遥か彼方のソナタ

誰もぼくを知らない
遠い街まで出かけよう
しがらみやくだらない話や
言葉から離れられるように

飛行機の窓の景色は変わらず
どこから来たのかもわからなくなる
雲の上の空はいつも海のようで
空の上の星はいつも砂のようで

誰もぼくを知らない
遠い街まで出かけよう
大好きな部屋を捨ててでも
自分から遠ざかれるように

back.