神さま,ってぼくは叫んでいた

朝それなりの起床.いやいや昼です.
ちょっとのんびり寝ちゃいましたね.
で,なぜ起きたかというと,玄関の
ベルが鳴ったからなのですね.もう
あわてて服を着て玄関のドアを開け
応対する.支払うべきものを支払い,
やれやれふうなのですよ.はてさて,
同居のひとも起きていたので,外に
お昼ごはんを調達にいきましょうか.

適当に買い物をして,家に帰ります.
はもはもといただき,少しうたた寝.
友人からメッセージが届いて起きる.
そこからビデオ通話に切り替えます.
新しいカメラを買ったそうなのです.
とてもうれしそう.なのでゆったり
会話を楽しみました.時折画面端に
ご家族が見切れたりするのもご愛敬.

通話を終え,眠気が差してきたので
リビングの床でごろりんと休みます.
同居のひとは延々とゲームに興じて
いますが,一緒になってお話の筋を
追うよりも眠気が勝ってしまい轟沈.

目が醒めたら夕方でした.うわうわ.
晩ごはん,どっかに食べに出ますか.
車でぶるんと移動して,お食事処に
通してもらう.だいぶ客足は戻って
いるみたいですが,まだ元のように
ぎゅうぎゅう詰めにはできませんね.
ひとつおきくらいに席を空けてあり
風通しの良い店内を模索してる様子.

ぷは.おいしくいただきましたです.
途中コンビニに寄って帰宅,続いて
お風呂の支度をしちゃいましょうね.
ざっぱざっぱ湯を抜いたり貯めたり.

リビングに戻ると同居のひとはもう
ゲームのコントローラーを握りしめ
楽しく過ごしていました.早いなあ.
ぼくは届いた本なんか読んだりして
ゆらりろと時間が過ぎていきました.

では,お風呂から上がったらお薬を
服みますよ.じゃらりと飲み下して
ちょっと痛いのを我慢する.錠剤が
喉に引っかかりそうになるんですよ.
まあ毎日のことなので慣れましたが.
おやすみなさい,良い夢を見たいね.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です