約束

じゃあ またね
と いわれたとたんに

また あわなくてはいけない
と 約束してしまうことになる

またあした
と いうことばのために

ぼくはすくなくとも
あしたまで生きてなくちゃいけない

ひとりで死んでしまいたいのに
ぼくに約束をふりかけるひとたちがいる

あしたまで生きなくてはいけないぼくの
このよのいやさかげんがわかりますか

あなたにあえてうれしいけれど
もう生きるのはいやなんです

back.