかまともな曲を歌わせては
いただけないんでしょうか.いや,血がそうさせるとでも言いましょうか.

で,深夜までいろいろと.当然もう帰る術は残されてないので,タクシーを
拾って帰ることにする.家に帰ってからメールを確認,そして就寝.だけど
薬を服むのは忘れない.…明日きちんと起きられればいいんだけどねえ.

今日のよもやま:タクシーの深夜割増しは23時から翌朝5時まで.


6/18

まず英会話学校.基本的にお客さんになってしまった.まあ初回だしさ,
今日はこれくらいで勘弁しといたるわ,ってのは由緒正しきお約束です.
冗談はともかく,友人と先生とが喋ってるところにボソっと突っ込む,と
いうような役回りでした.いや,決してロールプレイをしてるわけでは
ないんですけど.普段はぼくはボケかツッコミかどっちかというとボケだと
思うんですが,この時にはなんかツッコミが多かったような気がしますな.
…というか,ボケってちゃんと会話が成立しないとできない作業だから.
よし,次の目標は「英語でボケる」だ! …あまり目指すものでもないなあ.

途中で学部生乱入による追試験が行われてしまったり,先生の出身校である
ところからやってきた学生が大挙して押し寄せてきたりして軽いパニックに
なりかけたとか,なんかまあいろいろあったがタイムリミットということで
院生室に戻る.ともあれ英語で喋る機会を無理にでも作る方がよかろう.

自分のブースでスクリプト改造をしこしこと.…Windows のほうから見ると
backslash が全部 yen になってしまい,正規表現が読めなくなっている.
EUC 万歳.SJIS サゲ.おねがいだからバックスラッシュで読ませてくれ.
あとは表計算ソフトに持っていきやすい形にデータ出力を調整して….でも
タブ区切りはテキストとして見た時ちょい見苦しかったので次善の策として
コンマ区切りで.む? csv だっけ cvs だっけ? とかいうのはもうお約束.
ややこしいテクニカルタームや略記が増えて来ておっちゃんかなわんわ.
CSV は Comma Separated Value, CVS は Concurrent Versions System の
略語である.自分に言い聞かせるようにして日記に書き留める姑息な手段.

スクリプトを走らせている最中に体温計測.37度4分というのはどう優しく
見てあげても平熱と言うには無理があるでしょう.でも今更休めないし
あらかじめ冷凍庫で凍らせておいたおしぼりを首筋や頭やこめかみに当て
ぜーはー言いながら授業を受ける.やる気がないわけではないんです,ただ
体力が続かないんです….ネイティヴとの会話は本日二度目だが,やっぱり
授業の方が専門用語や論理が多用されるためワケわかんなくなる率高し.
融けかけた脳みそでは理解もおぼつかなくなりつつあります.ふにゅう.

ぽてぽてと家に帰る.が,その途中むちゃくちゃに心臓が痛くなる.いや,
正確に言えばみぞおちのあたりが.「このまま死ぬか? 」と思ってしまう程
胸の痛みというのはインパクトありますからねえ.たとえそれが単なる胸の
筋肉痛みたいなもんだったとしても.いや,現状のところやはり胸の痛みの
理由は判っていないんですが,とりあえず今は痛くないからもーいーです.

友人に電話.木曜日に友人とこに出かける約束をとりつけるためである.
この友人も統計的に有意な存在なひとで,ずれ全般に執着しているマニア.
高校の頃からいろいろ付き合ってますが,似たもの同士で合いも変わらず
とても変な音楽を収集したりとても変な本を収集したり,そしてなにより
とても変な時間を共有したり.同級生がみんな就職したり結婚したりして
きちんと社会へと溶けこんでいくというのに,ぼくとその友人に関しては
そういう気配はいまんとこまったくなし.21世紀高等遊民というのはとても
うらやましいですのう.彼はきっちり医師免許なぞ取っているんで切り札が
使えるが,ぼくにはそのへんの強みがまるでないので世間に関しては丸腰.
さてさて,賢いのはどっちで勇気あるのはどっちで無謀なのはどっちだ.

今日のよもやま:出どころ忘れたアフォリズムは全部聖書にしちゃえ.


