朝の光景

ぼくは石になるかも知れない
ある朝目が覚めたら
動けなくなっているかも知れない

脚が皮膚が
膝が頬が
蛇にかまれたようにしびれてしまったら

その毒が回って
ぼくの肺を止めてしまう前に
気がついてくれる人がいるだろうか

ぼくは石になるかも知れない
ある朝ひっそりと
世界を止めてしまうかもしれない

back.