はるによせて

ひとはまたたちあがりとおりすぎるはるのひざしのなか
きみのことはわすれないけれどさようならになるじかん
ことばをたくさんたくさんかわしたつたえあった
おもいをたくさんたくさんかわしたつたえあった

いきていればめぐりあいまたあえるひもあるでしょう
だからいまはまだてをつなぐだけにしておきましょう
ひとのこころはそんなにつよくできてはいないから
いつかうつりかわりはなれることもわかっていたとしても
わからないふりをしつづけることでしょう

そしてまたすれちがいはなれてゆくはるのひざしのなか
ぼくのことをわすれないでねとさようならというじかん
てがみをたくさんたくさんかわしたつたえあった
きもちをたくさんたくさんかわしたつたえあった

おもいだせばわきおこりまたおもいがふくらむでしょう
だけどほんとうにかなしいものはわすれてしまうでしょう
ひとのこころがおもいだせないものなどとじこめて
いつかうつりかわりなにをおもいだしたかおもいだしても
わからないふりをしつづけることでしょう

ことしもきれいなさくらがちっていきました
また あえるよ
きみもぼくもおなじようないのちであるならば

back.