雪どけ

地球がこんなに泣く日には
雪は静かに我が身を融かし
大地を撫でに行くのです

これまで産んだ罪なんて
気にしないでと慰めながら
水は流れて行くのです

ほんとのこと ほんとの気持ち
春がくればだいじょうぶだから

はるか彼方の海までも
悲しい気持ちを雪は携え
強さを求め行くのです

数限りないせつなさを
からだすべてで受け止めたまま
海は黙っているのです

やさしいもの やさしい気持ち
春になればだいじょうぶだから

back.