Hal #73

誰も世界を憎んではいないと
あなたはやさしい笑顔で言った
星も刺も月も時も影も夢も虫も砂も
ぼくを殺しにこないと言った

それでもぼくは不安になって
部屋の鍵をもういちど確かめる

明日になったら笑えるように
あなたはやさしい笑顔で言った
水も闇も音も街も歌も鳥も夜も風も
ぼくを殺しにこないと言った

それでもぼくは未練がましく
自分の名前をノートに書き殴る

薬色に視界がゆがむ
ぼくはもう眠いんだ
おやすみさよならまたあした
朝が来なければなおいいね

back.