淋しがり

心の傷のかさぶたはがして
ひりひり痛みを後生大事に
まるで何かの約束みたいに
みせびらかしているみたい

誰も気づかないと不機嫌で
ため息わざわざついてみる
そろそろみんな飽きだすと
新しい傷つけに部屋を出る

勲章でも約束でも証拠でもないよ
泣いても辛くても何もめぐらないよ
きみもぼくも淋しがりなんだから

淋しくて死にそうになったらぼくに言ってよ
きみの淋しさはぼく一人ではいやせないけれど
ぼくもきみと同じ淋しがりなんだから

back.