扉を閉じて

ぬるっと目醒め.お昼過ぎくらいで,
お昼ごはんどうしますかという話を
同居のひとと交わす.出かけますか.

階段をどんどこ登ってお店に入ると
そこそこ混んでる.番号札を取って
適当に待ちます.時間はそこそこに
過ぎていきます,有益とも無益とも
つかない速度で.席が用意されたら
つつましく着いて,料理を注文する.
おいしくいただきますが,なるべく
控えめにしておきます.それじゃあ
家に帰りましょう.でも天気が悪く
気圧配置に変動があったようで眠い.

家に戻った瞬間にごろりと横になり
一緒にテレビを観ていたようなまた
そうでもないような,気づけば結局
値落ちしてるという状態.やれやれ.

体感的には一時間も経ってないのに
もう晩ごはんの話が出てきています.
出かける気力がまったくなく,では
店屋物でも取りますか.だけどまあ,
ふたりともお腹が空いてないのです.
義務的に,食べることをしましょう.

届きました,では受け取って食べる.
もぐもぐ.終わったらごちそうさま,
だくだく片づけて,明日への活力を
地味に養わなくては.ちょっとずつ.

お風呂の支度をして,同居のひとに
しっかり温まってもらいます.では
ぼくも後からとぷーんと浸かります.
お薬じゃらりと服んで寝ましょうね.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です