残酷な君と傲慢な僕と

どうして君はぼくに何も話してくれないんだろう
君のかかえる悲しみのすべてを
忘れさせてあげたいのに
何も言わずに泣くのは君のやさしさ
ぼくは何もできなくて
おろおろとする
そのやさしさが残酷すぎるから

ぼくは君に何をしてあげられるんだろう
君がおぼえてる記憶のすべてを
ぬぐいとってあげたいと
考えてしまうのはぼくなりの思い
だけど何もできなくて
うずうずとする
この思いは傲慢すぎるだろう

お願いだから泣かないで
悲しみをわかちあえない
ぼくが悲しい

back.