ひとり

かなしみも枯れてしまえば
向かいあい手をさしのべる友達
思い出は淋しさを少しだけやわらげる

かなしい時間は空気に融け
皮膚にしみとおり
もう消えない皺を刻む

うつむいてわが子の死を悼む
年老いた母は形見の時計を見つめ
うす乾いた顔で話を やめた

かなしみも過ぎてしまえば
向かいあい手をさしのべる友達
思い出がなくちゃ生きていけない

back.