夢の終わり

なにかを忘れるための
それはやさしい夢でした
もやのように
あたたかく

今空は残酷な程快晴
蒼の覚醒は夢との離別
見込みなき荒野は目の前そして足元に

やわらかい光が
あの日はさしていたのでした
なにも思わず目を閉じて
ほほえんでしまいそうな

生命維持と支配欲と
種々の規定に絡め取られ
微妙な希望は注意深く排除されていく

好きなことが好きなままで
好きといえなくなりました
やすらかでむじゃきだった
ぼくらを包んだ日々でした

現状の心情は慎重に施錠せよ
日々の指示は絶妙に絶大で絶対
遵守こそが理由の総てなのだ

back.