君の運命の人はぼくじゃな。

まっとうな朝.今日はいい感じです.
まだちょっと眠いけど,顔を洗って
出直して,水とか飲んで落ち着いて.
機械の小さなチューニングしてたら
手元のアラームが鳴ります.普段は
これで眠いー起きねばでも眠いーと
夢と現の間で戦うところなのですが
今日はまじめに起きてたので大丈夫.

かさかさと身支度をして出かけます,
今日は朝から通院日.早めに着いて
ぽけらっとソファーで待っています.
定刻に名前を呼ばれたら施術室へと.

以前からしんどかったところは少し
ましになりました,おかげさまです.
しかし体のガタはどこにでもあって,
またほかのところを診てもらいます.
はい,この運動をしてください,と
指示されるも,思った以上に強烈で
筋肉ちぎれそうです.あと三回二回,
一回,終了.疲れた.ほんの少しの
可動域でこんなにつらくなるものか.

この運動は適当にやっといてね,と
指示を受け,あとは温熱療法ですね.
病院から出て電話を確認してみると
同居のひとも無事に家を出たようす.
それじゃさっさと家に帰りましょう.

家でしばらく待っていると,宅配の
おねいさんがチャイムを押しました.
はい,受け取ります.さてそれでは
洗濯でもしましょうかね.ちょっと
蓄積されてたっぽいので.まふまふ
洗濯機に放り込んでいきます.では
ごうんごうんと回します.二度目を
終えて,窓の外は雨.降ってるとは
思わなかったので,めそめそしつつ
雨の当たらないところへ干す.むう.

干し終わったちょうどその時に電話.
同居のひとからですね,それじゃあ
出かける支度を.服を着替えて出発.
家の直ぐ側に車をつけてもらいます.
いつもありがとう.では出かけます.

今日は早めなので,少しだけ遠めの
ところに買い物に行きませんか,と
持ちかけられますが,そこに行くと
おいしいものが食べられないのです.
いまいちな店が揃ったところなので.

なのでそこは最終目的地と定めます.
その道行きで店を探して食べました.
おいしいおいしい.まだしとしとと
雨が降っていて,雨の日は眠いよね.
眠りはしませんでしたが,助手席で
命がうつろになってました.だいぶ
坂を登って登って,山の奥に広がる
開けた商業施設に到着.ここはねー,
あんまり良い店がないのですよねえ.
とりあえず買い物をします.なんか
体調が悪くなって,休憩をしながら
車に戻り,家路につく.トンネルを
抜けるとおどろくほど霧が出ている.
見てるだけで人生が不安になるほど.

それでも無事に帰ります.ぐったり.
リビングの床に崩れ落ちて,睡魔に
身を委ねます.おかしな夢に苛まれ
二時間半くらい.同居のひとが横で
ゲームをやっていたのですが,その
物語が少し夢と混戦して,なんだか
少し楽しい.明晰夢というわけでは
ないのですが,こういうのはたまに
あります.さて,体を震わせながら
起き上がり,お風呂の支度をします.
先に湯槽の栓は抜いてくれてました,
それは手間がかからなくてうれしい.
ざぶっと洗ってお湯を貯めましょう.

時刻は遅くなりました,どってりと
お風呂に入ってお薬を服んで,就寝.
明日はいい日であればいいと思うよ.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です