祝福されない気分の祝福

君が笑うたびに
ぼくが痛くなる
ゆっくりと ゆっくりと
みんなの笑顔がぼくを蝕む

哀しみは見えない
哀しいことだけど

みんなが笑った瞬間に
叫びたくなる時がある
叫びたいのはぼくのわがまま
叫ばないのもぼくのわがまま

無理言ってごめんね
ありがとうが言いたいんだけど

back.