6/17

だらーり.とにかくだらーりと.バイトは一段落したものの,また今週は
すけじうるがみっちり詰まっているので今日はもう本当にお休みするです.
今日休まないと体力持たないとわかってたからこそ,昨日あんだけ必死に
仕事を済ませたわけです.もう頭の中テンパってますからほんとにもう.

あいかわらず身体の調子はよろしくないのだが,ちっともこれが日常には
ならないのだな.慣れん.リンパのかたまってる首筋あたりなんかは特に
カンカンに火照っていて,もやもやしただるさがいつまでも残っている.
熱い風呂などにのんびり浸かろうものならあっというまにのぼせそうだ.
やっぱり風呂はぬるめ,そばはのど越し,さんまは目黒.←それは違う.

今日のよもやま:I'm statistically significant.


6/16

昨日の疲れにより爆睡.やっぱり新しいクスリはよく効きますですはい.
昼過ぎまで寝てそれから食事.んで,みっちりと設計図描きに精を出す.

作業中先生から電話がかかってくる.例のブツはどうなったかとの確認.
とりあえず出しておきましたと答えるとほっとしていた様子.ま,だけど
出しただけレベルなので,あとはどうなるかわかりませんですことよ.
今回ダメだったとしても,それでも現在の方向で研究を進めないことには
もう他に道がないんだけれども.七方塞がりって感じですか.最後の道が
出口に通じてるとは限らないんだけれども.むしろ螺旋の迷路のやう.

わーいできた,と息をつけばもう深夜3時に近くなっている.仕事は仕事,
作業データを添付して先様へと送る.が,いろいろと文句をつけつつ.
我ながらよくこんな慇懃かつ無礼千万な文章が書けるものだと思う….
意見はとりあえずぶつけるだけぶつけておいた,先様がどんなお返事を
返してくれるかはさっぱり見当がつかないけれども.というかもう少し
判読可能な日本語を読ませてくださいと懇願するしか道は残されてない.

今日のよもやま:地震予知ってむずかしいんだよぉ.


6/15

昨日に引き続いて病院.昼まで待たされてしまって授業に遅刻することが
確定したので,携帯から先生にメールを出す.病院内で携帯電話を使うのは
出来る限り避けましょう….待ってる間,ぼーっと待合室の環境ビデオを
眺めていた.しっかし印度人ってのはヒマだったんですね,という感想は
石窟寺院を見ての感想としては不謹慎だろうか.掘るよりも建てるほうが
圧倒的に楽だと思うんですが.さすがゼロを発明した国だけのことはある.
たぶん時間の流れかたがほかの国とはまったく違うのでございましょう.

検査の結果,結局原因はわからず.昨日今日と36度7分程度までは下がって
来ているので,あとは様子見ということで.ま,しょーがない.とりあえず
身体がだるいのはまだまだ続いているが,微熱特有の頭痛とか減ってるので
まあよいことにしてしまおう.薬はなし.また悪くなったら来いとのこと.

授業.最後の30分くらいしか出られなかった….ほとんど聴講生状態です.
とか言うのは聴講生に失礼だな.この授業への自主性が欠けてるよなあ,
やばいよなあと自分でもかなり思っているが,なんかタイミングとか悪くて
いろいろと.休まず真面目に出席してるひとに申し訳が立ちませんです.

さて,そんなふうに反省しているヒマもなく,あわててアブストラクトに
手を入れたり触ったり撫でたりさすったりまさぐったりする.締め切りは
今日なんですが,まだ結論がうまく出来ていない.…普通論文と言うのは
結論から書き始めるもののはずなんですが,何が間違ってこんなことに
なってしまったんでしょうねえ.まあしかたないので今日はみっちりと
担当の先生に見てもらいながら投稿しましょうかね.などと思っていた.

授業を終えて先生がやってくる.とりあえず書いたものを見せ,いろいろ
赤を入れてもらう.それに従って書き直しつつ,再度データを眺めてみる
ことになる.…しまったよせっかく書いたスクリプト家に置き忘れたよ.
一からさらっと書くほどの時間もなかったので力任せでデータ人力入力.
そんなことをやってるうちに先生が「あとはまかせた,じゃ」と言い残し
帰ってしまった.心の中でこだまする「そりゃないぜセニョール」の叫び.
結局なんやよーわからんままなんとなく投稿を済ませる.いいのかこれで.

