ミルクティーのための音楽

おはようございます,とは言えない
朝を過ぎた昼頃の話.同居のひとは
とっくに出かけてしまっていました.
ひそやかにメッセージだけを残して.
夕方には帰るよとのこと,それでは
それを信じて待つことにしましょう.

窓を見ると外はきれいに晴れてます.
洗濯物取り込まなくちゃね,と外に
出てみると寒い寒い.春はもうすぐ
そこまできているというのに,ただ
花粉ばかりが舞っているようですね.

洗濯物をぽんぽんと畳んでいったら
自分の部屋でちまちまと作業をする.
対象物のことを好きにならなくては
作業ができない,というのは甘えで
あると思うのです.本当はしれっと
淡々と作業することが必要とされる
スキルだと思うのですよ.ただただ
機械となり,情報に感想を抱くのは
無駄なことと切り捨て,求められる
成果物を与える.量をこなす時には
こういったことを心がけないと結局
時間ばかりを無駄に食うことになる.

やっとひとところに落ち着いた時に
同居のひとから連絡あり.お疲れで
ございます.ちょっと早いけれども
晩ごはんに出かけましょう.早めの
行動でいい感じの席を取る.じゃあ
もしゃもしゃといただいて,帰りに
寄り道してから帰宅.お疲れさまー.

今日は荷物が届いてますよ,それに
さらにその後チャイムが鳴りまして
夜行便を受け取りました.物入りで
ありますねえ.同居のひとは荷物を
ほくほく顔で眺めております.まあ
幸せそう.ではぼくはちょこちょこ
作業の続きをして,お風呂の用意も
ぱたぱたやっちゃいましょうかねえ.

それなりに時間が過ぎ,入浴をして
寝る支度.お薬服んで床に就こうね.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です