5678

キミニトドケボクノイノリ

ひとつずつかずをかぞえて
こどもたちがおぼえていく

つぶやいてただそれだけで
とどくようなきがしました

そのゆびおりひとつずつが
いつまでものこりつづける
いのりとおなじかたちです

キミニトドケボクノイノリ

いつとどくかしりませんが
むずかしいことではなくて
ながれぼしかぞえるたびに

キミニトドケボクノイノリ

やみよのなかでもみえるよ
ここからはきみのすがたが
ぼくはてをにぎりなおして

キミニトドケボクノイノリ

うれしさをもじにかえよう
さびしさをそらにとばそう
じかんさえもゆがむけれど
はじけとんできえるだろう

キミニトドケボクノイノリ
まっすぐなみちをすすんで
キミニトドケボクノイノリ
わすれはしないいのりです

back.