冬の迷い道

いくら暦が巡り過ぎようとも
この身には桜は降り注がない

時はねじ曲がりひねこびて
可哀想な枯れ葉を散らし続ける

空は音を吸い寄せる曇り空
雲のほどけたかけらは雪になる

確か水色の朝顔の種粒
たぶんもう咲くことができない

この長い冬の迷い道で
見込みない種を握り締める

吹く風はまだひどく冷たく
天気予報ではみぞれになるらしい

back.