ひとまず終わったので緊張の糸が切れたか,ぼっと熱が上がった気がする.
持ち歩いている体温計で測ってみる.…37度4分.上がっとるやんけー.
またしばらくしたら病院に行かなくちゃいけないようだ….今日の診察って
いったい何だったんだろう.たまたま体調の谷にいただけ? むしろ山か?

家で少し作業を.なかなか終わりそうもないんだけどなあ,なんだかなあ.

今日のよもやま:何から伝えればいいのか,きちんと整理しよう….


6/14

脳みそ系の病院の日.なんか待合ロビーに奇声を発するひとがいらっさる.
でも連れのひとと会話する時には普通になるのが却って奇妙.話が終わると
またキー…という声をかぼそくしかしとぎれることなく発し続ける.むう.

病状としては特に変わったことがあったわけでもなく.微熱が継続してて
しょうがないけれど別の内科に通ってます,と告げると「じゃあそっちは
そっちで処理して」ってなもので.医者と患者の関係ってそういう意味では
ほったらかしでもいいくらいに信頼されている,と見倣してよいだろうか.

キャンパス間連絡バス一時間待ち.端末室で時間を潰すとこないだみたいに
思わぬ時間を取られてしまうかもしれないのでバス停でたたずみっぱなし.
なんとなくぼーっとしてるだけでも60分なんてすぐに経ってしまうものだ.
ぼーっとするのは得意だぞ,えへんえへん.…威張ることでもありません.

次に前に所属していた研究室で仕事.ま,回線越しにいつも確認はしてるし
特に変わったこともなかったのでさっくり帰る.あ,でも関連雑誌について
助手さんたちにいろいろと注文は出したか.ていうか2年間もコンテンツが
変わらないどころか内容そのものが存在しない,ってのは淋しい話ですな.

思ったより早く終わったので友人との待ち合わせを少し早めることにする.
で,ちょっとしたブツを渡して任務完了.駅近くの喫茶店でなんかいろいろ
喋っていると,別の友人から電話.…あ,今日誕生日でございましたね.
偶然にもその日は研究室にいくからはっぴーばーすでーを歌ってあげよう,
だとか約束してたのだった.失念してましたごめんなさいごめんなさい.

さらにまた別の友人から電話.いろいろ大変らしい.悩みと言うのは突然
人間の心を襲うものだし,なんかこの世界はやりきれないこと多いです.
ポジティブになれないようにできている人間は小さくつらいことばかり.
まあ,それでも死んでないから生きてるんですが.あまり考えていると
また暗いところへ迷いこんでしまいそうで,できるだけ避けてるけれど….

家に帰る.ぐたりと疲れてしまう.熱を測るが37度を切っている.おお,
すんごいひさしぶりな気がしますぞ.でも疲労は残ってるので即就寝.

今日のよもやま:楽に生きなくちゃだめ? 楽になるだけじゃだめ?


6/13

スクリプト書きの休日.ひさびさにプログラマモード炸裂.…とはいえども
しょせんは perl なのでそんな複雑なものではない.だけどもなんとなく
スクリプタとは言わない気がする.まあどうでもいい,人工言語と格闘.

あ,参考書学校に忘れてきた….格闘の前にいきなり丸腰である.あうう.
過去にぽちぽち書いてたものをだらーりと眺めながら記憶をたどる.やはり
付け焼き刃の知識というのは思い出すのに時間がかかるものでございます.
連想配列のコツとかすっかり忘れてるしさ.ともあれ raw data を読みとり
正規表現でヒットさせて変数の値を増やす,といういたーってシンプルな
スクリプトを作る.計算のひとつもさせろよちったあ.awk レベルですな.

