錬金術

鈍い闇の無重力に
水銀をぽかりと浮かべて
ぼくのランプは油が切れて
きれいには光らないけれど
うっすらと照らされた銀色は
まるで昔なくしてしまった夢みたい

ビー玉をばらまいてみる
ラムネ色の星が生まれる
ぼくには何が作れるのだろう
自分のこともわからないのに
フラスコはゆったりと体液を揺すぶり
逃げ出す色で熱を持ち始める

酸のしずくのじゅんという音
それだけが響きわたる淡い風景

back.