モノトーン・ボーイ

さみしい目の男の子
ふっと顔をそむけて
想いに沈んでしまう

アルミホイル色した
足音が軋んでいって
うす昏い発散をする

コントラストの眠い
ほどけそうな輪郭が
おとぎばなしのよう

モノクロームの街で
すすけた光を浮かべ
水銀灯が俯いている

さみしい目の男の子
知ったふうな睨みで
シルエットを歪めた

虹色をすり潰したら
真っ白になりました
そこにはなにもない

back.
アクセスカウンター

Copyright © 1990--2022 Shiromal All Rights Reserved.