たべられないあい

こめられすぎた愛情は重いけど
振り捨てたり脱ぎ捨てたりするときに
泣きたくならないでいられるほどには
ぼくは悲しい人間じゃないらしい

年老う人は思い出と諦めで生きて
年若い者の空腹をしきりと気にする
満腹かどうかだけで幸せを判断する
食べ切れないほどの愛情をこめて

あたしの分まで生きてくれ
あなたに愛情をあげるから
おなかいっぱい食べて太れば
幸せと力が身につくから つくはずだから

こめられすぎた愛情はつらいけど
それを無用だと言い捨ててしまうほどに
ぼくは悲しい人間じゃないらしい
食べ切れないほどの愛情に包まれて

ぼくは幸せです
そちらこそ幸せに暮らしてください

back.