きずつく

たくさん傷つけば
それが練磨と呼ばれる
細かい傷で埋め尽くして
磨くという行為に仕立て上げる

原石は麗しい
ごつごつした感じが心地よい
その味を切り取って
削ぎ落として人間に近づける

鏡のように磨ぎ澄まされても
世界はそこにうつらない
ピカピカのものはこれから傷ついて
やがてその役目を終えることになる

原石は原石のままに
曇りは磨かずあればいい
それくらいでちょうどいいと思う

back.