ぶちくさ言いながらも夕方頃完成,どくどくと一ヵ月分のデータを流し込み
無事に作業完了.ちうか一ヵ月分だけでいいのだろうか….数字を出すだけ
出しておいて,こんなんできますよーというアピールに使用するのみなので
まあこれでいいか.どんなふうになっていくのか,探索的な研究というのは
先がわからないまま進むしかないので決して心臓によろしいものではない.
ぼくの前に道はない,ぼくの後ろに道は出来る.…そこまで偉そうな話か.

今日のよもやま:「考える」という状態はさまざまな形態を取って….


6/12

珍しくも早起きできたのでそれなりに早めに学校にゆく.午前中のうちに
院生室にたどり着けたのって,何ヵ月ぶりだろう.でもそんなにひとが
多いわけでもなく,昼前くらいから三々五々集まり始める.で,授業.

先生のオフィスのドアを開けるなり「ひどい事件だったねえ」と.つまり
例の凄惨な事件.心病みにとっても大きなダメージを受けた出来事だった
だけに,いろいろ気を使ってくれているらしい.で,書きかけ論文要旨を
ざっと読んでもらい,この部分は70%くらいに圧縮して,仮説のところは
20%くらいは増していくように,との話.で,あとはスクリプト書きで
実際のデータをいろいろ揺さぶって,なんかおもしろそげな結論を出せる
用意をしていくように,とのアドバイス.はあ,なんとかしてみます.

さくっと帰って少し休んでから買いものに出かける.ちょっと外に出てた
だけなのに,なんかすごい数の虫にさされまくったんですがこれはいったい
どーいうことなんでしょ.露出していたふくらはぎあたりがジンマシンか
ヤバい皮膚病か何かのように赤くてんてんと.ゼラニウムとラベンダーを
ホホバオイルで希釈して塗付してお茶を濁す.虫刺されに効くおクスリ.

今日のよもやま:若作りって言わない.まだ若いんですから.


6/11

銀行に行くと,思いも寄らなかったことに奨学金が振り込まれていた.
もっとかかるとおもって倹約生活を重ねていたというのに,ラッキー.
ということで忘れないうちに振り込みを済ませて,その足で病院へと.

内科受診二回目.喉の腫れは治まっているというの熱が下がらない,と
いうことでとりあえず血液検査なぞしてみましょう,という話になる.
おうよ望むところさ.赤ぐろい血がじうじう吸われて行く様をぼんやりと
眺める.昔から注射を恐がらない子どもだったなあ…とか思い出しながら.
なお,検査のうえで身長と体重を測りましたが,なぜか身長が 175cm へと
成長を遂げていました.で,体重が以前測った時から 7kg 落ちてました.
…なんかある意味理想的なのか? でもきっと落ちた体重はみんな蛋白質で,
腹周りの脂肪はいっこうに燃焼されてないような気がします.むにむに.
このまま微熱が続けば 90kg 台から下方脱出できるかも.不健康な痩身術.

で,検査結果は三,四日後に出るらしい.それまでは薬なしでなんとかして
ください,とのこと.なんとかって,何をすりゃいいんですか? ひとまず
家に帰ってうがいをして,そのまま疲れ果てて寝てしまう.昼だってのに.

目が醒めると17時過ぎ.やばい,授業に間に合わないかも.ということで
いきなりリッチっぷりを発動,タクシーで学校へ.1400円かかるんだよう.
でもこのところ休みがちだったし,どぉしても授業には出ておきたかったし
しょうがないかと.英会話の自主勉強もあったはずなんだがそちらは今回も
パスさせていただくこととして.来週こそは必ず行こう….病院と時間が
かちあわなければの話だけれども.で,ぜーはー言いながら教室へ到着だ.

Research Presentation I.なんだか妙にひとが少ない….だけどなんだか
授業はなごやかな感じになって来ている.よいことだよいことだ.なにが
あったのかはよく知らないけれども,先生も学生もどっちもつらい時間が
流れるよりはよっぽどみんな幸せです.授業中ちょっとぼーっとしてる時
当てられちゃって何をするのか訊き返したりもしたけれど,その程度なら
授業の進行を大きく妨げることはないし.緊張でピリピリするほどのことは
なかったのでよかったとおもいます,まる.でも授業の終わりのほうでは
ちょっと疲れが出たらしく,身体がカッカしてしまう.授業終了後院生室で
熱を測る.そう,体温計常備なのだよ.…37度3分.ぐったりしつつ帰る.

