軋んだ世界は皆が頷かなかった方へと翳る

ひとひとりひとりずつであれば
だれもいじわるなんてしない
みんなやさしくしずかなままに
きっとやすらかにくらしたい

だれかをにくらしくおもうのはだれ
そのこえをがまんできないのはなぜ
だれもがなにもきずつけたくはないはずなのに
だれもなにもなかせたくなんかないはずなのに

はぐるまとほねとがきしむおとがする
きしんだようなだれかのこえももれる

だれかへむけてこぶしをかためるぼくたちのこころがかなしい
ことばでなぐりなぐられるくらいならぼくはまけたままでいい
めいよもかみさまもきまりごともなにもかもなくてかまわない
けんかするくらいならばぼくはほんとうのことなんていらない

back.