世界へのおやすみ

この世のさよならのような気分で
眠る夜もある
明日の覚醒の時まで
ぼくは自分が
生き返るなんて
信じられない

back.