それでも思ってしまうこと

ぼくらはぼくらのオリジナルである
誰かの手に渡るものではなく
誰かのための命ではない
泣くのも笑うのも自分の声で
永年の中でこしらえた歴史を
文化を奪い奪われることがあってはならない

丸いものを丸いと言えるように
青いものを青いと言えるように
美しいものを美しいままで共有し
むやみに褒めそやすのではなく
おろかに貶めるのではなく

尊重

ただこのふたつの文字を
いろいろな形で言い換える
難しく考えることもできるが
ぼくらが信じる正しいものは
古来エレガントである

あなたはあなた
わたしはわたし
そんな相対はもういい
しかしそれでもなお
許されないことはないのだ
話をしたい

欲しいものはたくさんある
詩の,ことばの力というもの

詩になにができるか,ではない
なにを経てなにを為して
詩が生まれるのか,ということだ
どんな詩が生まれても
それはハッピーエンドなのだ

back.