家に帰る.バイト関連のメールがたくさん,たくさん,たくさん.なんか
提出した図面はそこそこきれいにできていたらしいが,その後の修正用の
サンプルがどかどか送られて来ていた.そこまではいい.容量のことくらい
考えてください.しかも「添付ファイルを送信してもそちらが受信できずに
何度も返って来るので困ります,アドレスを作ってください」というのには
ちょっとカチンときてしまった….こちらだって雇われているわけであるし
お銭をいただくのだから,ある程度までは合わせるのだけれど,びしばし
10MB 単位のファイル添付メールをわざわざ小分けに送りつけられた挙げ句
「あなたの現在のメールアドレスはろくすっぽ使えないから新しく作れ」と
指示されるというのはどうでしょう.何かを越えてる気がするんですが….
かーなりこの仕事にイヤ気がさしてきました.っちゅーかもう Windows を
起動する時点で気が滅入るようになっちゃったんですが.これ以上ぼくを
Windows 嫌いにさせるつもりですか? …はい,それが現状では反社会的な
思想であることは判ってますが,世の中 Windows だけで動いてるわけでも
ないんだい.不満たらたらの状態のままふてくされて寝る.午前3時過ぎ.

今日のよもやま:とりあえず,ドアに近い席を所望することである.


6/10

昨夜からがっしゅがっしゅと仕事を進めて朝方一段落.前回のようなヘマは
しないぜとばかりにとっとと送信.ひとまず今週は乗り切った,次は来週.

睡眠は足りているはずなので,いや,ともあれそういうことにしておいて,
そのまま寝もせずに洗濯だとか皿洗いだとか家事モードに突入.からだは
くたくたでしかたないのだが妙にハイテンションで動く.どこからこの
無駄なエネルギーは湧いて来ているのか,有効利用は出来ないものか思案.

夕方くらいから眠気が再度さして来る.だいたい睡眠サイクルは30時間位に
落ち着いているのかな? …それを落ち着いてると言えるのってどうだろう.
少し寝る.うたたね程度.相変わらず熱は下がっていないし,横になると
しんどさにひきずられるようである.ひと呼吸ごとになんかどっか痛いし.

今日のよもやま:♪ハイテンションと固いテンポ


6/9

目が醒めたらなんか暗い.…20時.なーんにもできやしないよこれじゃ.
ということで今更ながら真面目にバイトの図面引きを行う.朝までかかる.

いろいろ見て回ると昨日の小学校襲撃事件関連の情報が飛び込んで来る.
とりあえずあの程度の向精神薬なら服んだこともあるけれど,幻覚なんか
これっぽっちも見えたことなんかないぞ.そもそも病気の人間にとっては
薬は命綱みたいなものなんだし,そういう薬遊びするのはこちらにとっては
迷惑千万な話である.まったくもう,何か明るいニュースはないものかね.

今日のよもやま:壊れるなら周りに迷惑かけないで壊れてほしいな….


6/8

授業に出るためひーこら言ってバスに乗る.途中下車して本屋に寄るが,
友人から頼まれた本は残念ながら見つからずじまい.ほかのとこで探そ.

さて教室へいくとからっぽである.授業時刻になっても誰も来ない.うむ?
めずらしいことに休講であったようだ.先週休んだ時に口頭で伝えられた
ようである.この先生は滅多に休むひとではないんだけれどもなあ,どうも
ヒキが悪かったようだ.しょうがないので院生室でぐつぐつ煮えておく.

ちょっと論文書くことになってせかせかしはじめた.アブストラクトの
ひとつくらいとっとと書けるようになっとかないといけないのになあ.
こんなふうに忙しくなって来るのは決して嫌いではない.だけどそれが
オーバーワークになってくるととたんに負けてしまう.マウスより弱ぇ.

