大丈夫なんかじゃない

最近はどうも
うまく立ち回ることを
覚えつつあるようで
みんなを悲しませないで
すむようにもできるけれど

それはただ忘れてしまったのではなく
ぼくの部屋の隅のほうに積もっています

いつになれば窓は開くのだろう
少しずつ痛くなってしまう
あと少しで

ぼくはちっとも大丈夫なんかじゃない
だけど大丈夫って言わなくちゃいけない
誰かが悲しい顔をしないように
ぼくは大丈夫って言わなくちゃいけない

back.