OHMAGATOKI

 

何を垣間見るかはわからない
世界が不安になる時刻
見間違いでも気のせいでも
全ては怪しい日差しのもとに

逢魔が時 このたそがれは
世界がどこかでひずみそうで
ぼくはただ日に手をかざす
何かから身を守るように

何が幸せなのかわからない
不安な世界に一人きり
不幸せでも幸せでも
全てが怪しい日差しのもとに

大禍時 この夕暮れに
世界がひっくり返りそうで
生き方を考えてみる
何かから目をそらすように

喜びもいつか悲しみに変わり
悲しみがいつも幸せ気づかせる

OHMAGATOKI このきまぐれな
世界に暮らしていくからには
茜色に染まった街に
幸せを求めちゃいけない

back.
アクセスカウンター

Copyright © 1996--2020 Shiromal All Rights Reserved.