家に帰って,バイトの続き.家の中での作業は結局ずるずるべったりに
なってしまって,ほかのことができなくなってしまって本当に哀しい….
なんか世間ではとんでもないニュースが流れていて,暗い気分になる.
就寝は朝方.ちょっと睡眠薬をきつめのものにして,ばったりと倒れる.

今日のよもやま:じゃあもっと早く言ってくれよぉ.


6/7

家にいて雑用をもぞもぞやってるうちに日が暮れる.起きる時刻が遅いと
いうのもありますが.でも基本的に家事って時間とられますからねえ.

ひとまず買いもの.財布の中身が貧しく乏しくなって来たので,こうなれば
現状の持ち物を売ってみようかと.材料はあるんだから,化粧水であるとか
ローションであるとか香水であるだとかを調合すれば売れなくもなかろう.
ただ問題は.材料はある,センスがないんだ.あと誰に売るつもりだか.

それでも本を売ろうとしないのはある意味潔いと言えよう.自分で言うな.

今日のよもやま:いやいや,bibliophile としては当然のことであります.


6/6

別に UFO はあっちいったりこっちいったり落っこちたりしてないようだ.
ていうか雨で空が見えん.もう梅雨なのですねえ.まだ熱はぼんやーりと
続いていて,解熱剤を服んだ直後は少し収まる,といった程度.ちょっと
ほったらかすとすぐ37度まで上がるので油断できない.ともあれ午前中は
うとうとして目が醒めてまたうとうとして,の繰り返し.睡眠薬のおかげで
夜中に目が醒めることは少なくなったが,そんなに深い眠りでもなさそう.

で,昼すぎから仕事.今回の図面はフクザツなので面倒.ぼんやりしてると
すぐに形が妙になってしまって電卓を叩き直すはめになる.こういうのも
じきに慣れるもんなんでしょうかね.薬ボケした頭にはこれ以上新規学習が
できないような気もするんですが,いったいどうなんでしょ.はてさて.

夜を過ぎてへろへろしていたら,ネットワーク越しになぜか呼びかけられて
シンガポール発16歳の少年と深夜にお話し.シンガポールってことは時差が
そんなにないのでお互いに夜中に話し込んでるわけだが,どうやらあちらも
insomnia らしい.なんでそういう人種が近付くかねぼくには.でもなんか
わけもわからずそれなりに話が盛り上がる.ジャパンはクールだ,だとか
夢いっぱいのことを言ってるが,大抵の日本人は日本のことをよく知らない
駄目な国なのだよ.もし日本に来ることがあってもがっかりしないでね.

今日のよもやま:そか,pen pal って聞かなくなったけど,今で言うメル友か.


6/5

洗濯洗濯,雨なのに洗濯.がっしゅがっしゅと洗濯.なんだかもー前世で
なんか悪いことでもしたかと思うほど取り憑かれたように洗濯.特に今日は
冬春ものと夏ものをまとめて洗ったので量が多い多い.というか現実逃避の
手段と化してます.しまった,こんなに干せない.というのをギャグでなく
本気でかましてしまったのは情けない話です.後先考えて行動しようね.

医者から日々熱を測るようにと言われているのでそのように.しかしやはり
ぼんやりしていて,体温計の水銀を下げようとしてぴぴぴと振ってる時に
手からすぽーんと….床に激突.大破.床の上は水銀の粒がきらきら綺麗.
これって掃除機で吸い取っていいんだっけ? というかそれ以外どうしろと.
さて体温が測れなくなったぞ困ったな,という状態には陥らないのだな.
なぜかうちには体温計が3本もある.1本くらい割れても大丈夫なのさ.謎.
後に体温計を買った時の箱に入ってた説明書を読むと,水銀を下げる時は
ケースに入れて紐を持ち,ぐるぐる回すのが正しいし安全なんだそうな.
世の中のモノってよく考えられて作られているんですねえ.賢くなった.

とりあえず解熱剤はそれなりに効いているらしい.でもあんまりしゃきっと
するわけでもなく,やっぱり体調が悪いのには変わりはなさそう.むむう.
こんな不健康な身体いらない.ふはふはとため息つきながらいろいろやる.

