生きかたがわからないの

おはよう.目が醒めたのでごみ出し.
袋を縛って,もたもたと出しに行く.
たったそれだけのことでも疲れます.
外に出るのはしんどいね.それでは
自室にてぼんやりとしてしまいます.

同居のひとが起き出す.それじゃあ
お出かけの支度を手伝い,その後は
また世界のすべてに怯えて時間だけ
経っていきます.何ができるのかを
考えなくては.日々を片づけないと
未来が悪いまま.というか,ぼくに
良い未来などないと感じております.

昨日までは緊張で昼寝ひとつですら
できませんでしたが,今日はなんか
その糸が切れたらしく,疲れ果てて
眠りに落ちてしまいました.やはり
体力には限界があるのか.そうして
なにをするでもなく,危うい一日が
過ぎていきます.ぐったりしてます.

目が醒めたら夕方でした.もうすぐ
同居のひとが帰ってくるはずなので
ただひたすらに待ちます.ほかには
なんにも出来ないのです.希望とか
どっかにいっちゃいましたからねえ.

しばらくするとまた気が重くなって
肺のあたりがきゅうきゅうしている.
吸って,吐いて,吸って,を丹念に
行う.それでもはらはらしてきます.

同居のひとから連楽.今日はもはや
外に出かける元気がないのでなにか
買って帰ってきてくれればうれしい.

お帰りなさい,玄関先まで出迎えて
いろいろ荷物を受け取る.本当なら
同居のひとひとりで食べて帰っても
おかしくはないのに,一緒になって
食べてくれるのがありがたいかぎり.
そして少し食欲よりも多かったので
げふっとしつつ食べ終える.あとは
テレビを観たあとにゲームに移動し
横から眺めたり.だけどもなんだか
心がざわついてきていてもたっても
いられなくなる.お薬服まないとね.

お風呂の支度して,お湯を貯めつつ
肺呼吸.同居のひとのあとに入浴し
がっつり薬を服む.おやすみなさい,
明日は通院日.お話聞いてもらうよ.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です