星には手が届かない

うーん,起きづらい.同居のひとが
出かける半歩前くらいまで身支度を
整えていたようですが,昼ごはんは
やっぱり家で食べようと思い直して
食べ食べしていたようです.なんか
このへん記憶が乏しい.昼過ぎから
ぼくもようやく起き出し,もねもね
過ごします.同居のひとがテレビを
観ているところを後目に自室へ行き
ちょっとしたテーマを拾い上げます.

さて,夕方くらいになったところで
リビングに戻ると,そろそろ夕飯を
摂りませんかと誘われる.それじゃ
出かけましょうか,車にガソリンを
入れるという名目が最初に立ちます.
ごんごんと思うさま入れてもらって
その後は食事へと.普段はあんまり
行かないエリアへと移動してもらう.

さて,店を見つけて腰を落ち着けて
しっかりといただく.お気に入りの
メニューが見当たらなくて消去法で
選んだ料理ですが,意外とおいしい.
じっくり味わっていただきましたよ.

食事を終えたら,たまたま向かいに
大きな店があったのでちょっとだけ
立ち寄らせてもらう.少し買わねば
ならぬなーと思っていたものがあり
一緒に選んでもらう.こんな機会は
なかなかないので,今日に一点賭け.

買い物袋を下げて家に戻り,じきに
同居のひとはゲームを始める.その
横にはぼくもいたのですが,途中で
寝落ちする.リビングにはほどよい
枕があるものですから.とろとろと
うたた寝した後目醒めると,まさに
ストーリーは大詰めで,この戦いに
勝てば大団円というところまで来て
おりました.それを一心に見つめて
トゥルーエンドを無事見届けました.

目が醒めてからエンディングまでの
時間が,だいたい二時間半くらいの
長旅でしたよ.おもしろかったから
それでいいのです.おもしろいのは
大切なことですよ.その後ぱたぱた
お風呂の支度とか片づけちゃいます.

お湯を浴びたらもう寝る時刻ですね,
ぱきぱきと薬を服みます.ごぶっと
上を向いて下を向いて,飲み込んで.
リミッター解除して就寝.それでは.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です