弥生の夜の朧月

目を細めて
月の光に笑いかける

こんなに光を浴びて
ぼくはびしょ濡れ
懐かしいような気持ちで
あたたかくなる

春の夜空は霞がかって
それでも月はきれいだね

明日から少しずつさよなら
十五の夜をかけてさよなら

もう一度月が振り向く頃には
もうぼくはここにはいないかもしれない

back.