なるようになってみました

おおきくなったらなにになりたい
ってきかれたときすごくこまった
ぼくはなににもなりたくなかった
ぼくじしんにすらなれてなかった

がんばればどんなことでもできる
っていわれたときすごくこまった
せかいはそんなにただしくはなく
なによりそれはめんどうなはなし

なにをみてもなにかをおもいだし
すべてのものにおびえていたから
そんなわけでぼくはみらいをすて
いまだけをただいきることにした

こころをあやつるくすりをのんで
さいなむすべてにみみをそむけて
うすぎたないことばかきちらして
まるでいやされたようにうなずく

じぶんのあたまでかんがえもせず
きたいされるままにながされゆき
なににもなりたくなかったころと
おんなじきもちとこころのままで

ぼくはなるようになってみました
まだなににもなじめないままです
だれかへのいいわけをさがしつつ
なにひとつできやしないままです

まだなにかになれるかもしれない
そんなはかないはなしはわすれて
ただひたすらにいまだけのことを
それだけでせいいっぱいなのです

どこでもだれともどんなときでも
わらっているのはつかれてしまう
なきさけぶほどのそんざいりゆう
そだてたおぼえもあるわけないし

そしてしかたなくぼくはほほえむ
それしかこたえるすべをしらない
はなしのながれもあまりわからず
うなずくことばかりくりかえして

ひていもこうていもすることなく
ひていされもこうていされもせず
どこかへたどりつきたいわけでも
なにかをつくりたいわけでもなく

いきられるならいつまでいきたい
ってきかれたときすごくこまった
いきたいというつよいきもちなど
こころのなかになかったのだから

そしてなにもかんがえることなく
ぼくはなるようになってみました
なるようになってしまったのだし
なるようにしかならなかったから

back.