そこらへんから拾って来た MP3 データをまとめて音楽 CD に焼こうとして
失敗する.ありー.FreeBSD で焼こうとすると曲の最初にプチノイズが入り
しょーがないなーと思って Windows のほうへ移動.すると Windows 用の
PCM WAV でしかも 44100 hz Stereo しか受け付けないよーんとのたまわれ
非常に憤慨する.MP3 から直接音楽 CD を作るためのオプションもあるけど
使うならお金払ってね,と来たもんだ.お金なんかないぞ.しょうがない,
いったん FreeBSD に戻りコマンドを駆使,そういうファイルを捏造する.
さらに MP3 から一気に PCM Wav なファイルを作るスクリプトをかりかりと
自作してみる.mpg123 と sox 二回通すだけだが,中間ファイルをマメに
削除するようなシクミにしたのでディスク容量にも優しいはずだ.たぶん.

…ここまでムキになっていろいろやるのも,みんな貧乏が悪いんですよね.
しかし FreeBSD の burncd コマンドでノイズを乗せないように音楽 CD を
作る方法誰か教えてください〜.いちいち Windows に切替えるのは面倒.

今日のよもやま:いや,別に朝から靴をトントン叩いてるわけではないが.


6/4

保険証がようやく入手できたので医者へ行く.近場の個人医院だったので
初診扱い.問診の時に現在服んでる薬を列挙すると驚かれる.こんなに? と
いう話だったが,そんなに驚かれるほどの量だったのか….自分の常識が
一般から乖離してるのをまざまざと見せつけられちょっとブルー入る.

自覚症状はなかったのだが少し喉が腫れているらしい.それでとにかく
解熱剤を出してもらう.これで様子を見て,調子がよくならないようなら
他の検査もやってみましょ,ということに落ち着いた.まあそんなとこか.

処方箋だけもらってあとは近所の薬局に行ってください,と言われたものの
ものの見事に道に迷う.しっかりしろ,ここは家から徒歩3分の場所だぞ.
ぐるーりと遠回りしてなんとか薬局発見.で,ここでははじめて処方して
もらうので,またいろいろ書類を書くことに.で,現在罹患している病気や
服用している薬の欄がぎっちぎちに.ここでも驚かれる.現在服んでる薬と
今回出す薬がコンフリクトを起こすといけないので,薬を出す側もいろいろ
大変らしい.かわいらしいおねいさんが受付してくれたのだが,薬について
説明をして,はいはいとうなずいて,受け取って.…なんか忘れてません?
会計忘れてやんの.店を出る直前にお互いに気がつくありさま.や,ぼくは
別にタダのまま出てってもよかったんですがねえ.家に帰って少し寝る.

でろでろの状態だったが,今日を逃すと月曜日の授業は一ヵ月まるまる
出てないことになってしまう.それはできるだけ避けたい.ということで
学校に出て行く.バスってのはやっぱり人間の圧力が強くてやだねえ….
院生室には M2 が誰もいなかった.なんか火が消えたような感じで,少し
淋しいものでございます.や,M1 だけじゃ不満だとかいうわけじゃなく.

さて,Research Presentation.なにやらみなが宿題らしきモノを印刷して
あれこれ言っているが,ぼくには何が何だか.で,授業の前に先生のほうが
この授業の感想を忌憚なく聴かせて欲しい,ということで学生ひとりずつに
意見を求めていく.で,ぼくにも幸いにして回って来た.こんだけ休んでて
意見も何も言えた義理じゃないんだが,とりあえず May I have a speech?
なんじゃらかんじゃらしゃべくったがちゃんとした英語かどうかは不明.
ともあれこの授業では,基本的に必要とされる言語学の知識が高いんだが,
知識量のギャップが学生によって激しい.でもって,全部英語であるため
その部分でも敷居が高い.何かいろんな問題を内包してこの授業はともあれ
邁進しているのである.どこかへ.…それは迷走と言うのではないのか?

…んで,ちょっと先生のところに顔を出す.今年は修論書かないけれども
代わりにこの学会出てみない? ととんでもない提案をされる.ま,確かに
なんにもしないまま一年過ごすよりは有益なんだろうけれども.うむう.
でも今は頭がぼーっとしてる状態なので,頭冷やしてから考えますです.
去年似たような研究会発表とか学会誌論文投稿とかのキューが溜まりに
溜まりまくったあげく脳内ショート起こしちゃったもんで,そういうのに
非常にそーいうのに臆病になっているわけです.どうしたものやら.

