カルニヴァル・フルコース

自分の心臓の
歯ごたえを楽しんで

しみ出す血液を
ぐじゅぐじゅとすすり上げて

骨髄のスープは上々
腿肉の柔らかな舌触り

自給自足の一形態
自虐的な謝肉祭

痛いのはすぐに痛くなくなる
遺体の痛いは痛くない

ぼく一人の料理だよ
この脳味噌のソテーさえもね

調味料はわずかな涙
髪の毛が紛れても気にしない

back.