『第五に孤独な鳥は非常にやさしくうたう』

朝.友人からの電話で起こされます.
どうしたどうした.だけどもぼくは
まだ眠気の真っただ中で,なんにも
まともにしゃべれません.比喩では
ないのです.ふにゃふにゃしてます.
むにゃむにゃともしてます.そして
意思の疎通がうまく図れなかったな.

で,しばらく経ち同居のひとからも
叩き起こされました.もう出かける
時刻でしょ.はい,返す言葉もない.
服を着替えて,では旅立ちましょう.

かっつらかっつら杖を突き歩きます.
目的地周辺です,視野角を狭めます.
たどり着きさえすればいいのですよ.
さて,地味な作業をぽつりぽつりと
やっていきます.どうなることやら.

普段は昼ごはんを食べないのですが
今日はちょっとお腹が空いてました.
軽く買いに出かけるのも,できない
わけではないのですが,面倒なのが
先に来ました.もうどうでもいいや.

帰ってまた汗ばんだシャツを脱いで
ちょっとしたクールダウンタイムを
取ります.エアコンの設定温度など
どんどん低くなればいいと思います.
風邪を引かない程度にしましょうね.

身体が乾いてきたので,調べものを
こねこねと.家の近所にそれらしき
ところがあるそうなので,そちらに
電話で予約を入れます.どうなるか
さっぱりわからないジャンルなので
馬は馬屋で下駄を預けましょうかね.

その後別件でお電話.こんな感じで
話を進めています,とお知らせです.
で,その電話の途中で電話がかかる.
キャッチ音がぴこぴこしていますが
とりあえずこちらの電話を優先して
さくりと終わらせる.では,続いて
かけなおし.朝にかけてくれた友人.

今日は体調が思わしくないらしくて
お休みを取ってお子さんとお出かけ
してきたらしい.話してみると少し
シリアスな感覚を感じ取りましたが
本当に大丈夫なのかな.このあとは
別のお子さんの習い事に送り出すと
いうことなので,無理をしないでね.
またお気軽に電話でもかけてきてね.

さて,楽器を出さないにしても少し
キーボードを触って暗譜をしてみる.
うーんうーん,首をひねるばかりで
あまり身についたような気がしない.
まあいいか,明日しっかりやろうね.

同居のひとの帰りがとても遅くって
お腹が空きました.だけどおそらく
同居のひとだって苦労しているはず.
なんにせよ待機します.電話が鳴り
そろそろ帰ると通話する.そこから
さらにさらに遅くなり,心配をする.
やっと駐車場に着いたとのことです,
一緒に晩ごはん食べに行きましょう.

どこ行きましょうかねえ.ずうっと
使えるクーポンが手元にありまして,
それを有効利用させてもらいますか.
車を降りたら階段を登ってお店へと
入ります.テーブルに通されて注文.
ラストオーダーの時刻が近づいてて
なんとか間に合った感じです.では
おいしくおいしくいただきましょう.
お会計の時にクーポンを提示,では
ざっくりと値引きしてもらいました.

帰りにコンビニに寄り,封筒を投函.
二百円分の切手をくださいと頼んで
百六十円切手一枚と十円切手四枚で
来るとは思いませんでした.だけど
出てきたものはしょうがない.すぐ
レジ前で切手を貼ってポストへぽん.

家に帰って,お風呂の支度をします.
じゃぶじゃぶ,ごしごし,気ままに
夜支度.昨日は少し夜ふかしをして
しまったので,反省して今日は早く
寝ることにします.服薬をして就寝.
しっかり寝ましょう,明日のために.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。