とむらう

死者を包む布地は
つやのあるものでなくては
絹のような 羽根のような
普段より上等のものでなくては

幾多の差別をも乗り越えて
死だけは万民に平等にやってくる

死者を弔う人々は
花を添えてあげなくては
泣いてもいいから 泣かなくてもいいから
心だけでも涙で満たさなくては

back.