解凍時間

大きな古時計がまだ動いている
つまりまだ九十九時間目だということ

いちご畑の永遠とともに
凍りついてしまった世界の時間

時は春 しかしどの季節でもなく
時計の針はゼロ秒を刺している

肖像画の微笑みが今にも
とろけて崩れてしまいそうでも

時間を食べる生き物がいない限り
大丈夫だと思わざるを得ないのだ

古時計が最後の歯車を回す時
ぼくは秩序の終わりを見るだろう

back.