甘く駄目な香り

世界中の花を融かして
霧の中に吹き込む

吸い込んでやがて届く甘く駄目な香り

ぐずぐず熟れ落ちそうな果実
触れれば指から潰れそうな
それはあまりに剥き出しで
まるで心のようではないか

香木の煙に乗せられて
目を塞いで見る

古い脳が誤魔化された夢を巡り駆ける

遮光瓶からこぼれる液体
麻痺して行く感覚機能
精製水は有機物に汚染され
からっぽの世界へと蒸散してゆく

back.