なにをなすでもないひとに

蓄積されない
つのる思い

いつかなにかの役に立つから
きっと誰かが見てくれるから
そして人気者になれるから
夢を見ます

春は花粉症に泣き
夏は青空を厭い
秋はただ思いを憂い
冬は冬眠を試みる

なにもしなかったんでしょう

本を読むにも斜めで
映画なんか観ないで
音楽も中途半端で
文化的最低限で生活して

なにもしなかったんでしょう

昔の思い出だけを大切にして
在りし日の記憶を自慢にして
なにをなすでもないひとに
なってしまったんでしょう

面倒だねと
寝言ばかり
こぼれおちる
つのる思い

そろそろですよ
おそれるあまり
背を向ける

なにをなすでもないひとよ
背中に隠した冷たいものに
溺れていくのが道理だろうか

back.