孤独

かわいそうな太陽
君を照らそうと
たったひとりで

ふつふつとたぎる熱は
やわらかい日差しになり
君の上に注ぐ

しなやかな光
なだらかな光
思いを込めて
惜しみなく

かわいそうな太陽
やさしさをこぼしながら

back.