だあれもいない日

きれいな月にも傷がつく
危険な花火が砕け散る
星が揺らいで落ちてくる
あたまの上に落ちてくる

外には誰もいないから
夜の散歩をしないかね
こわれるためにでておいで
ボタンをきっちりとめてから

back.