桜の下で逢いましょう

静かに生命を吸収する。
桜は美しく咲く、素晴らしく咲く。
それがある種の人を憂鬱にさせる。
あまりにも見事な美しさをもってして。

憂鬱が集まれば平安がある。
惨忍さには必ず喜びが込められている。
桜は憂鬱のある種の完成型、
途方もない甘美な誘惑。
生と死のイメージ、天国と冥府の花。

死を踏まえた美しさなら、完璧でも言うことはない。

桜の木の下で宴が開かれる。
人々は浮かれて酒を食らう。
彼らの死の息吹きを吸い取って、
桜はより美しく咲く。

back.