砂粒の記憶

海は突然やってきた
古い手紙をかき消すために

指先の砂が洗い流される
ひどく冷たく

ぼくの思い出は
もう二度と打ち寄せない

これからどうやって
暮らしていけばいいの

back.