突然の贈りもの

起きる.わたわたと.同居のひとは
ちょっとだけ早く起きていて,その
気配で目を醒ます.手伝いましょう.
服を出したりお薬服んでもらったり.
それではしっかり行ってらっしゃい.
ドアの向こうは今日も灼熱,室内は
冷房病を誘発するほどにエアコンが
きんきんにかけてある.病みますね.

洗濯しましょう.今日の分量ならば
ドラム一回転でなんとかなりますね,
わほわほ洗濯機に放り込んで電源を
ぽちっと入れ,丁寧に洗ってもらう.
このへんのことは機械任せだからね.

干してからもたもたしてると,すぐ
電話がかかってくる.昼過ぎくらい.
同居のひとがそろそろ帰ってくると
いうことで,お早いですね.こんな
早く帰ってくるとは思ってなくって,
ぼくはもう軽く食べちゃいましたよ.

そんなわけでお昼ごはんはひとりで
食べてきてもらう.ぼくがいる時は
選べない店に行けて,それはそれで
楽しんできたみたい.同居のひとが
帰ってきたら,すぐにゲームなんか
始めたりしてる.ぼくはまあ適当に
部屋で作業をした後,リビングにて
ゲーム画面を横で眺める.うとうと.

おかしな夢を見てから目を醒まして,
晩ごはんとかに出かけましょうかね.
さっくりとゲームを片づけてくれて
駐車場へ,では車で移動しましょう.

適切に決めたお店はちゃんと空席も
ありまして,でんと座って注文する.
しっかりめに食べて腹を満たします.
帰りにはコンビニに寄って飲み物と
おやつなんかも買ったりいたします.

家に戻って,荷物が届いていたので
あれこれ処理する.画像ファイルを
作成するのが結構大変でしたかねえ.
こちらのアプリケーションではこの
作業ができない,あちらのほうでは
あの作業ができない,と往復させて
なんとか一人前な作業をこなします.
きっともっと便利な方法があるはず.
もう少し学んでいかねばなりません.

お風呂の支度をして,同居のひとが
入浴するのを待ちます.ぼくが先に
入ると,お湯が無駄になりますから.
ざばーっと流れて出ていきますから.

お風呂から上がったらお薬を服むよ.
今日はいくぶんか睡眠のバランスが
よろしかったので,この調子ですよ.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です