生きても生きても雨

ほっくり.朝起きる.だけども特に
何するでもなく,二度寝に突入する.

同居のひとのアラームを音が聞こえ
それでは朝ごはんを作りましょうか.
材料をひとつ切らしていたので別の
食事で補完する.ちょっとなまけて
しまってごめんね.朝から手抜きに
なってしまい後悔.それでも,全部
おいしく食べてくれたのは感謝です.

出かける支度を手伝う.今日は少し
遠いところまで出かけるそうなので,
車で怪我などしないよう気をつけて.
それではどうぞ.行ってらっしゃい.

そこから沈んでまた起きると,もう
お天気は落ち着いていて,洗濯など
しましょうかね.洗濯機が回ってる
最中は眠気にまみれておりましたが
洗濯が終わったらちゃんと干します.
こういうのは何も考えず片づければ
どうということはないものですから.

同居のひとから電話.今高速道路で
家に向かっているところだそうです.
しかしその後お呼ばれがあるらしく.
さらにはぼくもよかったら一緒にと
お誘いを受ける.どうもありがとう.

ゆっくりゆったりお帰りを待ちます.
到着したらお着替えをして,出向く.
傘を持ってゆったらこったりと歩き
駅まで.ひと駅だけ乗ったらあとは
てこてこ歩いてようやくお店に到着.

ここは良いお店なのでは.構えから
なんか違います.そして初めまして,
なかむらと申しますよろしくお願い
いたしますと挨拶をして,なんだか
自分の場違いさを感じる.周囲では
会話が弾んで,ワインも進んだりと
楽しい時間が.ぼくもせめて料理を
たくさん楽しみ,挟み込めるとこで
会話に参加させてもらう.ともかく
お料理はおいしかったし,参加した
面々もいいひとばかりだ.どうにか
仲良くしてください,何卒なにとぞ.

店を出たころ雨が降り始め,それが
電車から降りる頃にはそれはそれは
ひどい雨になっていました.強烈な
水の塊が叩きつけられるような大雨.
ちょっと駅ビルの店で時間を潰して
雨が少し治まるのを待ったのですが,
結局その企みはうまいこといかずに
そこそこの大雨の中を傘をさしつつ
歩いて帰ることにしました.駅前の
タクシー乗り場は行列.その合間を
ぬいぬいして家路を急ぎます.途中
買い物なんてしてらんない.まずは
雨の当たらないところで休憩したい.

家に到着.ズボンはびっとり濡れて
とりあえず干さなくては.それから
明日の予定を同居のひとに尋ねつつ
お風呂の支度.明日もまだ雨らしく
いろいろなことがはかどらないなあ.
なにより低気圧にどっかりやられて
大変なんですから.お風呂に入って
お薬服んだら,とっとと寝ましょう.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です