風呂に入るとき,ふいっと思い付いてカカオとバニラの二つのオイルを
ミルクで溶いてバスタブに溶かし入れてみる.うむ,いい匂いだけれど
なんかこのままぐつぐつ煮られてなんぞのお菓子にされてしまいそうだ.
なかなかいいブレンドだったのでレシピ集に加えておこう.うむうむ.

今日のよもやま:…フタが締まらない.


6/3

一日中ディスプレイとにらめっこして図面と格闘する.納期は目の前なので
少々くらいは無理をしないと.顔とか背中とかから赤外線を放出しながら.
時々冷湿布で身体を冷やしながら作業作業.目薬のドーピングも忘れずに.

昼すぎくらいになんとか終わったのだが,そこで力尽きて寝込む.うぐぅ.

食欲はないけれど何か口にいれないと薬が服めない,ので適当にどうにか
食事の用意をして….あ,データを作ったはいいけど仕事先に送ってない.
いまさら気づきあわてて FTP 経由メールにて送信.けっこう危なかった,
忘れて寝てたらアウトだったな.…でも来週末もまた別の図面の納期が.
はああ,なんとかしなくちゃなあ.複雑な図形が絡み合ってるのを見てると
本当にこれ描くんですか? へらへら,という気分になって来る.余裕を見て
作業しないとこりゃ間に合わなそうだ.しかし計画性に乏しいぼくとしては
どうなるか自分でもわからないのである.未来は輝いているよ,玉虫色に.

今日のよもやま:できればムカつかずに生きたい,って重要だよねえ.


6/2

遠方の友人が近くに来るという話だったので顔を出しに行く.だけど体調は
よくないまま.なんか身体は火照っているのに汗がぜんぜん出ないので,
うまく熱が発散できていないというか.で,友人は寺院めぐりがしたい,と
豪快な提案を出してくれたがそんな遠出する体力ありません.泣きをいれて
地味に近場で適当に遊ばせていただく.お茶を飲みつついろいろしゃべりを
くらわせていると,親のひとから電話がかかってくる.保険証は届いたか,
という話だったがまだ受け取ってないぞ.ひょっとして今ごろ郵便受けに
届いていたりするのかねえ.ともあれこれでなんとか人並に病院に行ける
身分になれました,めでたしめでたし.別の友人たちとも合流していろいろ
夕方くらいまで.夕飯も一緒に,という話だったが体調の悪さとバイトの
期限が迫っているので辞退.んー,疲れたけれども楽しかったですほんと.

で,家に帰ってから図面引きの続き.あーなってこーなって,ずるずると
線を引いたり線を消したり引いたり消したり引いたり消したり.図面製作用
プログラムがアップデートされてしまったおかげで,また一からファイルを
作り直さなくてはいけないのでひじょぉに手間である.でもそういう手間を
かけるからこそお仕事なのであり,それによってお金がもらえるのだなと
思うと,あまりぶちくさ言ってもいられないのだろうなと.めざせ社会性.

今日のよもやま:確かに呪われそうな図案ではありますね.


6/1

熱が引かないよぅ.学校お休みさせていただく.もういまさらなんだが
やっぱり気が咎めてるのはいいことなんだろうか悪いことなんだろうか.
身体がぼーっとしたままなんとかして気を落ち着かせる.ここのところ
酷使されている体温計.電子式のヤツだったら電池が切れる勢いだろうな.

しかしぼくの持ってる薬箱にはどうして風邪薬とかそういう普通の薬が
ぜんぜんないんだろう.それ以外のものはたいがいあるんですけども.

たらたらと本の整理をして一日を過ごす.あっちのものをこっちへやって
それだけなんですが.ああ,大きな書斎のある家に住みたいものだ….

今日のよもやま:目薬胃薬点鼻薬睡眠薬抗精神病薬抗鬱薬軟膏絆創膏…


back.